FC2ブログ

記事一覧

新田真剣佑「実写×アニメ」初挑戦にアニメの難しさを痛感!!

【イベント】
俳優の新田真剣佑が 12 月9日、千葉・幕張メッセで開催中の『東京コミックコンベンション 2023』(通称:東京コミコン 2023)内で行われた ディズニー公式動画配信サービス「ディズニープラス」にて 20日から独占配信されるオリジナルシリーズ『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』のスペシャルプレゼンテーションに出席した。

本作は実写で描く現実世界と、アニメで描くドラゴンが住む異世界が描かれる、オリジナルファンタジー・アドベンチャー。新田は主人公の異世界からやって来たドラゴン乗りの少年(奥平大兼)が憧れるドラゴン乗りの英雄・アクタ役を演じており、実写で役を演じアニメでは声優を務めている。

実写とアニメと聞いた時にどう思ったか?

新田は「想像できなかったですね。どうなるんだろうと監督にも聞いて、『アニメがあってそこから飛び出してきました』って言われた」。「『飛び出してきたんだ!』しかもそのアニメのアクタの役にも声を入れるという初挑戦でした。」と、心境を明かしていた。

今回、初挑戦だったという新田は「現実世界では成立してもアニメでは成立しないんですよ。そこがめちゃくちゃ難しくて、声優さんのやっていることが素晴らしすぎて、本当に難しいんだなと思った」と戸惑ったことを明かす。

また異世界のオリジナル言語でのセリフについて新田は「めちゃくちゃ難しかったです。スペイン語も習っていたし、英語もしゃべられるんですけど、何の言語にも似ていない。そんなにセリフがなかったので助かりました」と、ニッコリ。安堵の表情で語っていた。


自身のヒーロー的存在、ヒーローは?

新田は「ヒーローですか…、ロキとか、ドクター・ストレンジとかですかね。裏(舞台裏)がすごいんですよ!ロキがいるしドクター・ストレンジはお寿司食べてるんですよ。後ろで(笑)『わっ!お寿司食べてるーー!!』すごいものを見させてもらいました。それだけで今回来た意味があるなと思いました。」と、驚きの声を上げ 舞台裏を暴露してきた。

このイベントには、主人公タイムを支える小さなドラゴン・ガフィンの声を担当した声優 武内駿輔と監督の萩原健太郎も共に登壇した。
(記事・写真 太田誠)


監督:萩原健太郎
アニメーション監督:大塚隆史
脚本:藤本匡太、大江崇允、川原杏奈
キャラクター原案・コンセプトアート:出水ぽすか
プロデューサー:山本晃久、伊藤整、涌田秀幸
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
アニメーション制作:ProductionI.G
出演:中島セナ、奥平大兼、エマニエル由人、新田真剣佑、津田健次郎、武内駿輔
ディズニープラス「スター」で2023年12月20日(水)より独占配信


『東京コミックコンベンション 2023 』(略称:東京コミコン 2023)
2023 年 12 月 8 日(金)11:00~20:00
9 日(土)10:00~20:00
10 日(日)10:00~18:00 ※開催時間は変更となる可能性があります。
会場: 幕張メッセ(〒261-0023 千葉県千葉市美浜区中瀬 2-1)1 ホール~4 ホール


関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ