FC2ブログ

記事一覧

映画『怪物の木こり』柚希礼音が怪演!物語の元凶、愛と正義が歪んだ超猟奇殺人犯・東間翠! 場面写真、コメントが解禁

【ニュース】
先読み不可能、まさかの感動の結末を生んだのは、一人の母の愛?
物語の元凶、愛と正義が歪んだ超猟奇殺人犯・東間翠!
柚希礼音が演じる重要キャラクターの新場面写真&コメントが解禁

「最後まで見た私はとても感動しておりました。」映画にもその活躍の場を広げつつある柚希礼音が怪演!
彼女が生み出した雰囲気抜群の猟奇殺人犯・東間翠が、31 年前、この物語を引き起こす――
1999 年に宝塚歌劇団に入団、男役として数々の公演に出演し、2009 年からは星組のトップスターとしてその名を轟か
せた柚希礼音。2015 年に宝塚歌劇団を退団したのち、今年からはその活躍の場を映画の世界にも広げ始めている。そんな柚希が本作で演じるのは、亀梨和也が演じる主人公・二宮彰の過去に深く関わっていることが明らかとなる医療研究サイコパス・東間翠。31 年前、数々の子どもが誘拐され結果的にそのほとんどが殺害されていた、大きな事件の犯人である猟奇殺人犯だ。


柚希礼音 コメント

本作の物語の元凶ともいえる猟奇殺人犯・東間翠を演じられましたが、オファーが来た時や、初めて台本を読んだ時の感想はいかがでしたか?
とてもありがたいお話でしたが 、難しい役でしたので私にできるのだろうかとかなり悩みました。自分自身ホラーや血が苦手なところがあるので、現場は作品の雰囲気が漂い、やはり怖かったですが、三池監督のご指導により猟奇殺人犯・東間翠という恐ろしい存在に導いていただきました。

東間を演じる上でどのような点に特に注力されていましたか?三池監督とは役作りに関して何かお話をされましたでしょうか?
三池監督と事前に東間の人物像について色々とお話しさせていただきました。 決して許されない恐ろしい事件ですが実は彼女なりの愛や正義があるということ、そして、なぜ犯行に及びなぜ警察に見つかった時あのような行動に出たのかを深く考え挑みました。三池監督からは館のシーンでは、「誇り高く堂々といてください」という御言葉を頂きました。

冒頭、東間による衝撃的なシーンから始まりますが、実際に完成した作品をご覧になられていかがでしたでしょうか。
完成した作品を拝見して、本当に怖かったです。自分のシーンも恐ろしかったです。笑 でも、ラストはとても感動してしまいした。サイコスリラーというジャンルで正直最初は苦手意識もありましたが、完成を観て改めて、素晴らしい作品に関わらせていただいたのだと嬉しく思いました。

東間を演じた柚希様から見て、物語の最後、二宮が迎える結末はどのように見えましたでしょうか? 
二宮にとっては偶然から、人間の心を取り戻して、愛というものに触れて、愛を感じ大きな後悔を背負っていったのだろうと悲しくも感じますが、東間自身は、一人の母として、息子にもそういうものを感じさせたかった、と純粋な愛情を持っていたのには間違いないと思います。

まだご覧になられていない方に向けて、メッセージをお願いいたします。
こちらの作品に関わった日から完成するまで、どんな恐ろしい内容や映像になるのか、怖い怖いと思っておりました。しかし最後まで見た私はとても感動しておりました。ジャンルに苦手意識がある方もいらっしゃるかと思いますが、見終わる頃にはしっかり心を掴まれると思いますので、是非多くの方に届いたらいいなと思います。


医療関係者らしい白い服装ながら、乱れた髪や影のかかった暗い表情の東間は怪しげな雰囲気が漂っている。決して許されない凄惨な事件を起こした彼女の目的とは?そしてその事件が二宮に与えた影響とは?様々な登場人物の抱える溢れた愛が交差した末に辿り着く予想外のラストを、ぜひ劇場で目撃してほしい。


原作︓「怪物の木こり」倉井眉介(宝島社文庫)
製作・配給︓ワーナー・ブラザース映画
レイティング︓PG12
撮影期間︓2022 年 4 月
©2023「怪物の木こり」製作委員会
大ヒット公開中


関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ