FC2ブログ

記事一覧

10月12日の夜、私は殺されたー スリラー映画『12 日の殺人』2024年3月公開

Photo credit: Fanny de Gouville

【ニュース】
第 75 回カンヌ国際映画祭出品作品 『悪なき殺人』ドミニク・モル監督最新作
10 月 12 日の夜、私は殺されたー 原題:『La nuit du 12』が『12 日の殺人』の邦題にて3 月 15 日(金)より公開決定! 事件を追う二人の場面写真も解禁

第 75 回カンヌ国際映画祭プレミア部門出品、第 48 回セザール賞では、作品賞/監督賞/助演男優賞/有 望若手男優賞/脚色賞/音響賞と最多受賞となり、第 28 回リュミエール賞など各映画賞で高い評価を得た映画『12 日の殺人』を 3 月 15 日(金)より劇場公開することとなった。監督は、2019 年東京国際映画祭にて『悪なき殺人(原 題:Only The Animals)』(映画祭当時は、『動物だけが知 っている』)、観客賞と最優秀女優賞を受賞し、日本公開でも口コミでヒットしたドミニク・モル監督。

前作を圧倒する多数の映画賞受賞を果たした原題:『La nuit du 12』が邦題『12 日の殺 人』として 3 月 15 日(金)より公開されることが決定した。

『12 日の殺人』(原題: La Nuit du 12)は、2020 年のノンフィクション本ポリーヌ・グエナ作「18.3. Une année passée à la PJ」を基に、ドミニク・モル監督がジル・マルシャンと共同執筆した脚本によるスリラー作品。本作は第 75 回カンヌ国際映画祭プレミア部門に出品したほか、第 48 回セザール賞で 10 部門にノミ ネートされ、作品賞/監督賞/助演男優賞/有望若手男優賞/脚色賞/音響賞と 6 部門で受賞。さらには格式ある映画賞、第 28 回リュミエール賞で作品賞、脚色賞を受賞するなど、世界で高く評価された一作となる。キャストは、前作『悪なき殺人』にも出演しているバスティアン・ブイヨンが主人公の刑事ヨアン役を務めている。

10 月 12 日の夜、ひとりの女子大生が何者かに殺されたー
12 日の夜、女子大学生クララが突然焼死体となって発見される。事件を担当することになったのは、昇進したばかりの刑事ヨアン(バスティアン・ブイヨン)とベテラン刑事のマルソー(ブーリ・ランネール)。捜査が進む中、彼女の周りの容疑者となり得る関係者への聞き込みをするが、男たちは全員クララと関係していたことがわかる。

フランス警察が捜査する殺人事件は、年間 800 件以上 だが約 20%は未解決 クララの殺害が明らかに計画的な犯罪であることは判明したが、取り調べに浮上する人物たちを誰一人と して容疑者と特定することができない...。事件解決への糸口が見えなくなるなか、班⻑に昇格したばかりのヨアンは、事件の闇へと飲み込まれてしまう。彼はまだ知らなかった。この事件が、未解決事件として自分自身を蝕んでいくことを。更に、解禁される場面写真では、ヨアンとマルソーが事件にのめり込んでいく心情を想像させる。物語は警官たちの熱い士気と絆、そして日常生活をも描きながら、彼らの心の奥底に存在する弱さも段階 的に映し出していく。舞台となる辺境の小さな町では、誰もが顔見知り。そんな環境が住⺠たちを未解決 事件の闇にいざない、一層の混乱を巻き起こす謎とスリラーは、観る者が抜け出せない沼に落ちてしまうことは間違ない。


監督:ドミニク・モル 
脚本:ドミニク・モル/ジル・マルシャン
原案:ポリーヌ・グエナ作「18.3. Une année passée à la PJ」 
出演:バスティアン・ブイヨン/ブーリ・ランネール/テオ・チョルビ /ヨハン・ディオネ /ティヴー・ エヴェラー/ポリーン・セリエ /ルーラ・コットン・フラピエ 
配給:STAR CHANNEL MOVIES
© 2022 - Haut et Court - Versus Production - Auvergne-Rhône-Alpes Cinéma 
(2022/フランス/原題:La Nuit du 12/114 分/ビスタ/カラー/5.1)字幕翻訳:宮坂愛
2024 年 3 月 15 日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ