FC2ブログ

記事一覧

『ただ空高く舞え』『ヴィクラムとヴェーダ』場面写真を一挙公開

【ニュース】
『ただ空高く舞え』、『ヴィクラムとヴェーダ』のリティク・ローシャンアクションシーンなど、場面写真を一挙公開!!
インド初の LCC 航空会社の創業を描いた実話をベースに映画化、国内外の映画賞を席捲し、第 78 回ゴールデングローブ賞最優秀外国映画部門インド代表 10 作中の 1 本にセレクトされた『ただ空高く舞え』と、『BANGBANG!バンバン!』『WAR!ウォー』のリティク・ローシャン主演のクライムサスペンス『ヴィクラムとヴェーダ ヒンディー語版』が、1 月 6 日(土)より新宿 K’s cinema 他にて同時期に全国順次公開される。今回、2 作品の場面写真が一挙公開された。


『ただ空高く舞え』は、主人公ネドゥマーランがうまくいかず苦悩するシーン、 その彼をどこまでも支え続ける強く優しい妻スンダリとの結婚式のシーン、 空軍の同期たちとのあたたかなシーンなど、 ドラマを感じさせる場面写真が公開された。


嘲られ、貶められ続け、男達 3 人が大空を仰ぎ見て前進する姿を描く 『ただ空高く舞え』は、インド初の格安航空会社「エア・デカン」の創設者 G・R・ゴーピナート大尉の自伝的著作「Simply Fly: A Deccan Odyssey」(2010年発行)にインスパイアされ、実写化されている。インドの女性監督スダー・コーングラ―、が 10 年の歳月をかけて調べ温めた企画で、タミル語映画の大スターであるスーリヤが制作に乗り出し、自ら主演も果たしている。




『ヴィクラムとヴェーダ』は、稀代の犯罪者ヴェーダが警官ヴィクラムと対峙するシーン、ヴェーダが弟と過ごす笑顔、炎の前で何かを決意するシーン、ヴィクラムと弁護士の妻プリヤ―の姿などが公開された。


『ヴィクラムとヴェーダ ヒンディー語版』は、第 68 回フィルムフェア賞で、主演男優賞(ローシャン)を含む 8 部門にノミネートされ、最優秀アクション賞を受賞した。主人公ヴィクラムは優秀な警視。容疑者の逮捕より犯罪の撲滅を目指し、偽装襲撃に血道を上げるが、標的ヴェーダの自首により数々の謎が浮かび上がる…。オリジナルがタミル語映画となる本作は、古くから伝承されたインドの説話集「屍鬼二十五話」を基にしながら、アクションを融合させている。




『ただ空高く舞え』
監督: スダー・コーングラー
出演: スーリヤ/アパルナー・バーラムラリ
2020年/インド/タミル語/150分/原題:Soorarai Pottru
©2D Entertainment
配給:インド映画同好会
http://idemovie.org   X:@indoeigadokokai
1月6日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開



『ヴィクラムとヴェーダ』
監督: ブシュカル&ガーヤトリ
出演: リティク・ローシャン、サイフ・アリー・カーン
2022年/インド/ヒンディー語/157分/シネスコ/5.1ch 原題:Vikram Vedha
©Y Not Studio and the others all rights reserved
配給:インド映画同好会
http://idemovie.org   X:@indoeigadokokai
1月6日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ