FC2ブログ

記事一覧

亀梨和也「僕自身にとって大切な作品 怪物級に木こってほしい!」映画『怪物の木こり』公開後舞台あいさつ

【イベント】
公開後、SNS では「最後のエンドロールで鳥肌がブワーッと立ちました」「この手の作品を好む人程裏切られ、ラストは倫理について考えさせられる名作」「ヤバさよりもエモさを追い求めた泣けるドラマ」「とにかくラストまで目が離せない、サスペンスだけでない感動させる映画です」など、先読み不可能なストーリーでサスペンス映画に留まらない本作の展開と衝撃のラストに感動や驚愕の声が続々寄せられ、リピーターも続出!連日多くの感想や考察で盛り上がりを見せている。

そして 12 月 13 日に公開御礼の感謝を込めた最後の舞台あいさつを都内劇場にて実施し、亀梨和也、菜々緒、三池崇史監督がラスト登壇。舞台あいさつでは、皆様への感謝と共に公開後の反響や考察なども含めて『怪物の木こり』の魅力を語り尽くしました!また、もうすぐクリスマスということで、これまでキャスト&監督とプロモーション活動を共にしてきた怪物の木こりがサンタクロースになって登場!サンタクロースならぬ”木こりクロース“から登壇者へのサプライズプレゼントが贈られた。さらに、2023 年を「怪物級の〇〇」で振り返る場面もあった。


公開から約 2 週間が経った今でも、SNS では衝撃のラストに様々な考察が飛び交い大きな盛り上がりを見せる本作。今回がキャストと監督が登壇する最後の舞台挨拶ということで、どのようなことが語られるのか、満席の会場は期待と熱気に包まれていた。赤と緑が光るクリスマスカラーのペンライトを振る観客に迎えられ、亀梨和也、菜々緒、三池崇史監督が登場。


まず、三池監督が「何回か観ていただいている方も多いと思いますが、まだまだ続くのでこれからもよろしくお願いします」と先陣を切り、亀梨は「今日もお集まりいただきありがとうございます。楽しい会にしましょう!」と笑顔で挨拶し、菜々緒も「楽しい会にしましょう」と続けてコメントした。

会場にはすでに 6 回以上映画を観たというリピーターも!「木こってくる」というワードが拡散されていることについて触れた亀梨は、「昨日、僕の両親が観に行ってくれて、『なんて言っていいかわからないけどよかった!もう一回行ってくる!』とメッセージが来ました」と喜びを交えながらコメント。SNS に寄せられた感想コメントの中には、キャスト陣の演技が素晴らしいという声も。菜々緒は「私が演じた戸城と、吉岡さんが演じた映美が逆のバージョンを見たかった、というコメントがあって。確かに、映美は原作だと冷たくてぶっきらぼうで、私のイメージに合っているのかなと感じる部分もありました」と発見があったことを明かすと亀梨も、「菜々緒さんが映美だったらシーズン 2 が始まりそうだなと(笑)想像力を掻き立てられます」とコメント。

前回の舞台挨拶では、SNS でエゴサーチして感想をチェックしていることを明かした亀梨と菜々緒。MC から「結末を知ったうえで観ると哀しさが増す」、「ラストシーンの別バージョンがあるとしたらどんなパターンがあっただろう」、「菜々緒さんの心臓の音を拾ってしまったという裏話、確かにそうなる」、「7 回目は旦那さんと観ました」などといった SNS に寄せられたコメントが読み上げられ、菜々緒は「サイコパスやサスペンスというだけではなく、泣けるというのを打ち出していったらいいんじゃないか、という宣伝目線のコメントもありましたね」といい、さらに誰と一緒に観るのがおすすめかという話題になると、亀梨は「クリスマス近いからカップルで見ると良いんじゃないですかね。思わず『きゃっ!』といってしまいそうになるシーンもありますし、世の男性諸君、是非距離を縮めたい人と観に行ってみてください!」と世の男性の背中を押すコメントを、そして三池監督は「まだ観てない人全員を連れて行ってほしい。サイコパスっぽい人を連れていってみて反応をみるのも面白いかも(笑)」とコメントした。



続いて、次に三池監督の作品に出演するとしたら、どのような役柄を演じてみたいか問われた亀梨は「時代モノとか呼んでもらえるようになったら嬉しいです」と、サイコパス弁護士とはまた違った役柄を希望!これまで三池監督の作品で個性的な役を演じてきた菜々緒は「この前吉岡(里帆)さんのラジオに出演させていただいたときに、きゅるきゅるの役をやってほしいって(笑)私も次はそんな役をできたら」と回答。これに対し、三池監督は「個人的には 2 人で是枝監督が撮るような作品とかに出てほしいですね。カンヌでレッドカーペットを歩いてほしいな。僕個人としても目指せ是枝監督!という感じです(笑)」と冗談を挟みながらコメントすると亀梨も「それ監督が言います?(笑)」と撮影からプロモーションまで長きに渡って時間を共にしてきたからこその息のぴったりあった様子を見せた。

また、もうすぐクリスマスということで、クリスマスの過ごし方について話題が及ぶと、亀梨は一ヵ月前からツリーを用意したり、家で食事する際もクリスマスのような音楽を流しているなどと準備万端だという。「当日は忙しいからどうなんでしょう。チキンは食べたいと思っています。ゆとりがあったら街を散歩して空気感を味わいたい!」とウキウキした様子でコメントし、菜々緒が「私はあたたかいところに逃げたいと思います」と言うと亀梨が「海外に行くの?菜々緒ちゃんはいつでも夏だから、海と温泉を求めて・・・。素晴らしいよ!」とここでも仲の良い掛け合いを見せた。

シッチェス国際映画祭への参加やジャパンプレミアなど、怒涛のプロモーションで過ごした 2023 年。年末を迎える今、映画にちなみ、「怪物級」という言葉で一年を振り返ってもらうと、菜々緒「私にとって『怪物級に』成長できた一年でした。断捨離をしたり、仕事とプライベートのバランスをとっていったり、自分自身の一つの大きな括りとして怪物級に成長できたと感じています。来年に向けてさらに成長できるように頑張りたい」と意気込みを語り、亀梨は「僕は『怪物級に』様々な顔をもてた一年でした。映像作品だけでも4つ出演し、プロモーションやライブ、Instagram や YouTube を始めたりしましたね。これから来年に向けて整えていけたらと思います」と、本編のサイコパス弁護士という役柄さながらに様々な顔をもち飛躍の一年となった。



改めて、本作が自身にとってどのような作品になったか問われると、菜々緒は「私自身が成長できて、新たなキャラクターに挑戦できたのは有難く、また三池組に呼んでいただけるよう、幅を広げられるよう精進したい」と自身のキャリアの中でも大きな転機となったそうで、亀梨も「シッチェスに行ったり、まだ経験していない感覚や景色が欲として湧き出てきて、僕自身も映画という場所で活躍したいと改めて自分と向き合えた時間でした」と振り返り、映画というエンターテイメントの素晴らしさについて言及した。



ここで、プロモーションを共にした亀梨と菜々緒に感謝を伝えたいと、サンタクロースの装いで花束のプレゼントを持った怪物の木こりがサプライズ登場! 三池監督から 2 人に花束が贈られ、「今日が最後の舞台挨拶ということで、1年前から撮影してやっと出来上がり、その後のプロモーションも、ものすごい勢いでやっていただいたので。スタッフ一同から感謝を込めて」と、それぞれ難役に挑んだ 2 人を労った。

監督からの言葉を受け亀梨は「本当に楽しかったです。公開されてからも色んな現場で声をかけてもらえて、三池監督の人柄を通して、素敵な出会いをいただきました」と感謝を伝え、菜々緒は「緊張したり、大変な撮影もありましたが、いつも和やかに楽しい空気感を作ってくださるお 2 人のお陰で乗り越えられました。ありがとうございました」と感無量。

最後に代表して亀梨は、「僕自身にとっても大切な作品になりました。こうして無事にみなさんに届けられて、たくさんの人と繋がることができました。これからも上映が続きますので、みなさんと共に育ってくれたら嬉しいです。怪物級に木こってくれたらと!」と、最後まで座長らしく、観客とスタッフに感謝の思いを語りイベントは終了した。
(オフィシャルレポート)


亀梨和也
菜々緒 吉岡里帆
柚希礼音 みのすけ 堀部圭亮 渋川清彦
染谷将太 中村獅童
原作:倉井眉介「怪物の木こり」(宝島社文庫)
監督:三池崇史 脚本:小岩井宏悦 
音楽:遠藤浩二
主題歌:SEKAI NO OWARI「深海魚」(ユニバーサル ミュージック)
監督:三池崇史
脚本:小岩井宏悦
音楽:遠藤浩二
出演:亀梨和也、菜々緒、吉岡里帆、柚希礼音、みのすけ、堀部圭亮、渋川清彦、染谷将太、中村獅童
製作・配給:ワーナー・ブラザース映画
撮影期間:2022 年 4 月
©2023「怪物の木こり」製作委員会
公式サイト:http://kaibutsunokikori.jp
映倫区分:PG12
大ヒット上映中

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ