FC2ブログ

記事一覧

注目の俳優ヴィジャイ・セードゥパティを特集 『インディアンムービーウィーク 2023 パート 2』キネカ大森にて12月15日より開催

【ニュース】
SPACEBOX 配給による、インド映画の特集上映『インディアンムービーウィーク 2023 パート 2』を、2023 年 12 月 15 日(金)より 4 週間にわたり、東京・キネカ大森にて開催。注目の俳優ヴィジャイ・セードゥパティを特集する。

国語が存在せず、地域ごとに公用語が並立する多言語大国インド。その映画産業もまた、言語ごとに幾つにも分かれ、それぞれが独自の映画的風土をもち、各言語を母語とする観衆から厚い支持を得ている。インド映画の特集上映「インディアンムービーウィーク」は、映画製作がさかんなインドの言語圏から日本未公 開作品を中心に選び、多様なインド映画を字幕付きで紹介してきた。12 月 15 日(金)からは、キネカ 大森にて『インディアンムービーウィーク 2023 パート2』を開催する。今回は、特別上映2作品、初上映 2作品、タミル語映画界で「タミル⺠の宝」と呼ばれ注目される俳優ヴィジャイ・セードゥパティの出演作 品特集に加え、アンコール上映作品も含め、計 14 本を上映する。


[上映作品]

特別上映
1.『PS1 ⻩金の河』(原題:Ponniyin Selvan: Part One) 
2. 『ストリートダンサー』(原題:Street Dancer 3D)

初上映
3.『後継者』(原題:Varisu)
4. 『2つの愛が進行中』(原題:Kaathuvaakula Rendu Kaadhal)
〈ヴィジャイ・セードゥパティ特集〉 5. 『ピザ 死霊館へのデリバリー』
6. 『途中のページが抜けている』
7. 『キケンな誘拐』 
8.『俺だって極道さ』
9. 『ʼ96』
10. 『マスター 先生が来る!』

アンコール上映
11. 『お気楽探偵アトレヤ』 12. 『狼と子羊の夜』
13. 『マジック』
14. 『火の道』


[特別上映]


1. PS1⻩金の河(原題:PonniyinSelvan:PartOne)
10 世紀末のタミル地方中部、チョーラ朝は最盛期を目前にしていたが、宮廷では王位簒奪の陰謀が進行して いた。マルチスターの歴史絵巻。
監督:マニラトナム 出演:ヴィクラム、アイシュワリヤー・ラーイ、カールティ、トリシャー、ジェヤム・ラヴィ ジャンル:歴史ドラマ、アクション
2022 年/タミル語/167 分/G
タミル語タイトル: ெபா$ன&ய($ ெச*வ$ 1
©Madras Talkies ©Lyca Productions


2. ストリートダンサー(原題:StreetDancer3D)
舞台はロンドン。インド系移⺠とパキスタン系移⺠の2つのダンスグループは、常にライバル同士として争 っていた。彼らはそれぞれのチームでダンスコンペティションに挑む。
監督:レモ・デソウザ 出演:ヴァルン・ダワン、シュラッダー・カプール、プラブデーヴァー ジャンル:ダンスドラマ
2020 年/ヒンディー語/142 分/G
ヒンディー語タイトル:!"#ट डांसर ३डी
©Remo DʼSouza Entertainment ©T-Series ©UTV Motion Pictures


[初上映作品]


3. 後継者(原題:Varisu)
大企業オーナー一族が住む屋敷に、当主と衝突して家を出ていた三男ヴィジャイが戻ってくる。彼は事業を 引き継ぎバラバラの家族を結びつけようとする。ヴィジャイ(マスター 先生が来る!)主演、2023 年 1 月 公開のヒット作。
監督:ヴァムシー・パイディパッリ 
出演:ヴィジャイ、ラシュミカー・マンダンナ、サラトクマール ジャンル:ファミリードラマ、アクション
2023 年/タミル語/169 分/映倫申請中(G 相当) タミル語タイトル:வா#$
©Sri Venkateswara Creations ©PVP Cinema


4. 2つの愛が進行中(原題:KaathuvaakulaRenduKaadhal)
昼はタクシー運転手、夜はクラブの黑服として働くランボー。それぞれのシーンでカンマニ、カティージャ という女性と知り合い、奇妙な三角関係に陥る。『俺だって極道さ』のヴィグネーシュ・シヴァンが監督 し、ヴィジャイ・セードゥパティ、ナヤンターラ、サマンタ共演のシュールなロマンス。
監督:ヴィグネーシュ・シヴァン 
出演:ヴィジャイ・セードゥパティ、ナヤンターラ、サマンタほか ジャンル:ロマンス、コメディ
2022 年/タミル語/157 分/映倫申請中(インドの検閲はPG12 相当) タミル語タイトル:கா&'வா()ல ெர-. காத0
©Rowdy Pictures ©Seven Screen Studio

[ヴィジャイ・セードゥパティ特集] 


5.ピザ 死霊館へのデリバリー(原題: Pizza)
ピザ配達員のマイケルは幼馴染のアヌと同棲中。ある夜マイケルがピザを届けにとある豪邸に赴くと、受取人の女性が途中で消え、不可思議な出来事が立て続けに起こり、彼はそこから逃れられなくなってしまう。
2000 年代後半のタミル語映画界に興こった「タミル・ニューウェーブ」の潮流から生まれた作品の中で、本作はホラー作品としては突出した高評価を得た。他の言語にもリメイクされたカルト的な1作。IMW2022 上映作品。
監督 カールティク・スッバラー
出演 ヴィジャイ・セードゥパティ、ラミャ・ナンビーサン、カルナーカラン
ジャンル ホラー
2012 年/ タミル語/120 分/G
©Thirukumaran Entertainment



6.途中のページが抜けている(原題: Naduvula Konjam Pakkatha Kaanom)
プレーム、バグス、サラス、バッジは仲のいい4人組。プレームの結婚式の前日に、暇つぶしに草クリケットで遊んでいたところ、プレームは転倒して頭を打ち、一時的な記憶喪失になってしまう。プレームと恋人のダナは、懐疑的な親族を粘り強く説得して縁組を認めさせ、苦労の末にやっと式を挙げるところまで来ていたのだが、彼はダナのことすら覚えていない。プレームの症状を明かせば結婚自体がお流れになってしまうかもしれない危機に、3人の友人たちは知恵を絞って式を挙行しようとする。低予算作品ながら、驚異のヒットとなった作品。IMW2022 上映作品。
監督 バーラージ・ダラニダラン
出演 ヴィジャイ・セードゥパティ、ガーヤトリ、バガヴァティ・ペルマール、ラージクマール、ヴィグネーシュワラ ン・パラニサーミ
ジャンル コメディ
2012 年/タミル語 /161 分/G
© Leo Vision


7.キケンな誘拐(原題: Soodhu Kavvum)
失業中のセーカル、ケーサヴァン、パガラヴァンは、酒場で出会った誘拐犯ダースから仲間に誘われる。3人は迷いながらも参加することになり、チームは次々と身代金目当ての誘拐を成功させてゆく。しかしある日舞い込んだ一発大逆転の儲け話からトラブルに巻き込まれてしまう。人物のキャラの濃さと予測不能のストーリー展開、全編に漂うシュールでシニカルな香りがあまりにも斬新な、タミルニューウェーブの傑作。IMW の前身、インディアン・シネマ・ウィーク 2017 上映作品。
監督・脚本 ナラン・クマラサーミ
出演 ヴィジャイ・セードゥパティ、アショーク・セルヴァン、ラメーシュ・ティラク、ボビー・シンハー ジャンル クライム・コメディ
2013 年/タミル語/133 分/G
©Thirukumaran Entertainment


8. 俺だって極道さ(原題:NaanumRowdyDhaan)
ポンディシェリに住む⻘年パーンディは、警官の母親を持ちながら極道になることに憧れており、友達のドーシと一緒に「極道ごっこ」で小遣いを稼いでいた。ある夜彼は聴覚障がいがある女性カーダンバリに出会い、一目惚れする。何とか彼女の心を開こうとするパーンディに対してカーダンバリが求めたのは、幼少時に起こって以来彼女のトラウマとなっている襲撃事件の首謀者である大物極道への仇討ちだった。へっぴり腰で始まった仇討ち作戦は、想定外の勢力が脇から加わり、思わぬ方向に転がり出す。人気のヴィジャイ・セードゥパティ(キケンな誘拐)とナヤンターラ(ビギル 勝利のホイッスル)を配し、旧フランス領ポンディシェリのお洒落な街並みを舞台にした、ちょっぴりシュールで、ふんわりと軽い、異色の新感覚リベンジ・コメディ。IMW2021 上映作品。
監督 ヴィグネーシュ・シヴァン
出演 ヴィジャイ・セードゥパティ、ナヤンターラ、パールティバン ジャンル ロマンス、コメディ、クライム
2015 年/タミル語/139 分/G
© Wunderbar Films


9. ʼ96(原題:ʼ96)
1996 年に高校を卒業したクラスメートが 20 年ぶりに集う同窓会。旅行写真家のラームは、初恋の女性ジャーナキに再会して心が揺れる。宵の口から夜明けまでのチェンナイの街を舞台にした2人の対話。タミル映画の賑やかなイメージを覆すノスタルジックな純愛もの。ヴィジャイ・セードゥパティの不器用な男ぶり、トリシャーの涙目、主演2人の演技が圧倒的。夜のチェンナイの街路の詩情溢れる描写。IMW2019 上映作品。
監督 C.プレームクマール
出演:ヴィジャイ・セードゥパティ、トリシャー・クリシュナン、アーディティヤ・バースカル、ガウリG.キシャン、ジャナガラージ
ジャンル ロマンス
2018 年/タミル語/158 分/G
©Madras Enterprises


10.マスター 先生が来る!(原題: Master)
名門大学で心理学を教えるJDはアル中気味の名物教授。彼が実施を強く主張した学生会⻑選挙で暴動が起きたため、責任をとり休職し、地方の少年院に赴く。そこではギャングのバワーニの支配の下!少年たちが薬物漬けにされて犯罪行為に従事させられていた。バワーニは、運送業という表向きの商売の裏であらゆる
 犯罪に手を染め、敵を粛清し、支配を固めるため政治家になろうとしていた。JDはアルコールを断ち、バワーニの支配を終わらせ少年たちを更生させようと立ち上がる。人気俳優ヴィジャイとヴィジャイ・セードゥパティが共演。『囚人ディリ』のローケーシュ・カナガラージ監督によるマルチスター・ノワール作品。
2022 年劇場公開作品。
監督 ローケーシュ・カナガラージ
出演 ヴィジャイ、ヴィジャイ・セードゥパティ、マーラヴィカ・モーハナン、アルジュン・ダースほか
ジャンル アクション、ドラマ
区分 PG12(未成年者の喫煙・飲酒、暴力シーンあり)
2021 年 / タミル語 / 179 分
© B4U Motion Pictures © Seven Screen Studio © X.B. Film Creators


【アンコール上映作品】


11. お気楽探偵アトレヤ(原題: Agent Sai Srinivasa Athreya)
アーンドラ・プラデーシュ州の小都市ネッルールで探偵業を始めた若いアトレヤ。レイプ殺人事件を調査するうちに、線路脇で身元不明死体が多数見つかるという別の怪事件に絡めとられていき、彼自身が容疑者となってしまう。『きっと、またあえる』で重要な脇役を演じたナヴィーン・ポリシェッティが主演のユーモア・クライム映画。笑わせるだけではなく、インド特有の事情に根差した犯罪の恐るべき実態についても鋭く切り込む、考え抜かれた脚本が見事。IMW2020 上映作品。
監督 スワループ R. S. J.
出演 ナヴィーン・ポリシェッティ、シュルティ・シャルマー ジャンル 探偵、コメディ
2019 年/テルグ語/148 分/G
©Swadharm Entertainment


12.狼と子羊の夜(原題: Onaayum Aattukkuttiyum
医学生のチャンドルは、ある夜街路で銃創を負って倒れている男を助け、自宅に運んで手術をする。しかし翌朝男の姿は消えていた。男はウルフという名の殺し屋で、チャンドルは犯罪者を匿ったとして警察の尋問を受け、協力させられる。その後ウルフがチャンドルに接触してきたのを知った警察は、彼に銃を渡し、ウルフを殺すよう命じる。ほぼ全編が夜の街で展開する異色のクライム・スリラー。IMW2023 パート1上映作品
監督 ミシュキン
出演 シュリー、ミシュキン、アーディティヤ・メーノーン
ジャンル クライムスリラー
2013 年/タミル語/ 143 分/G
©Lone Wolf Productions


13. マジック(原題: Mersal)
チェンナイの低所得者層地域で開業するマーラン医師は、低額で患者を診る人徳者で、国際会議でも表彰される。しかしその周りで医療関係者の不審死が起こり、警察は彼を拘束して尋問する。そこで浮かび上がったのは、ヴェトリという名の彼と瓜二つの奇術師だった。V・ヴィジャエーンドラ・プラサード(『バジュランギおじさんと、小さな迷子』)が脚本に加わり、娯楽性がある社会派スリラーに仕上がっている。インディアン・シネマ・ウィーク 2018 上映の人気作品。
監督 アトリ
出演 ヴィジャイ、サマンタ、カージャル・アグルワール、ニティヤ・メーノーン、S・J・スーリヤー、サティヤラージ ジャンル スリラー、 アクション
2017 年 /タミル語 /169 分/R15+(肉体損壊の描写あり)
© Sri Thenandal Films


14.火の道(原題: Agneepath)
ムンバイ沖の小島に暮らす少年ヴィジャイは、教師の父から人生訓として、「火の道」という詩を教わりながら育つ。ヴィジャイの父は人々の尊敬を集めていたが、麻薬ビジネスを興そうとした地主の息子カーンチャーに反対したことで、彼に殺害されてしまう。母と共にムンバイに逃れたヴィジャイは、父の仇を討つために麻薬マフィア・ラーラーの手下となり、アンダーワールドでのし上がっていく。
監督 カラン・マルホートラー
出演 リティク・ローシャン、リシ・カプール、サンジャイ・ダット、プリヤンカー・チョープラー ジャンル ドラマ、アクション
2012 年/ヒンディー語/174 分/PG12(薬物・暴力シーンあり)
【字幕協力】東京国際映画祭
©Dharma Productions ©Eros International


【開催日程・上映劇場】
2023 年 12 月 15 日(金)~2024 年1月 11 日(木) 東京:キネカ大森
【チケット料金】2,000 円(税込)均一 【主催】SPACEBOX 
【公式サイト】https://imwjapan.com/ (準備中)
【SNS アカウント】X (旧 Twitter), Instagram: @ImwJapan

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ