FC2ブログ

記事一覧

亀梨和也の願いは「沢山の方と結ばれます様に!!」『怪物の木こり』公開直前大ヒット祈願イベント

【イベント】
公開を約 1 週間後に控えた 11 月 22 日に、“公開直前大ヒット祈願イベント” を実施。イベントでは 亀梨和也、菜々緒、三池崇史監督が赤城神社にて祈祷を受け、絵馬に『怪物の木こり』大ヒットへの想いを書き披露。そして、翌日が「新嘗祭」(その年の収穫に感謝して、新米を神様にお供えし、来年の豊穣を願う行事)ならびに「勤労感謝の日」であることにちなんで、感謝の気持ちを込めた「゛怪物の木こり“餅つき」を実施。木こりが合いの手を披露する゛怪物の木こり”餅つきで、豊穣(=映画の大ヒット)への効果も倍増!?来場したマスコミにも振る舞い会場は大盛り上がりとなった。


いよいよ 12 月 1 日(金)の公開日まで残すところあと 9 日となったこの日、主演の亀梨和也と共演の菜々緒、そして本作のメガホンを取った三池崇史監督が赤城神社にて大ヒットを祈願するイベントに登場。トークイベント開始前には本作のアイコンとも言える“怪物の木こり”とともに拝殿にて祈祷を行った。



厳かな雰囲気の中、宮司の言葉に耳を傾け、真剣な表情で頭を下げるキャスト・監督たちからは、本作の大ヒットを願う並々ならぬ思いが伝わってきた。

そして、そんな一同の願いに応え晴れやかなスタートを予感させるかのようなすっきりとした快晴の空のもと、拝殿を背にしたスペースに、祈祷を終えた亀梨・菜々緒・三池監督が登場。亀梨は「雲一つない天気の中でこのような場に立たせて頂いて、非常に心地よい気持ちで今日も一日がスタート出来ると感じています。公開がいよいよ迫ってきたので、引き続き皆さんとの繋がりの中で、たくさんの方たちにさらにこの輪を広げられたらと思っています」、菜々緒は「本当に天気に恵まれて、そして皆さんと一緒に祈願出来て、これから公開に向けてより一層、たくさんの人に観て頂けるように力を尽くしたいなと思っております。」とそれぞれに挨拶をした。先ほど受けた祈祷について聞かれると亀梨は「なかなか無いシチュエーションですよね。“怪物の木こりどの”と呼ばれてましたからね(笑)手袋をしてたので(参拝の拍手が)ちゃんと鳴るのかな?と心配でしたが、しっかりと鳴らしてくれていてました。心強かったですよ」と回答し会場を笑わせた。同じく菜々緒も“木こり”と一緒に祈祷を受けるという状況を楽しんだようで、「どういう風な感じで居ればいいのかな?と思いましたが、滞りなく終わりました」と振り返り、三池は「木こりさんも一緒に玉串を持ったりしまして。手を合わせて、禊を済ませたというか。ヒットへ向けて清らかな身体になったと思います(笑)」と答えると、会場はさらに盛り上がりこの日一番の笑いの渦に。さらに「プロモーションを長くやってきたせいか、だいぶパサパサしている印象がありますね」と監督ならではの目線で“木こり”の状態にも着目すると、すかさず亀梨が「乾燥をされている時期で
すからね!後でオイルを塗っていただいて。野球のグローブに塗るオイルがいいと思います(笑)」とフォローをするなど息の合ったやりとりが止まることなく引き続く、和気あいあいとした雰囲気のイベントとなった。

そしてこの日を迎えるまでに、スペインでのシッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭への渡航を始め、東京国際映画祭のレッドカーペットやジャパンプレミア、そしてテレビ番組の収録なども含め数々のプロモーションを精力的に行ってきたキャスト・監督一同に本作への手ごたえを聞いてみると亀梨は「取材の場などで、既に作品を観て頂いた方々から本当にいい言葉をたくさん頂けているので、それは自信に繋がっていますね。僕自身も作品を観て改めて、この作品の持つメッセージの強さや作品自体の力強さを本当に感じているので、たくさんの人たちに届いてほしいなと思います。」と自信を覗かせると、自身の SNS に期待の声が多く届いているという菜々緒も「皆さんに満足してもらえると作品になると思います!」と力強く頷いた。

また、本イベントの翌日 11 月 23 日はその年の収穫に感謝して新米を神様にお供えし、来年の豊穣を願う行事である「新嘗祭」が全国各地の神社で行われる特別な日。これにちなんで、本作で“収穫したこと”を聞かれた亀梨は「三池監督との出会い、ご縁を頂けたということですね」と回答。そして「本当に感謝しています。染谷君もそうですし菜々緒さんもそうですし、監督の作品にこれまで何作も出られている方たちとご一緒させて頂くことができました。そして僕自身も今後また呼んでいただけるように、映画を作って良かったなと思っていただけるような、そんな俳優になっていきたいと思います」と今後へ向けての想いも語った。菜々緒の収穫は「今までにないキャラクターを演じたので、そういうきっかけを頂けたということ」だと答え、「何度もご一緒させて頂いた三池監督とも亀梨さんともまたご一緒させていただいて、さらに成長出来た作品になったなと思います」と明かした。三池は「一見バイオレンスな作品に見えるかもしれないですが、自分自身この映画で初めて、本当に心が揺れる、”優しい作品”を作れたなと思っています。自分にもこういう映画が出来るんだ、と実感したというのが収穫ですね」と答え、これまでの魅力を失わずに、更にパワーアップした三池ワールドを展開する本作をアピールした。

さらに翌日は勤労感謝の日でもあり”感謝を伝えたい相手”という話題に話が及ぶと亀梨は「何をやるにも一人では成立しないことだらけですからね。たくさんのスタッフの皆さんの想い、ぬくもりのなかで時間を過ごさせてもらっています」と切り出した上で、本作の共演者の中では「吉岡さんですね。初日から猿ぐつわをつけて縛られているという、すごくハードなシーンの撮影だったんですよ。吉岡さんに対してあまりそういうイメージが無かったんですが、本当に体当たりでと言いますか。他のキャストの皆さんももちろんですが、ご自身の役を全うしながら、三池組の『怪物の木こり』に対しての熱量を持って現場に立ってくださっていたので本当に刺激をもらえて、感謝です」と撮影を振り返ってキャストの面々に感謝。一方の菜々緒はつい先日、亀梨とともに参加したバラエティー番組の撮影後に、セット内で大きな穴に落ちかけたという驚きのエピソードを暴露。「亀梨さんが『危ない!』って言ってくださって、腕も掴んでくださって怪我をしなくて済んだんです。亀梨さんのその声が無ければ骨折していたくらい大きな事故になっていたかもしれなかったです。この場を借りて感謝したいです。本当にありがとうございました」と頭を下げると、亀梨も「本当に危なかったよね!」とその時の状況を思い起こしながら、「僕に”怪物級”の力があれば、もっと支えられたんですけどね…」と零した。



そしてイベント中盤、それぞれの願い事を書き込んだ“怪物の木こり”特別デザインの絵馬を披露。「ちょっと子どもっぽいんですけど…」と前置きをした三池の願いは「世界が平和になります様に!!大人がそんなことをお願いする事か、とも思うんですがいま世界中が大変ですよね。祈らずにはいられないな、という気持ちで書かせて頂きました」と発表。そして続く菜々緒は、「映画『怪物の木こり』怪物級ヒット祈願」と書き込んだ絵馬を披露。「スペインのお客様にも好評だったみたいですし、一度だけでなく二度三度見て頂けると色んな角度で楽しめる作品になっています!」と期待をのぞかせた。最後に亀梨の願いは「沢山の方と結ばれます様に!!」。「この映画も人と人との繋がりが大きなテーマでもありますし、僕自身もこれまで結ばれてきたものや今後結んでいくもの、そういうものを非常に考える今日この頃で
す。僕の人生において大きな分岐点に来ているなと感じています」と語る。イベント終了後には通常サイズの絵馬にも願いを書き込んで絵馬掛所に結び、改めて成就を祈願した。


イベントの最後には、“来場したマスコミにも感謝を込めて“というキャスト・監督の粋な計らいにより、「”怪物の木こり”餅つき」を実施。怪物が持つ”斧“の形をした、この日のために用意された特殊な形の杵を持ってフォトセッションを行った後、通常の杵に持ち替え、晴れやかな表情で「よいしょ!」の掛け声にあわせて盛大に餅をついた亀梨、菜々緒、三池監督。そしてこの実際に餅をつく場面では、餅を返す”合いの手“の役割を木こりが行うという予想外のサプライズも!劇中では追う者、追われる者として複雑に入れ替わり、先読み不可能なストーリーを生み出したキャスト陣と”怪物の木こり“だが、今日のイベントでは息ぴったりの様子を披露した。亀梨はこの”木こり“との共同作業に触れ「お餅が固くてあまりひっくり返っていなかったけど…」とまさかのダメ出し!しかし「気持ちは見えましたよね!すごくやる気で!」と”木こり“を慰めると、この日が餅つき自体初体験だったという菜々緒も「木こりさんのお手伝いのおかげで、初めての餅つきすごく楽しかったです!」と目を輝かせた。さらに、この日についた餅は来場したマスコミ関係者にも振る舞われ、会場は最後まで大盛り上がりとなった。

そして登壇者を代表して亀梨が「いよいよもう公開まで 10 日を切ったところに来ました。たくさんの方たちの心にしっかりと溶け込んでいけるように残りの時間もしっかりと尽くしたいと思いますので、日本のみならず世界中たくさんの方たちとこの作品を通して様々な思いが結ばれて行くことを願っております。どうぞよろしくお願いします」と想いを伝え、キャスト&監督のチームワーク抜群の公開直前イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。
(オフィシャルレポート)


原作:「怪物の木こり」倉井眉介(宝島社文庫)
監督:三池崇史
脚本:小岩井宏悦
音楽:遠藤浩二
出演:亀梨和也、菜々緒、吉岡里帆、柚希礼音、みのすけ、堀部圭亮、渋川清彦、染谷将太、中村獅童
製作・配給:ワーナー・ブラザース映画
撮影期間:2022年4月
©2023「怪物の木こり」製作委員会
公式サイト:http://kaibutsunokikori.jp
映倫区分:PG12
12月1日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ