FC2ブログ

記事一覧

『第8回ドラゴン映画祭2023』新作旧作含む厳選された22作品+ 前夜祭「ひと:みちゃんパーティーナイト」で上映 予定 8作品を解禁

【ニュース】
2023年 11月24日(金 )、25日(土)、26日 (日)の3日間 大阪西成SPACE★HOUSE で開催する『第 8 回 ドラゴン映画祭2023』。この度、参加監督からコメントが到着! 新作旧作含む厳選された22作品+、前夜祭「ひと:みちゃんパーティーナイト」で上映予定 8作品が解禁された。


以下10名からコメントも到着している。

ドラゴン映画祭主催 「かば」監督 川本貴弘(ドラゴン) 

「過去の作品を眠らせるな、初めてファインダーを覗いた時を思い出せ!」を、コンセプトに 2016年 10月 に始まった ドラゴン映画祭。

新作ではなく、主に過去の作品を上映する映画祭。昨今、簡単に映画が撮れる時代になってきた、新作ばかりに目を向け、過去の作品をないがしろにする… そんなことでは日本映画界の発展には繋がらない。
過去の作品を大切にし、諦めずに上映してこそ、真の活動屋。主宰者 ドラゴン(川本貴弘)がドラゴン映画祭に込める思いだ。
近づいてきた映画祭、25日(土)26日(日)だけではなく、11月24日(金)は前夜祭!!その目玉は「ひと:みちゃん★パーティーナイト」何が飛び出すやら(笑)
前夜祭もお楽しみに。

「レンタル×ファミリー」監督 阪本武仁 

第1回から参加させて頂いているドラゴン映画祭。今年で最後になる映画祭にまた自身の作品で戻って来れたことがとても嬉しく幸せです。期間中は映画、ライブを沢山見てお酒をいっぱい飲んで楽しもうと思っています。皆様のご来場お待ちしております!

ドラゴン映画祭2023共同主催「ともる」「大きな木になりたい」監督 日浦明大

2019年『YOSHI王-誕生編-』上映して以来関わって来てラストは共同主催で締め括り。自身2作品を含む厳選した22作品を1人でも多くの人に楽しんで頂きたいと思います。観て、呑んで、騒ぎましょう!

「愛のくだらない」監督 野本梢

ドラゴン映画祭での上映ありがとうございます!この作品は、私自身が感情に乗じてしてしまった失敗の数々を反省の物語として綴ったものです。走って、もがいて、間違えて、今を生きる私たちへ。

「P【ピー】」「LOVERSBOMB」監督 廣田正興
(映画「ファンシー」)

今回のドラゴン映画祭での映画『竜二』の上映で、再公開の配給をしているマコトヤさんとの橋渡しをさせていただきました。
その縁で僕の自主映画作品を上映させていただけることになりました。
是非、映画祭の大スクリーンでご鑑賞よろしくお願いします!

「イミテイションブルー」山中太郎監督

上映の機会をいただき、とても光栄です!本作は今年度ラスト上映です。最高の締めくくりをイミテイションブルーのロケ地のひとつでもある西成で飾れるのが嬉しいです。
ひと:みちゃん★パーティナイト前夜祭、一体何をしてくれるのだろうか。。全く読めませんが、楽しみたいと思います!!!
彼には主題歌も書き下ろして貰ってます。

「くっつき村」監督 長谷川千紗
(映画「女の仕事」W主演)

俳優・監督をしています長谷川千紗です!
ひと:みちゃんに誘っていただいて、ドラゴン映画祭に初参戦することになりました!大好きな大阪なのでとても嬉しいです。
初監督作品『くっつき村』何もかも初めてで必死で作りました。
是非ご覧ください!

「アクリルの鳥籠」監督 蒲生映与

これまでの映画人生の中で、初めての関西地区上映となります。映画を愛する観客の皆様と、映画に携わる様々な人たちと、深く楽しい関わりを期待しております。

「名古屋 大須のひと:みちゃん」
~2014年 冬の思ひで~ 監督補 三輪弘二

監督を務めた藤井が7年前に亡くなり、話を聞くことはできませんが、上映される機会を作っていただいて、きっと喜んでいると思います。ありがとうございます。

ひと:みちゃん 俳優 作詩作曲家

枠を頂き!驚き桃の木山椒の木!
ありがたき幸せ♪
オイラの“好き”が詰まってます♪
果たして主催ドラゴン&ひと:みちゃん現れ何かするのか!?
大阪での開催は最後ってことは…
次回は東京で!?…笑。
エンジョイ&ピース


【概要】

インディーズ映画を中心に、製作者と観客が交流しつつ、映画を楽しみまくる映画のお祭として開催して来たドラゴン映画祭。8回目となる今回は、さらにパワーアップしてお届けする。


今回は西成のニューフェイスのイベントビルを1棟貸切って3スクリーンで、前夜祭1日(前夜祭は1スクリーン)、本祭2日間の計3日間映画を楽しみまくり! まず、今回の目玉作品は、公開から今年で40周年を迎えるインディーズ映画の金字塔『竜二』を上映する。川島透監督のトークショーも開催されるのは大変レア。
 

ラインナップは以下の通り。



11/24(金)

【前夜祭】
・『かば』川本貴弘 監督
・『ともる』日浦明大 監督
・『うんちから土へ』小杉衛蔵 監督


ひと:みちゃん★パーティーナイト(無料)

・『アクリルの鳥籠』蒲生映与監督
・『イミテイションブルー』山中太郎監督
・『くっつき村』長谷川千紗監督
・『その少女、怒り』谷口仁則監督
・『どっこいしょ』小手川望監督
・『闘え!剣真否郎』舛本昌幸監督
・『ドラゴンマーケット』川本貴弘監督
・『名古屋 大須のひと:みちゃん』三輪弘二監督
・ その他、サプライズあり!?



11/25(土)26(金)

【ドラゴン映画祭2023本編】
・『竜二』川島 透 監督
・『西成金魚』森澤達郎 監督
・『Life work of Akira Kurosawa』河村光彦 監督
・『レンタル×ファミリー』阪本武仁 監督
・『みんな生きている~二つめの誕生日~』両沢和幸 監督
・『絆王子と無限の一歩』竹田和哲 監督
・『愛のくだらない』野本梢 監督
・『とおいらいめい』大橋隆行 監督
・『大きな木になりたい』日浦明大 監督
・『横須賀綺譚』大塚信一 監督
・『ヒゲの校長』谷進一 監督
・『雲旅-kumotabi-』下本地崇 監督
・『見えるものと 見えないもの~画家大崎真理子のみた風景(完全版)』筒井勝彦 監督
・『ひとつぼっち』副島新五 監督
・『さようなら』野村有志 監督
・『武田倫和初期短編集』武田倫和 監督
・『追い風ヨーソロ!』大野仁志 監督
・『廣田正興ショートムービーセレクション』廣田正興 監督
・『エンペラークロニクル』白澤康宏 監督
・『うんちから土へ』小杉衛蔵 監督

その他熱い音楽LIVEやアーティストによるパフォーマンスもあり、飲んで、観て、聴いて、冬の大阪・西成で映画と音楽で熱い3日間をお楽しみ下さい。

詳細は公式ホームページにてご確認ください。

開催期間
前夜祭:令和5年11月24日(金)
開場12:30~
11/24(金)
ひと:みちゃん★パーティーナイト前夜祭は無料
映画グッズ販売&前売券ご購入のお客様がお得なプレゼントじゃんけん大会を予定。

ひと:みちゃん★パーティーナイト

18:30~21:30(第一部)
21:35~23:35頃※予定(第二部)
本祭:令和5年11月25日(土)、26日(日)
8:30~22:00

会場
SPACE★HOUSE
〒557-0002
大阪市西成区太子1丁目4-5 Dream 22 Bld
※大阪メトロ動物園前駅4番出口出て太子交差点を西へ渡って左(南)へ徒歩3分。

料金システム
入場料:当日券4,000円、前売券3,500円
※当日購入の場合も、受付で本映画祭のチラシを提示すると500円引となります。
2日目割:前日のチケット半券を受付で提示すると500円引と致します。

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ