FC2ブログ

記事一覧

映画『僕らの世界が交わるまで』予告編にて母親エヴリンのナレーションを担当した大塚寧々インタビュー映像を公開

【ニュース】
大切なのは“相手を尊重すること”
エヴリンの抱える伝わらないもどかしさに共感
ジェシー・アイゼンバーグ初監督作品『僕らの世界が交わるまで』予告編で母親エヴリンのナレーションを担当した大塚寧々のインタビュー映像が公開された。

2022 年サンダンス映画祭でのワールドプレミア上映を経て、第 75 回カンヌ国際映画祭批評家週間のオープニング作品に選出された本作は、『ソーシャル・ネットワーク』(10)でアカデミー賞Ⓡ主演男優賞にノミネートされた経歴を持つ俳優、ジェシー・アイゼンバーグの初長編監督作品。製作は、『ラ・ラ・ランド』(16)でアカデミー賞Ⓡ主演女優賞を獲得したエマ・ストーンが、夫であるデイヴ・マッカリーと共に設立した映画/TV 制作会社「フルート・ツリー」。本作が初製作映画となる。さらに、『ムーンライト』(16)『ミッドサマー』(19)などを世に送りだし、映画ファンから絶大な人気を誇り、オスカー常連となっている映画会社「A24」も製作・北米配給を手掛ける本作は、珠玉のヒューマンドラマである。

伝わらないもどかしさに共感…!大塚寧々が語る、家族や子供とのかかわり方本作で描かれるのは、母エヴリンと息子ジギーの関係性。DV シェルターを運営し社会奉仕に身を捧げる母と、2 万人のフォロワーを抱え、稼ぐことに一生懸命なオンラインミュージシャンの息子。正反対の 2 人はお互いのことを分かり合えずに、すれ違い、ぶつかり合う──。

大塚は先日解禁となった予告編で、母親エヴリンの心情をナレーション。インタビュー映像が公開【culture-pub.jp/bokuranosekai/】本作の感想を聞かれると、母と息子のすれ違いの切なさに言及しつつ、「家族っていいなと思いました」とコメント。

次に、劇中のエヴリンがお金を稼ぐことばかり考えているジギーに落胆していることから、もしご自身のお子さんにも同じような感情を抱いたらどうするか、という問いには、難しいと悩む様子を見せつつ「子どもも成長していくけれども親も成長させてもらっている」と話し、すれ違ってしまったときには、お互い落ち着く時間をもうけること、相手のことを尊重し干渉しすぎないことが大切ではないかと語った。

そんな大塚も、エヴリンに共感する面もあったそうで、「いくつになっても子どもは子どもだし、親から見るともっとこういうふうにした方がとかあるけれども、うまく伝わらないことのもどかしさはすごく気持ちがわかるなと思いました」と親の想いが伝わらないもどかしさを語ってくれた。

本作で描かれる母と息子の“ギャップ”になぞらえて、お子さんとジェネレーションギャップを感じることがあるか尋ねると、お子さんがレコードで音楽を聴いたり、フィルムカメラで写真を撮るという“逆ジェネレーションギャップ”エピソードを披露した。

最後に本作について、「家族であってもこうあってほしい、というようには動いてくれない。そのもどかしさと、切なさとかそういうものがすごく伝わってきて、ああそうだよね!と、もどかしい思いが伝わってきます。そういう寂しさがあるからこそ、誰かを大切にしたいという気持ちになれる映画だと思いました」とアピールした。



監督・脚本:ジェシー・アイゼンバーグ
製作:エマ・ストーン、デイヴ・マッカリー、アリ・ハーティング 北米配給&製作:A24
出演:ジュリアン・ムーア、フィン・ウォルフハード、アリーシャ・ボー、ジェイ・O・サンダース、ビリー・ブリック、エレオノール・ヘンドリックス 他
提供:カルチュア・エンタテインメント 
配給:カルチュア・パブリッシャーズ
© 2022 SAVING THE WORLD LLC. All Rights Reserved.
2024 年 1 月 19 日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ