FC2ブログ

記事一覧

映画『シンデレラガール』主演・伊礼姫奈「義足モデルの役に責任を感じた」オフィシャルインタビュー到着

【ニュース】
緒方貴臣監督(『子宮に沈める』、『飢えたライオン』)が、伊礼姫奈(「推しが武道館いってくれたら死ぬ」)、筒井真理子(『淵に立つ』、『よこがお』、『波紋』)らを迎え、「義足は障がいの象徴」とネガティブに捉えていた主人公の義足のモデルやそのマネージャーが、ポジティブに捉えられるようになるまでの心の変化を描く『シンデレラガール』。本作に出演・参加した俳優たちが取材対象となったドキュメンタリー『私が私である場所』が 12 月 8 日(金)よりアップリンク吉祥寺にて公開されることも話題になっている。本作が 11 月 18 日(土)より新宿 K’s cinema ほか、小山シネマロブレ(栃木)、シネマ スコーレ(名古屋)、扇町キネマ(大阪)、アップリンク京都、元町映画館(神戸)他に て全国順次公開されるのを前に、主演の伊礼姫奈のオフィシャルインタビューが到着した。




本作のオーディションにはどのような思いで臨んだんですか?

地方で撮影をしている時に、このオーディションのお話を頂きました。作品にすごく惹かれるものがあったので、頑張りたいという気持ちが強かったです。撮影が終わって、そのまま地方から新幹線でオーディションに向かったので、いつもより思い入れが強かったです。

監督が取材した海音さんを、小学生か中学生の時にニュースの特集で見ていて、その時の記憶があるということは、私自身も色んなものを受け取っていたんだなと思います。台本の説明を読んだときに、その方を思い出して、縁を感じました。



義足モデルの役に決まり、どう思いましたか?

責任を感じたというか、義足に関して知らないままやるのはすごく失礼だと思って、できることは私なりに全部やりたいと思いました。
義足や足をなくした方の取材などはしたのでしょうか?
リハーサルの後に、実際に義足の方にお話を伺える時間を頂いて、色々と教えて頂き、勉強をして撮影に挑みました。私が普通にやっていた動きが、義足だとできないとかやりにくいだとかでちょっと違う風にやると知れて、動くシーンや日常生活のシーンでちゃんと意識しないといけないなと思いました。心情も、わかっていたつもりでも気づいていなかったこともあったので、そういった部分でも作品に影響があったと思います。



「義足を障がいの象徴ではなく、個性として捉えてほしい」というセリフがありますが、ファッショナブルな義足を実際に見て、どう思いましたか?

義足は障がいの象徴では一切ないと思いました。みなさんやりたいことをやっているし、私がお話を聞いた陸上をやっている方は、「義足の陸上は普通の陸上とは違う楽しさがある」という風におっしゃっていたので、色んな捉え方があるし、色んな可能性があると思いました。義足は個性として取り入れられるものなのだなと気づきました。

 

マネージャーさんとの関係が素晴らしいと思いましたが、マネージャーさんとのシーンはいかがでしたか?

台本にも前後で関係性が全然違う風に書かれていました。マネージャー役を演じた辻さんは、監督に相談されたり、私自身に意見を求めて下さったりしました。

憧れの重樹さんとのシーンはいかがでしたか?

初めての撮影の日は、「大人の男性」という違う空気感での撮影だったので、緊張したんですが、そのドキドキ感も音羽にあるものなんだろうなと思いながら、色んな感情を楽しみながら撮影をしました。



筒井真理子さんとのシーンの撮影エピソードはありますか?

1 日だけしかご一緒できなかったんですけれど、包み込んでくださるオーラがある方でし た。ずっとニコニコして接して下さったんですが、お芝居になると、ドキッとする瞬間があったりして、かっこいい方だなと思いました。


本作の見どころはどこだと思いますか?

義足の女の子が成長していく過程の映画で、色んな人と出会って成長したというのもあると思います。ですが、一番は音羽自身が色んな時間を経て成長した姿が丁寧に描かれている所です。そこは観ている方々に伝わるのではないかと思います。

読者にメッセージをお願いします。

監督のドキュメンタリー風な作品は、テレビよりも映画館で観る方が緊張感が伝わると思います。私自身、映画館で観た方が、楽しい瞬間もヒリヒリした瞬間も、空気感を肌で感じることができました。是非、大きなスクリーンで観て頂きたいです。


プロフィール 
佐々木音羽役 伊礼姫奈
2006 年 2 月 7 日生まれ。群馬県出身。
4 歳から女優活動をスタート。主な出演作に NHK「とと姉ちゃん」(16)、WOWOW「向こう の果て」(21)、TBS「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(21)、 映画『マイブロークン・マリコ』(22)、『ちひろさん』(23)、朝日放送「推しが武道館にいってくれたら死ぬ」(22)及び劇場版(23)など。11 月 3 日より配信される DMM TV のドラマ「EVOL」で トリプル主演。CM「JTB いよいよ、海外旅行はじまる。」にも出演中。



伊礼姫奈
辻千恵 泉マリン 太田将熙 輝有子
佐月絵美 三原羽衣 田口音羽 山本海里 梶刀織 アライジン 小関翔太 イトウハルヒ 中村颯夢 嶋貫妃夏 筒井真理子
監督:緒方貴臣
脚本:脇坂豊、緒方貴臣
撮影監督:根岸憲一
照明:佐藤仁 録音・MA:岸川達也
助監督:中根克 美術:ぐちこ/榎本桜
スタイリスト:後原利基 ヘアメイク:Risa CHINO
小道具:伊藤由紀 編集:澤井祐美
音楽:田中マコト、菱野洋平(WALL)
制作:杉山晴香、箱田准一、長谷川穣
義足監修:臼井二美男
グラフィックデザイン:木下デザイン事務所 プロデューサー:榎本桜、緒方貴臣、塩月隆史、杉山晴香、夏原健、森山風歩 製作:paranoidkitchen、リアルメーカーズ、ラフター 
配給:ミカタ・エンタテインメント
2023 年/日本/カラー/16:9/5.1ch/61 分 
©2023 映画『シンデレラガール』製作委員会
11 月 18 日(土)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ