FC2ブログ

記事一覧

綾辻行人の傑作ミステリー小説 『十角館の殺人』を実写映像化! Huluで2024年3月22日独占配信

©綾辻行人/講談社 ©NTV

【ニュース】
ミステリー界の巨匠・綾辻行人(あやつじゆきと)。ミステリー文学の発展に寄与した作家や評論家に贈られる 『日本ミステリー文学大賞』を2019年に受賞、1992年には『日本推理作家協会賞』を受賞した、日本を代表するミ ステリー作家です。そんな綾辻行人の代表作として世界中のミステリーファンを熱狂させ続けている、全世界シリーズ累 計670万部の大ベストセラー「館」シリーズ。1987年のデビューから今もなお書き続けられている本シリーズは、『十角館の殺人』から『奇面館の殺人』まで9つの長編推理小説からなる壮大なストーリーで綴られ、現在はシリーズ10作 目となる『双子館の殺人』が連載中。世界中のミステリーファンに大きな影響を与え続けており、第1作の誕生から36 年間、現代本格ミステリーを牽引し続けている。そんな「館」シリーズの記念すべき第1作目にして、綾辻行人史上最高傑作の呼び声高い作家デビュー作『十角館の殺人』(講談社文庫)の待望の実写映像化が決定! 2024年3月22日(金)からHuluで独占配信する。

緻密かつ巧妙な叙述トリックで読者をその世界に引き込みながらも、たった1行で事件の真相を描くという大胆な 手法でミステリー界に衝撃を与えた名著『十角館の殺人』。その特異性から、長年映像化は不可能と言われ続けてきた。そして、今なお色あせることのない本作の功績が讃えられ、2023年10月に発表されたタイム誌が選ぶ【史上最高のミステリー&スリラー本】オールタイム・ベスト100に選出され、ドストエフスキー『罪と罰』、アーサー・コ ナン・ドイル『バスカヴィル家の犬』、スティーヴン・キング『シャイニング』、トマス・ハリス『羊たちの沈黙』など世界の名だた る作家そして名著と肩を並べる快挙を成し遂げた。


物語の舞台は1986年、十角形の奇妙な外観を持つ館“十角館”が存在する角島(つのじま)。この館を建てた 天才建築家・中村青司(なかむら・せいじ)は、焼け落ちた本館・青屋敷で謎の死を遂げていた。半年後、無人島 と化していた角島に、大学ミステリ研究会の男女7人が合宿で訪れる。その頃、海を隔てた本土では、かつてミス研メンバーだった江南孝明(かわみなみ・たかあき)のもとに死んだはずの中村青司から1通の手紙が届く。<十角館に滞在するミス研メンバー>と<死者からの手紙>。「偶然とは思えない」―。江南は調査を進めるなか、島田潔(し まだ・きよし)という男と出会い、行動を共にしていく。 一方“十角館”では、ミス研の1人が何者かに殺害される。「犯人は一体誰だ?」疑心暗鬼に陥り、互いに仲間を疑 いはじめるメンバーたち...孤島である角島から出ることができるのは、1週間後。2つの物語から起こる想像を超えた 衝撃の結末とは。

映像化不可能と叫ばれ続けた『十角館の殺人』の映像化に挑むべく、日本が誇る精鋭制作陣が集結。監督は、映画『ラストサムライ』(03)や『SAYURI』(05)に参加しハリウッドで演出を学び、TVドラマ「天使が消えていく」(10)は 日本映画テレビ技術協会『映像技術賞(照明)』、『映像技術奨励賞(音声)』を受賞、代表作にWOWOW連続ド ラマW「石の繭」(15)、「孤高のメス」(19)、「邪神の天秤」(22)をはじめ、「シグナル」、「安楽椅子探偵、登場」、 「相棒」など、ハリウッド仕込みの映像演出で緊張感のある作風を得意とする内片輝(うちかたあきら)。以前から 親交のあった綾辻行人へ、『十角館の殺人』の映像化を打診したという内片監督は、20年間夢見たという映像化プ ロジェクトの実現をついに果たしました。脚本は、1999年にドラマスペシャル「教習所物語」で脚本家デビュー。「半沢直樹」(14)で、『東京ドラマアウォード2014連続ドラマグランプリ』を受賞し、「家政夫のミタゾノ」(16)、など、大胆な構成力とエンターテインメント性をベースにした重厚な人間ドラマだけでなく、笑って、泣ける人情ドラマを手掛けてきた、 現在の日本ドラマ界を代表する八津弘幸(やつひろゆき)が手掛ける。

そして、実写映像化の解禁と併せて、ティザービジュアルと超特報映像も解禁となりました!天才建築家・中村青司 が設計した正十角形の間取りが特徴的な館で、原作本にも登場する『十角館の平面図』をメインに据えたビジュアルが完成。 
超特報映像【https://youtu.be/hkeB7orwAkg】には、映像化不可能と言われ続けた本作に対する綾辻行人の「どうやって実写化するの?できるの?」というコメントが添えられ、死んだはずの中村青司からの「お前たちが殺した千織は、私の娘だった」という謎に満ちた手紙、原作のイメージそのままに実写としてその姿を現す十角館の館内、そして角島にやってきたミス研メンバー の姿が映し出されており、ラストに待ち受ける“あの1行”の衝撃を、どう映像化するのか、期待が高まる仕上がりとなっている。



©綾辻行人/講談社

原作:綾辻行人コメント

内片輝監督から『十角館の殺人』を実写化したいと言われた時の感想。
どうやって実写化するの? できるの? という疑念を、やはりまず抱かざるをえませんでした。ただ、内片監督はかつて、非常にマニアックかつアクロバティックな犯人当てドラマ「安楽椅子探偵」シリーズ(有栖川有栖さんと綾辻の共同原作による深夜枠のTVドラマ)を計7作、撮ってくれた人です。その内片さんが「やりたい」と云うのだから、何か彼なりの (実写化のための)アイディアがあるのだろうな、とは思いました。

1987年9月から36年の時を経て、今この時代に映像化されることについての感想。
現在も「館」シリーズを書き 続けている綾辻行人さんにとって、デビュー作でもある『十角館の殺人』の存在について。 「映像化不可能」と云われつづけてきた小説です。アニメならまだしも、実写ではとうてい無理だろう、と僕自身も考えて いたので、今になって本気でそれにチャレンジしようという企画が成立してしまったのは驚きでした。36年前のデビュー作が時代・世代を超えて今なお多くの人に読まれつづけている、というのは本当に幸せなことです。そんな未来など微塵も想像せずに書いた『十角館』でしたが、ここまで来ると「偉いねえ、きみ」と讃えてあげたい気分です。

先日発表された、タイム誌が選ぶ【史上最高のミステリー&スリラー本】オールタイム・ベスト100に『十角館の殺人』が選出された際のお気持ち。また、本作のどういった部分が選ばれたポイントについて。 
ひたすら嬉しく、夢のように感じました。『十角館』よりも優れた本邦のミステリーはいくらでもあるので、何だか申しわけないような気も。ただ、この作品が結果として、当時の日本のミステリーシーンに画期的な変化をもたらすきっかけになったことは確かなので、選出にあたってはおそらく、そういった歴史的な位置づけも相応に勘案されたのだろうと想像します。

実写化を楽しみにしているファンの皆さまへのメッセージ。
原作をすでに読んでおられる人にとっては、気になるのはやはり、「映像化不可能」であるはずのメインの仕掛けをどうやって「可能」にしているか、という点でしょうから、まずはその興味でご覧ください。ですが、その試みが成功しているか否か については、原作を読まずに観た人の感想を伺うしかないわけです。そのあたり、なかなか向き合い方がむずかしい作品かもしれませんね。ともあれ、内片監督渾身の作であることは間違いないはずです。どんな仕上がりになるのか、僕も大いに楽しみにしています。


監督:内片輝コメント

原作に出会ったきっかけと、読まれた時の印象、そして映像化したいという思いに至った原点について。
長いお付き合いの綾辻さんの代表作『十角館の殺人』。いつかは自分の手で、と思い続けていました。 とはいえ簡単に映像化できる作品ではありません。自分自身の演出家としての成長が必要不可欠。結果、20年間も の月日が必要でした......。感慨深いです。

映像化不可能と言われてきた『十角館の殺人』ですが、実写化に向けて意識したことについて。
「“あの1行”」に至るまでをいかにして映像で伝えるか、の部分。

実写化について、綾辻先生とはどのような話をされたか。また、印象に残っていることについて。「傑作にしてください」の言葉がズシリと。

実写化を楽しみにしているファンの皆さまへのメッセージ。
鳥肌が立ちます。一気に観たくなります。必ず2回目も観たくなります。楽しみにしていてください!

脚本:八津弘幸コメント

原作『十角館の殺人』を最初に読まれた時の感想。
さすが本格ミステリーの代名詞とも言える作品で、それぞれのキャラクターの心理描写にすっかり引き込まれました。もちろん最後の展開にも驚かされましたが、それ以上に、この作品には綾辻先生の本格ミステリーに対する愛情が至る所に感じられ、それがじつはこの作品の一番の魅力であり、多くのミステリファンに長く愛される理由なのだと思いました。

連続ドラマにするにあたり、脚本上で意識したことについて。
島と本土という2つの舞台、十角館で起きているリアルタイムの事件と、過去の青屋敷の事件、この二つの要素を、できるだけスムーズな流れで見られるように、構成や、登場人物の感情を精査しました。特に江南と島田は、キャラクター、 役割をより明確化して、このドラマを牽引する推進力となるように、原作をより膨らませました。

実写化を楽しみにしているファンの皆さまへのメッセージ。
この作品の映像化がいかに難しいかはファンの皆さんが誰よりもわかっていることと思います。そのチャレンジがうまくいったかどうか、ぜひ皆さんの目で確かめて頂きたいのと同時に、それ以外にも、クセのある登場人物たちや、十角館の異様 なビジュアルなど、本格ミステリーならではのこの作品の魅力を存分に味わって頂けたらと思います。


日本のミステリー界を変え、今なお多くの作家へも影響を与え続けている『十角館の殺人』。そのクオリティは海を渡り世界中を驚かせ、名だたる作家、名著と並び評されています。そして新たに、実写映像化となって再び日本、そして世界を驚かせます。2024年、Hulu独占配信となる「十角館の殺人」にぜひご注目ください。



原作:綾辻行人『十角館の殺人』(講談社文庫) 監督:内片輝
脚本:八津弘幸 早野円 藤井香織 音楽:富貴晴美
プロデューサー:内片輝 内丸摂子 木下俊 / 中村圭吾 渋谷昌彦 チーフプロデューサー:石尾純 勝江正隆 エグゼクティブプロデューサー: 川邊昭宏 長澤一史 制作:下村忠文
制作協力:内片輝事務所 東阪企画 いまじん 製作著作:日本テレビ 
©綾辻行人/講談社  ©NTV
公式 X : @jukkakukan
「十角館の殺人」Hulu 配信ページ:https://www.hulu.jp/jukkakukannosatsujin
2024 年3月22日(金)から Hulu で独占配信

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ