FC2ブログ

記事一覧

前田敦子が「性暴力と心の傷」という難しいテーマに挑んだ 映画『一月の声に歓びを刻め』予告映像を解禁

【ニュース】
前田敦子「性暴力と心の傷」という難しいテーマに挑んだ!
“罪”を、静かに、凄まじく、圧倒的な映像美で描く予告映像が解禁!!『繕い裁つ人』『幼な子われらに生まれ』『Red』など多くの作品を手掛け、国内外で高い評 価を受ける三島有紀子監督の⻑編 10 作目となる最新作『一月の声に歓びを刻め』の予告映像が解禁された。

見どころが詰め込まれた予告編【https://youtu.be/nVFTvFd9Huc】が完成。道をさまよう“れいこ”(前田敦子)と、レンタル彼氏(坂東龍太)のふたり。「なんで私が、罪感じなきゃいけないんだよ」と意味深な言葉を吐露するれいこ。前夜は楽しげに踊り、 一夜をともにしたはずだったのに...。雪深い道なき道を歩むマキ(カルーセル麻紀)が「れいこ・・・」と呟き、誠(哀川翔) が険しい顔つきで鉄パイプを手に握る。「わたし...6 歳のときに変な男に変なことされたんで...。自分の身体なんか...好きな人とできる身体じゃないなって...」と衝撃の告白とともに泣きじゃくるれいこ。幼いれいこの心に、罪深い影を落とした心の傷が、成⻑した彼女を今でも苦しませ続けるのだった。

予告編では、前田敦子がアカペラで歌う劇中歌が流れる。三島有紀子監督が本作の脚本を執筆中に、とある映画館のカ フェで偶然耳にした奇妙礼太郎の「きになる」(作詞・作曲:早瀬直久)のカバーだ。「知らない間に、見違えるほどきれ い。何にも知らなくても、幸せになれるかな」という歌詞と、悲壮感漂う前田敦子の歌声。だが、オリジナルの奇妙礼太郎の 「きになる」は、対照的に明るい歌唱で、歌詞全体も前向きなものだ。そのギャップが本編でいかに絶妙に活かさせているのかは、見てのお楽しみだ。

八丈島の雄大な海と大地、大阪・堂島のエネルギッシュな街と人々、北海道・洞爺湖の幻 想的な雪の世界を背景に、3 つの罪と方舟をテーマに、人間たちの“生”を圧倒的な映像美 で描いていく。船でやってきた者を前田敦子、船を待つ者を哀川翔、そして船で向かう者をカルーセル麻紀 が演じ、さらに、坂東龍汰や片岡礼子、宇野祥平、原田龍二、とよた真帆らが脇を固める。



ムビチケ発売情報
『一月の声に歓びを刻め』ムビチケ前売り券(オンライン)&劇場販売(ムビチケカード)が、一般 1,600 円(税込)にて販売中。
【ムビチケオンライン】https://mvtk.jp/Film/084050


出演:前田敦子、カルーセル麻紀、哀川翔 坂東龍汰、片岡礼子、宇野祥平 原田龍二、松本妃代、⻑田詩音、とよた真帆
脚本・監督:三島有紀子
配給:東京テアトル 
© bouquet garni films
公式ウェブサイト:http://ichikoe.com/
2024 年 2 月 9 日(金)テアトル新宿ほか全国


関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ