FC2ブログ

記事一覧

第36回東京国際映画祭 映画『正欲』が最優秀監督賞&観客賞をダブル受賞! 稲垣吾郎、新垣結衣からコメントも

©2023 TIFF

【イベント】
映画『正欲』が 11 月 1 日(水)に閉幕した第 36 回東京国際映画祭でコンペティション部門観客賞&最優秀監督賞を W 受賞!稲垣吾郎主演映画の本映画祭での観客賞受賞は、『半世界』(19/阪本順治監督)、『窓辺にて』(22/今泉力哉監督)に次ぐ三度目。本映画祭が開催されて以降、主演作が三度の観客賞を獲得するのは初。また、岸善幸監督は、初の国際映画祭コンペティション部門出品にして、監督賞受賞というこちらも W の快挙となった。岸善幸監督の演出の手腕、そして観客の評価の双方から認められる形となった。

第 36 回東京国際映画祭は、10 月 23 日(月)~11 月 1 日(水)まで開催されていた、今年で 36 回目を迎えるアジ ア最大級の国際映画祭。映画『正欲』はコンペティション部門に選出されていた。プレゼンターのアルベルト・セラ監督は本作を「ソーシャルメディアに支配された社会のなかで、アイデンティティを確立することの難しさ、複雑さを描き出した」と評した。授 賞式には岸監督が出席。この度の受賞に際し、岸善幸監督と主演の稲垣吾郎からコメントが到着した。
                 

岸善幸監督コメント

東京国際映画祭の審査員のみなさん、本当にありがとうございます。この作品は「すべてのひとが自由で自分を偽らずに生きていける社会とは何か」ということを問いかけています。日本のみならず世界中が自分のアイデンティティを確立するのがなかなか難しい時代です。この映画を観て「多様性」の意味を考えていただけたら嬉しいです。
素敵な賞をいただけて幸せです。主演の稲垣吾郎さん、そして新垣結衣さん、磯村勇斗さん、ほか、出演者の皆さんに感謝いたします。

稲垣吾郎コメント

東京国際映画祭で『正欲』が監督賞と観客賞をダブル受賞できたことを大変嬉しく思います。岸監督、おめでとうございます。初めてご一緒する作品でしたが、緊張せずに現場に立てたのは監督の丁寧な演出と優しいお人柄のおかげだと思っています。これからも素敵な作品を楽しみにしています。

新垣結衣コメント

監督賞、観客賞、受賞おめでとうございます!作品に関わる一人として本当に嬉しいです。撮影に入る前から、岸監督にはとても親身になって話を聞いていただき、そして粘り強く同じ目線で共に考え続けてくださったことで、最後まで夏月という役にしっかりと向き合って演じきれたと感じています。ありがとうございました。
この受賞をきっかけに映画『正欲』がさらに多くの皆さんに観ていただけること願っています。改めて、おめでとうございます!


劇場公開に先駆けて、いち早く映画祭で本作を鑑賞した観客からは「まさに“観る前の自分には戻れない”というコピーの通りだ った」「俳優陣の凄まじいほどの生きる葛藤の表現」「今までの自分の物差しでは測りきれない事柄があることを知り、多様性とは 何かを改めて考えてみたいと思った」「人間の心の奥底にあるものを炙り出す映画。傑作」など、本作を絶賛する声が SNS にて数多く寄せられている。


映画『正欲』は 11月10日(金)全国ロードショー
©︎2021 朝井リョウ/新潮社 ©︎2023「正欲」製作委員会
配給:ビターズ・エンド

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ