FC2ブログ

記事一覧

『アメリ デジタルリマスター版』新予告編解禁! イラストと応援コメントも到着

【ニュース】

観る人みんなが幸せになる!

2000 年代初め、歴史を次々に塗り替え、社会現象となった奇跡の映画! フランスでは公開直後から「観る人みんなが幸せな気持ちになれる」と口コミが広がり、当時のシラク大統領やジョスパン首相も観賞した『アメリ』。それまで『デリカテッセン』(91)『ロスト・チルドレン』(95)『エイリアン4』(97)とアーティスティックでダークな世界を得意としたジャン=ピエール・ジュネ監督が、「人々を幸せにする映画を撮りたい」と方向転換。自分が好きなものと幸せの種を埋め 込んだのが、パリの下町、モンマルトルを舞台にしたロマンチックコメディ『アメリ』だった。幸せの種は世界中で芽吹き、各地でロングラン・ヒットを連発。2002 年には映画界最高峰の祭典アカデミー賞®︎で外国語映画賞、美術賞など 5 部門にノミネートされたのだった。

日本公開は 2001 年 11 月 17 日。女性ファッション誌やカルチャー誌がおしゃれでかわいい『アメリ』を大々的に誌面で紹介し、庶民的なパリの風景に旅行好きも目をつけ、もちろんジュネファン も最新作に期待してと、公開前から興奮は高まる一方。そして、公開当日。日本での上映館は今はなきミニシアター「渋谷シネマライズ」1館限定で、『アメリ』を待ち焦がれていた人々が朝からス ペイン坂の上から井の頭通りまで並び、「観たいのに観られない!」と悲鳴があがった。騒ぎを聞きつけたテレビのワイドショーや男性週刊誌も『アメリ』現象を追いかけて、『アメリ』は社会現象と 化していった。

その後、北は北海道の旭川、南は沖縄・那覇まで 47 都道府県、全 160 館の映画 館で上映(再上映含む)されるなど、ミニシアター系映画としては異例の拡大公開を記録したのだった。

ジュネ監督監修のもとデジタルリマスターされた鮮やかで懐かしいパリの風景 一部劇場では35ミリフィルムでの上映も! ショートボブにクリンとした瞳。口角をクニュッと丸めてほくそ笑むなど、いたずら好きなアメリを表情豊かに演じたのは、当時、映画デビ ューしたばかりのオドレイ・トトゥだ。ジュネ監督は脚本段階で別の俳優を主演に想定していたが、スケジュールの都合で断念。新たに キャスティングを始めたところ、『エステサロン/ヴィ-ナス・ビューティー』(99)のポスターでトトゥを発見し、即採用となったという。トトゥはキュートな笑顔と確かな演技力が相まって本作で大ブレイク。来日時にはとぼけたコメントで取材陣を笑わせるなど、アメリのような 無邪気さで幸せを振りまき、彼女のいない『アメリ』は想像できないほどのはまり役と絶賛された。

あれから 20 年以上経ち、名作『アメリ』がジュネ監督監修でデジタルリマスター化された。色彩は鮮やかに、CG 処理も最新技術できめ細やかになってスクリーンに再登場する。渋谷ユーロスペースでは公開時と同じ 35mm フィルムでの上映もあり、ジュネ監督は新旧 を見比べるお楽しみを用意してくれた。

カフェでのんびりと噂話を楽しみ、キヨスクで毎朝、新聞を買うのが当たり前だったあの頃。スマホも SNS もない、人々がのほほんと 暮らすパリの下町をのぞいてみよう。何度観てもアメリのおせっかいにニヤニヤ、ロマンチックな隠れんぼに心がほっこり。時が変わっ ても色褪せない魅力をスクリーンで楽しもう。
     
「観る人みんなが幸せになる」新たな予告編公開!! 『アメリ』を愛するイラストレーターたちからイラストレーションと応援コメントも到着! 
解禁された新たな予告編は、内気で孤独なアメリの小さな冒険から始まる。空想の世界の中で生きてきたアメリはアパートで見 つけた古い宝箱の持ち主を突き止めたことから、ひそかに人を幸せにすることに喜びを見出していく。そんなアメリが初めて恋をするの だが、その不器用な恋の行方は———。

すでに『アメリ』を観た人には懐かしく、観たことない人はワクワクするような予告編が完成した。

デジタルリマスター版公開に合わせて『アメリ』を愛するイラストレーターたちからもイラストレーションと応援コメントが到着。『アメリ』原作本の表紙と挿絵を手がけたこともある 100%オレンジは、アメリのベッドサイドにある豚ランプの傘の下に、アメリとドワーフが可愛らしく佇む様子を描いた。『アメリ』がきっかけでフランスに行ったというパントビスコは、お気に入りに囲まれたアメリがハサミを手にして、と ある作戦を実行しようとする姿を切り取った。そして、イラストの中にコーヒーをモチーフとして潜ませる COFFEE BOY はベッドでホットコ ーヒーを片手にリラックスするアメリ、旅するドワーフ、豚ランプの3点を描いた。『アメリ』の世界観が頭の中に広がるような、三者三様のイラストレーションが届いた。


コメント一覧・敬称略・順不同


アメリと聞くだけで赤や緑のイメージが頭の中に浮かんでくる。ヤン・ティルセンのあの音楽も聞こえてくる。 可愛らしいのにやっぱり変でまいってしまう。
100%オレンジ(イラストレーター)


物語、登場人物、インテリア、アングル、全てが美しい。私は本作がきっかけでフランス旅行へ行きました。これもアメリが仕掛けてくれた幸せな悪戯だと思います。
パントビスコ(クリエイター)



アメリを観ると悔しくなる。ふくらむ妄想も幸せなイタズラもアイデアに溢れているから。魔法がなく ても日常はファンタジー、それに気づかせてくれるアメリ。大好きです。
COFFEE BOY (イラストレーター)


監督・脚本:ジャン=ピエール・ジュネ 『エイリアン4』『天才スピヴェット』 出演:オドレイ・トトゥ『ロング・エンゲージメント』『ダ・ヴィンチ・コード』、マチュー・カソヴィッツ 『ウルフズ・コール』
2001 年/フランス/フランス語/121 分/シネスコ/原題:Le fabuleux destin d'Amélie Poulain/日本語字幕:齋藤敦子 提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム
公式サイト:http://amelie-film.com
©︎2001 UGC IMAGES-TAPIOCA FILM-FRANCE 3 CINEMA-MMC INDEPENDENT-Tous droits reserves
11 月 17 日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ