FC2ブログ

記事一覧

白石和彌監督、脚本の髙橋泉、エグゼクティブプロデューサーの白倉伸一郎が登壇『仮面ライダーBLACK SUN』Blu-ray発売記念イベント開催

【ニュース】
去る 12 月 2 日(土)に立川シネマシティ シネマ・ツーにて『仮面ライダーBLACK SUN』Blu-ray 発売を記念し、全 10 話をオールナイトで上映する一挙見上映イベントが開催された。上映前には白石和彌監督、脚本の髙橋泉氏、エグゼクティブ・プロデューサーの白倉伸一郎氏らスタッフによるスペシャルトークも行われ、オフィシャルレポートがが到着した。

白石監督が登板された経緯をお聞かせください。

白倉●『仮面ライダーBLACK』は南光太郎と秋月信彦という二人の男の物語です。そして白石監督とは『凶悪』(2013)の時に日活のプロデューサーの紹介でお会いしたのですが、あまりの映像の凄さに東映の連中も衝撃を受けたんですよ。そこで東映でも『孤狼の血』(2018)という映画を撮っていただきましたが、これも凄い映画で、バトルを含めた人間ドラマをここまで描ける監督は他にはいないと思いました。そこで「可能であれば検討してください」とオファーしたんです。

白石●『仮面ライダー』というビッグタイトルの周年企画を任せていただけて有難かったし、嬉しかったです。そこで相棒である髙橋さんに「一緒に並走してほしい」という思いでお願いしました。
髙橋●白石さんが撮る仮面ライダーと聞いて「観たい」より「書きたい」という思いになり、他作品のスケジュールを調整して何とか参加させていただきました。

白倉●監督は TV 版『BLACK』はご存じなかったのですが、この作品のために全話を見てくださったんですよ。まさかビルゲニアやクジラ怪人について熱く語ってくださるとは思いませんでした(笑)。髙橋さんも『BLACK』をご覧になった上で、クジラやビルゲニアを拾ったんですか?
髙橋●もちろん DVD で観ました。そしてクジラとビルゲニアについては監督と何度も話し合ったんですよ。オリジナル版の設定を活かしつつ、面白いキャラクターにできたと思っています。

お二人にとって初めてのヒーロー作品となりますが、本作で意識された事は何でしょう。

白石●白倉さんは「仮面ライダーである事は気にしなくて良い」と仰いました。でもオリジナルの『BLACK』が面白かった事もあり、僕はなるべく逸脱しないよう心掛けました。ちゃんと「変身」という言葉も使いましたからね。何人
ものスタッフに「変身って言うんですか?」と驚かれましたが(笑)。

白倉●現場で西島(秀俊)さんが「変身ポーズはやりますか?」と訊いた時、監督が「やります!」とハッキリ答えた時は周りが驚いていましたね。僕もビックリしました(笑)。
白石●むしろ西島さんから言われたんですよ。「何でもやりますけど、変身ポーズは絶対にやらせてください」って(笑)。

髙橋さんが本作で意識された事は何でしょう。
髙橋●もとの『BLACK』でも社会問題や環境問題をテーマにしたり、人間は守るべき存在なのか?という話もあったじゃないですか。それを今の時代にどう合わせるかを考えました。そんな何かを訴えようとする精神は受け継ぐべきだと考え、ただ戦う格好良いだけの作品にならないよう監督と話し合いました。

『BLACK SUN』配信から1年が経過しましたが、このように一挙上映イベントにお客さんが集まるほどの根強い人気を得ております。これについてコメントをお願いします。

白石●それは僕らがどうこうではなく、『仮面ライダー』を作り続けてきたクリエイター、作家、出演俳優、そして応援してくれたファンが積み上げてきた歴史に他なりません。つい先日も他作品の現場で BLACK SUN フィギュアの箱を持った人にサインを求められたんですよ。普通の作品にはない『仮面ライダー』ならではの「重さ」を感じました。この作品に関われた事には感謝しかないですし、『仮面ライダー』の歴史に自分も入れた事は誇りに思います。

髙橋●この作品は「中毒性」があると思うんですよ。本来なら表現を控える部分にモザイクをかけていない。普段、我々が直面している悩みや苦しみをボカさずに描いた事が、この会場に多くの方が足を運んでくださった事に繋がったのだと思います。

白倉●この作品は冒頭に「50 周年記念作品」というテロップが出るんですよ。そんな「荷物」を背負った白石監督は、スタッフに対し「これは 50 周年作品だ。50 年後の 100 周年に観ても恥ずかしくない作品を作ろう」と宣言したんです。 50 年後のお客さんやスタッフまで考慮した発言は初めてで、「これは凄い作品が出来るぞ!」と身震いしました。

現場で印象的だった事はありますか?

白石●色々な事を覚えていますが、特に印象的だったのは、和泉葵という少女を通して物語が進んでいくので、その娘をどう描くかを髙橋さんと何度も話し合いました。役を演じてくれた平澤宏々路さんとの出会いに感謝です。彼女がいなければこの作品は成立しなかったと思います。彼女がどうなったかが、この物語のターニングポイントになっていますからね。本当にすごい俳優だと思いました。


最後にメッセージをお願いします。

白倉●『仮面ライダーBLACK』は私が東映に入る前の作品です。この作品に憧れて東映に入ったわけではありませんが、自分の入社のきっかけになったかも知れない作品です。僕にとっても偉大な作品ですし、多くの方に支持された作品ゆえ今回のようなリブート企画が立ち上がりました。しかし人気作品のリブートは覚悟が必要で、それほどイージーな仕事ではありません。でも白石監督と髙橋さんは素晴らしい作品を作ってくださいました。「大人向け仮面ライダー」という戦略やビジネス的な事とは関係なく、自分の生涯に残る作品だと思っています。

髙橋●純粋にエンタメとして楽しめる作品として作ったので、肩の力を抜いて観てください。

白石●配信から1年経ってもお客さんが来てくれた事は僕らにとって励みになります。配信を 10 回以上観てくださった方もいて、本当に作って良かったと思います。僕にとってもターニングポイントとなった作品で、今後の作品作りでも一つの基準となりました。それは内容だけではありません。色々なスタッフと作った事は良い経験になりました。この作品が皆様の心に長く引っかかってくれれば嬉しいです。
(オフィシャルレポート)



「仮面ライダーBLACK SUN」Blu-ray 好評発売中 22,000 円(税込)

映像特典として、ここでしか観られない舞台裏に密着した超貴重なメイキング映像(全 75 分)を収録!
メイキングの PR 映像【https://youtu.be/iVDYw2jDJ6I

【キャスト】
西島秀俊 中村倫也
三浦貴大 平澤宏々路 黒田大輔 芋生悠 プリティ太田 今野浩喜 /尾美としのり ルー大柴/中村蒼 濱田岳
音尾琢真 吉田羊 中村梅雀
【スタッフ】
原作:石ノ森章太郎
監督:白石和彌 脚本:髙橋 泉 音楽:松隈ケンタ 美術監督:今村 力 コンセプトビジュアル:樋口真嗣
特撮監督:田口清隆 造型:藤原カクセイ キャラクターデザイン:小林大祐 制作プロダクション:角川大映スタジオ
製作:東映株式会社「仮面ライダーBLACK SUN」PROJECT
(C)石森プロ・東映 (C)「仮面ライダーBLACK SUN」PROJECT
【視聴制限】※18 歳以上がご覧になれます。
【商品紹介HP】

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ