FC2ブログ

記事一覧

映画『怪物の木こり』SPECIAL WEEK企画第3弾!亀梨和也らキャスト登壇プレミアイベント特別映像を解禁

【ニュース】
10 月 5 日(木)~10 月 15 日(日)にスペイン・シッチェスで開催された「第 56 回シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭」のスリラー・サスペンス・アクションなどの作品がセレクトされる ÒRBITA(オービタ)部門と、アジアの新作のショーケースである Focus Asia 部門の 2 部門に出品され、現地時間の 10 月 13 日(金)には、ÒRBITA 部門を締め括るクロージングイベントで開催されたワールドプレミアに主演の亀梨和也と三池崇史監督が登場。日本公開に先駆けて、『怪物の木こり』がスペインを沸かせた。

チーム『怪物の木こり』日本映画を代表するキャスト&監督が集結! 撮影の裏側のエピソード満載。そして映画のラストに待つ驚きの展開を語る!?
日本初上映を迎えるまでの大熱狂のイベントの数々を一挙公開!!

3 週連続 SPECIAL WEEK 企画として贈る特別映像。亀梨和也と三池崇史監督がスペインを沸かせたシッチェス国際映画祭に密着した「バルセロナ編」、「シッチェス・カタロニア国際映画祭編」に続き、この度、そのラストを締めくくる第 3 弾「プレミアイベント編」が解禁となった。

先日開催された第 36 回東京国際映画祭(10 月 23 日~11 月 1 日)の特別招待上映(ガラ・セレクション部門)にて、大盛況のうちに日本初お披露目を果たした本作について、解禁された特別映像では、キャストが集結したレッドカーペットと完成報告会、ジャパンプレミアの裏側を余すことなくお届けする!!



10 月 23 日、東京国際映画祭の開幕となるこの日に華やかな装いでレッドカーペットに参加した亀梨、菜々緒、三池監督、そして“怪物の木こり”。
スマートに菜々緒をエスコートしながら堂々たる姿でステージに立った亀梨は、「このような場に参加させていただけることを光栄に思っています。この期間、映画を通じてみなさんにとって素敵な時間が流れることを祈っております」と挨拶し、映画祭のスタートを切った。レッドカーペットに降り立つと、亀梨が手にしたカメラに4人が収まり「レッドカーペットこれから歩きまーす!」と手を振って見せる、スタート直前の超貴重なセルフィ―映像も収録。集まったファンの鳴りやまない歓声に手を振り応えながら、亀梨は「華やかな時間を過ごして非常に楽しませてもらっています」と感想を語り、東京国際映画祭へ初参加となった菜々緒も「皆さん盛り上がっていて、街の活気も戻っているようですごく嬉しかったです」と、それぞれ映画祭の雰囲気を大満喫している様子。そして報道陣の前に立ち止まった亀梨は「皆さんの反応にドキドキそわそわしていますが、無事に迎えられるのを楽しみにしています」少し緊張な面持ちで意気込みを語った。そして今回、レッドカーペット上で亀梨が撮影した写真が解禁。日本での初お披露目を前に、笑顔で東京国際映画祭を楽しむ亀梨、菜々緒、三池監督、そして”怪物の木こり”が収められている。

続いて映像はいよいよ日本初上映に向け期待が高まる中、10 月 31 日に行われた亀梨、菜々緒、吉岡、染谷、三池監督らが登壇した完成報告会見へ。三池監督に「誰がどう見てもサイコパスっぽい(笑)」と二面性を明かされた亀梨は、「この仕事を始めて今年で 25 年。普段の自分とどちらが本当の自分なのかなって。でもこのプロモーション期間を経て、俺はそういう人間なんだなって思いました(笑)だからあんなに自然体で現場に立っていられたんだと腑に落ちました」と笑顔で振り返り、菜々緒は、警視庁の中で孤立しながらも信念に従い突き進むプロファイラーの役づくりについて、「立ち居振る舞いや仕草など、ここまで細かい所まで意識して作り上げたキャラクターは初めてでした」とキャラクターへのアプローチ方法を語ったほか、三池監督初参加となった吉岡は「新たな扉を開かされました」と言い、初日から猿ぐつわを嚙まされたという一同衝撃のエピソードも飛び出した。一方、三池組常連の染谷は、今回初めて最後まで死なない役ということで「逆に死なないことに不安で(笑)」と語りながらも、「ハラハラドキドキのサスペンスの後に、その後まさかの感動が来る。まさかサイコパスに泣かされるとは・・・。グッときました」と映画を初めて観た時の感想を熱弁、吉岡も「何度も何度も裏切られて、こんなにも新しい映画ができるのかと驚きました」とコメントし、裏切りの連続の末に訪れる衝撃のラストに期待を煽った。

また、映像の中には、登壇者の中で一番サイコパスだと思う人物をそれぞれが発表する場面も!?一番サイコパスな人物は一体誰だったのか?衝撃の結果が本映像では発表されている。

さらに、同日の夜に行われたジャパンプレミアの舞台挨拶には完成報告会のキャストに加えてさらに中村獅童も参加し、ついに迎える日本初上映を前に豪華キャストが勢揃い。客席を沸かせた通路からの登場やステージ上へのラインナップまで様々なアングルから余すところなく収められている。そしてこの日はハロウィンということで、怪物の木こりのお面を被った大勢の観客に溢れんばかりの拍手で迎えられ、舞台挨拶がスタート。亀梨と菜々緒は今回3度目の共演ということで、「お互いのお芝居の変化を構築しながら本番を迎えられて楽しかったです」と亀梨が語ると、菜々緒も「亀梨さんは本当に多才。どこまで進化していくんだろうと。今回の役は亀梨さん以外に考えられないくらいハマり役です」と絶賛し、信頼感を伺える掛け合いを見せた。亀梨がそれぞれのキャストの印象を語る中、中村への言及を忘れ、中村自身が「オイッ!」とツッコミを入れる場面も。亀梨とプライベートでも親交がある中村は、クランクアップの際のとあるエピソードを披露し一同は大爆笑。最後に亀梨はサスペンスの枠に収まり切れない本作について「表面の奥にあるメッセージを感じ取って、まずは皆さんのピュアな感覚を大切に、何も考えずに観ていただきたいと思います」とコメント。キャストと監督の並々ならぬ作品への思いと、終始「怪物の木こり」チームの仲の良さが伺える映像に仕上がっている。


亀梨和也
菜々緒 吉岡里帆
柚希礼音 みのすけ 堀部圭亮 渋川清彦
染谷将太 中村獅童
原作:倉井眉介「怪物の木こり」(宝島社文庫)
監督:三池崇史 脚本:小岩井宏悦 
音楽:遠藤浩二
主題歌:SEKAI NO OWARI「深海魚」(ユニバーサル ミュージック)
製作・配給:ワーナー・ブラザース映画
撮影期間:2022 年 4 月
©2023「怪物の木こり」製作委員会
公式サイト:http://kaibutsunokikori.jp
映倫区分:PG12
12月1日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ