FC2ブログ

記事一覧

映画『ドミノ』ベン・アフレックが『ドミノ』を語る特別インタビュー映像解禁

【ニュース】
ロバート・ロドリゲス監督と初タッグ、脚本と演出術に惚れ込んだベン・アフレックが『ドミノ』の魅力を語る!
普段は父の作品を見ない娘からもお墨付き!?想像の 3 週先を行く脚本を絶賛する特別映像が解禁

白昼の公園で突然姿を消した娘を探す父は、その鍵を握る ‘絶対に捕まらない男’を追い、現実と見紛う〈世界〉に踏み込む。次々に、はまっていくどんでん返しのドミノの連鎖。ラストに待ち受けるのは、想像の 3 周先を行く驚愕のラスト!!必ず、もう 1 度観たくなる、世紀のアンリアル・エンターテインメント超大作が誕生。

選んだ脚本に外れなし:ベン・アフレック×映像の魔術師:ロバート・ロドリゲス監督がタッグを組んだ『ドミノ』は、公開されるやいなや、瞬きさえも許さないその挑戦的なストーリーと革新的な映像で一気に話題を浚った。

今回、主演のベン・アフレックが出演を決めた理由、ロバート・ロドリゲスとの現場、多重的なストーリーの魅力を語る特別インタビュー映像が到着した。
ベン・アフレックが演じるのは、行方不明になった最愛の娘を探す刑事、ダニー・ローク。娘の手がかりを追って現実と見紛う<世界>に踏み込んでいく主人公について、「観客はある種の人物を想像するんだが―、話が進むにつれ実像を
知ることになる。俳優としてこの過程を利用し、 自分なりのビジョンを描いて
ふさわしく演じている」と、ロドリゲスが生み出した〈世界〉に翻弄される主人公をレイヤーに応じて演じていった。

「ロドリゲスは映画をよく理解している。この作品は多層的で、違うレベルの
現実が次々と明らかになる」と、公園で突然姿を消した娘、人の脳をハッキングする‘絶対に捕まらない男’と彼の秘密を知る謎の占い師…とドミノのように謎が謎を呼ぶストーリーを絶賛し、「作品を完全に理解するには2度見る必要がある」と断言する。

「出演の決め手は脚本だ。意外な展開と多層的な世界が描かれ、興味深い役柄だ」と語るアフレックは主演を快諾した。『アルゴ』(12)、『エア/AIR』(23)など、映画監督としても活躍するアフレックは、「ロドリゲス監督は賞賛するに値し、彼に感化されることも多く一緒に仕事をしたかった。優れた監督から学ぶことを自分の使命だと考えている」と、演出家として数多くの学びがあったと明かす。
『ドミノ』は、2002 年にロドリゲス監督がアルフレッド・ヒッチコックの『めまい』を観直したことがきっかけとなり誕生した作品だ。「ヒッチコック映画へのオマージュのような作品だ」と前置きし、「作品のコンセプト、監督の演出は、視覚効果による部分が大きい。一方でストーリー重視の古典的映画でもある」と、多層的に展開する世界を圧巻の映像で描き、同時に謎が連鎖し、ドミノ崩しのようなどんでん返しが描かれるストーリーが深く掘り下げられた作品だと指摘する。

「多くの監督は何かに触発されて映画を作り始めるが、結局、他の映画と似たものを作ってしまう」と、数多くの映画監督が陥った罠を引き合いに出し、「ロドリゲス監督は才能豊かだ。彼の作品は現代的でありながらも 40~50 年代の傑作のようでもある。彼の作品は現代的でありながら、昔のスタイルを模倣しつつ音楽や映像を大胆に駆使し最新のスタイルにしている。独創的で興味深くとても楽しいやり方だ」と、映画表現の様々なファクターを駆使したロドリゲスの演出術を絶賛している。

アフレックは「日頃うちの子供たちは僕の映画は見ないが、この作品の一部を見せたんだ。すると娘は“面白い”と。最高の感想だよ。観客も同様に楽しんでほしいね」と最高の微笑みでインタビューを結んでいる。

「選んだ脚本に外れなし」のベン・アフレックが絶賛する多層的なストーリー。想像は、必ず覆される。必ずもう一度観たくなる『ドミノ』を、劇場の大スクリーンでご堪能いただきたい。


映画『ドミノ』 公開表記:10 月 27 日(金)より、全国ロードショー
© 2023 Hypnotic Film Holdings LLC. All Rights Reserved. 配給:ギャガ、ワーナー・ブラザース映画

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ