FC2ブログ

記事一覧

『レザボア・ドッグス デジタルリマスター版』全6色のキャラクタービジュアル、あの無駄話シーンを解禁!!オダギリジョー 津田健次郎 阪元裕吾らのコメントも到着

【ニュース】
映画史を変えたとも言える伝説の冒頭シーンが解禁!さらに公開を祝し、オダギリジョー、津田健次郎、 阪元裕吾、テラシマユウカなど各界著名人からの絶賛コメントが到着した。
解禁されたのは映画冒頭 3 分間のシーン【https://youtu.be/AQnLHpI4-xcLA にあるダイナーの円卓に集った 6 人の犯罪プロフェッショナル。メンバーはベテランの Mr.ホワイト、出所したばかりのサイコ男・Mr.ブロンド、肝の座った泥棒・Mr.オレンジ、独特な信念を持った Mr.ピンク、無 口な Mr.ブルーに饒舌な Mr.ブラウン。メンバーは白シャツに黒のスーツ、ネクタイ、サングラスに身を包み、それぞれを本名ではなくブラウンやオレンジといった色の名前で呼び合う。只ならぬ雰囲気の中、銀行強盗計画でも始まるのかと思いきや、なんと展開されるのはマドンナの名曲「Like a Virgin」に関する各々の解釈論。「歌全部が巨根の暗示だ」と言い張る Mr.ブラウンに対して「いや、違う。傷つきやすい女の歌だ」と反論する Mr.ブロンド。約 7 分間に渡り不毛な会話シーンが展開される。

実はこのシーン、このあと怒涛の勢いで展開される物語の本筋とは全く関係が無いというのが驚き。しかし公開当時、この演出が極めて大胆かつ斬新だとして観客を驚愕させた。長回しの会話劇に対して突如始まる凄まじいアクション&バイオレンスシーンの緩急。これが今やタランティーノのトレードマークとなっているが、デビュー作『レザボア・ドッグス』にしてタランティーノ映画と謳われる 唯一無二のオリジナリティはこの時すでに完成されている。因みに、マドンナは「あの歌は巨根の話ではなく、純粋な愛の歌よ」というメッセージを書いたアルバムをタランティーノに贈ったと言われるエピソードも(Independennt 2022 Oc 7th の記事より)。映画史を変えた伝説のオープニングシーンを是非スクリーンで堪能してほしい。


30 年ぶりの劇場公開祝して各界著名人からのコメント、全 6 色のキャラクタービジュアルも到着!!

いまさら何も言う事はない。
今はただ、これをスクリーンで観られる幸せを喜ぶだけ。
オダギリジョー(俳優)

ある日突然映画に新しい言語が現れた。その衝撃。「レザボア・ドッグス」がデジタルリマスターで劇場で蘇る。タランティーノが放った最初の矢が時を超えて劇場で観られる。なんという幸福。
津田健次郎(声優・俳優)

「レザボア・ドッグス」を初めて見たのは中学 3 年生。思春期真っ只中のボクはわかりやすくハマり、高校生の時に入った演劇部で「高校生版レザボア・ドッグスもどき」のような脚本を書いて顧問や当時の部長に酷評されたという苦い思い出がある作品です。それ以来見る機会はなかったのですが久々に見返したらやっぱり大好きな作品! 映画に出てくる男と言えば、暴力と破滅!今の人が見てもは全くわけがわからん固有名詞ネタ会話劇も、逆にキャラクターの刹那性を高めてますね!ぜひ劇場で見てください!
阪元裕吾(映画監督)

無駄話に詰め込まれたロマンと、短時間に濃縮されたセンス。聞き飽きることのない好きな言葉の掛け合いに永遠と浸っていたいと願いながらも、既に完成されているタランティーノの"色"に、嫉妬した記憶さえある。初めて映画館で聴くオープニングの音の輪郭の気持ちよさに血が滾る気配がした。
テラシマユウカ(GANG PARADE)


さらに、Mr.ホワイト、Mr.ブロンド、Mr.オレンジ、Mr.ピンク、Mr.ブルー、Mr.ブラウン、6 名のそれぞれの色に染まったキャラクタービジュアルも解禁!!


監督・脚本: クエンティン・タランティーノ プロデューサー:ローレンス・ベンダー 製作総指揮:リチャード・N・グラッドスタイン、ロンナ・B・ウォーレス、モンテ・ヘルマン 共同プロデューサー:ハーヴェイ・カイテル 撮影監督:アンジェイ・セクラ 美術デザイン:デヴ ィッド・ワスコ 衣装デザイン:ベッツィ・ヘイマン 音楽監修:カリン・ラットマン 編集:サリー・メンケ 
出演:ハーヴェイ・カイテル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、クリストファー・ペン、スティーヴ・ブシェミ、ローレンス・ティアニー、カーク・バルツ、エディ・バンカー、クエンティン・タランティーノ
1992|アメリカ|99 分|スコープ|原題:RESERVOIR DOGS|字幕:齋藤敦子 キングレコード+ハピネット・メディアマーケティング共同提供|鈴正+フラッグ共同配給 PG-12
© 1991 Dog Eat Dog Productions, Inc. All Rights Reserved. 
2024 年 1 月 5 日(金)新宿ピカデリーほか全国公開
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ