FC2ブログ

記事一覧

映画『デシベル』エンディングテーマはチャウヌが歌う「LOVE SAILING」チャウヌ登場シーン映像をチラ見せ!!

【ニュース】
OSTにも初参加!チャウヌの柔らかくて甘い美声が魅力のEDテーマ! 本編では打って変わって緊迫した凛々しい表情を見せる

大都会・釜山を舞台に、騒音反応型爆弾テロを起こす天才爆弾魔(イ・ジョンソク)と、その標的にされた元海軍副 長(キム・レウォン)との攻防戦を描いた本作は、一瞬たりとも目が離せない予測不能なストーリーが展開される。物語が進むにつれ、テロリストの過去が紐解かれテロを起こすことになった理由が明かされたとき、言葉にならない感情を抱くに違いない。そんな彼らの感情を代弁するかのようにエンディングで流れるのが、今作で初めてOSTにも参加となる、チャウヌの「LOVE SAILING」だ。柔らかくて甘い美声と明るいリードギターに、水が流れるようなドラムリズムの爽やかな雰囲気の楽曲が優しく包み込んでくれる。

そんなチャウヌは本作で物語のカギを握る海軍潜水艦“ハルラ”の乗組員で、鋭い聴覚を生かして水中の音響情報を分析し識別する役割を担う海軍潜水艦音響探知下士官のチョン・テリョンを演じている。



解禁された動画では、突如起こったトラブルに対し同僚と共に解決策を見出そうと必死に動くチャウヌの熱演を観ることができる。
チャウヌらが乗り込んでいる潜水艦は、制作スタッフのこだわりで軍事機密である内部を再現するために、多くの資料を参考にしただけでなく、実際に潜水艦艦長の助言をもとに完璧に作り上げられた。実際に乗船した際の息苦しさや内部の湿気までもが画面越しにもわかるように緻密に計算。そのため劇中でも時間が経つにつれて、徐々に汗ばんでくる様やパニックで息をしづらそうにする様など乗組員たちが閉鎖的な空間で、必死に戦っているのがリアルに伝わってくる。

潜水艦に対しチャウヌは「セット内での撮影だったが、実際の潜水艦と同じように作られていて驚いた。初めて撮影現場に行った時、20分ほど一人で細かく観察した」と思わず探検したことを明かしている。


『デシベル』は11月10日(金)新宿バルト9 ほか全国公開
©︎2022 BY4M STUDIO, EASTDREAM SYNOPEX CO., LTD, MINDMARK Inc. ALL RIGHTS RESERVED. 
配給 : クロックワークス

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ