FC2ブログ

記事一覧

映画『ぼくは君たちを憎まないことにした』場面カットを一挙解禁

【ニュース】
本作は、家族 3 人で幸せに暮らしていたアントワーヌが、テロ発生から 2 週間の出来事を綴った世界的ベストセラー『ぼくは君たちを憎まないことにした』の映画化。最愛の人を予想もしないタイミングで失った時、その事実をどう受け入れ、次の行動に出るのか。
誰とも悲しみを共有できない苦しみと、これから続く育児への不安をはねのけるように、アントワーヌは手紙を書き始めた。妻の命を奪ったテロリストへの手紙は、息子と二人でも「今まで通りの生活を続ける」との決意表明であり、亡き妻への誓いのメッセージ。一晩で 20万人以上がシェアし、新聞の一面を飾ったアントワーヌの「憎しみを贈らない」詩的な宣言は、動揺するパリの人々をクールダウンさせ、テロに屈しない団結力を芽生えさせていく。

たった一人の言葉が世の中の声を変えていく。ヒーロー視しない演出が人間の弱さと強さを浮き彫りにパリ中心部にあるコンサートホールのバタクラン。アメリカのバンド、イーグルス・オブ・ザ・デスメタルのライブ中に 3 人の男たちが 1500 人の観客に銃を乱射し、立てこもった。少し前には、パリ郊外のスタジアムで行われていたフランス対ドイツのサッカー親善試合や周辺のレストランで過激派組織「ISIL」の戦闘員が自爆テロを起こしていた。バタクランには、アントワーヌの妻、エレーヌと友人がいた。安否確認すらままならないカオスの中で、 2日後に判明したのは、 友人は生き延び、エレーヌは犠牲となった受け入れがたい事実だった。
 

この度、 テロリストによって最愛の人を理不尽に奪われた父と子が、 それでも前を向いて生きていくシーンを切り取った場面カットを解禁。


拭うことはできない悲しみや怒りを抱えながらも、“今まで通り生活し幸せに生きていく”と決めた親子。 そんな彼らの何気ない日常を捉えたカットだからこそ、 人の持つ強さを雄弁に物語っている。


監督・脚本:キリアン・リートホーフ『陽だまりハウスでマラソンを』
原作:「ぼくは君たちを憎まないことにした」
2022 年/ドイツ・フランス・ベルギー/フランス語/102 分/シネスコ/5.1ch/原題: Vous n‘aurez pas ma haine/英
題:YOU WILL NOT HAVE MY HATE /日本語字幕:横井和子/提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム/
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ
©2022 Komplizen Film Haut et Court Frakas Productions TOBIS / Erfttal Film und Fernsehproduktion
nikumanai.com
11月10日(金)公開


関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ