FC2ブログ

記事一覧

映画『ペナルティループ』それは、何度でも復讐できるプログラム。 2024年3月22日公開

【ニュース】
『人数の街』(20)が国内外で称賛を浴びた荒木伸二監督と、 『街の上で』(21)以来、2度目の主演を果たす若葉竜也がタッグを組んだ本作。最愛の恋人である唯を素性不明の男・溝口に殺された岩森淳は大きな喪失感を抱えながら、自らの手で犯人に復讐することを決意。綿密な計画を立て、完璧に実行したはずだったが、岩森が翌朝目覚めると、周囲の様子は昨日のまま。確かに殺したはずの溝口も生きている。そう、時間が昨日に戻っているのだ。困惑しながらも復讐を繰り返す岩森だが、何度殺しても翌朝は来ず、その度に恋人の敵を討ち続けることになる。昨日殺した敵を、今日もまた殺す。自らが選んだはずの復讐のループは否応なく繰り返され、先の読めない展開が待ち受ける異色作。何度でも復讐できるプログラム=「ペナルティループ」の果てには何があるのか——?

主人公の青年・岩森を演じるのは今年『愛にイナズマ』『市子』と話題作への出演が相次ぐ若き名優・若葉竜也。繰り返し復讐される敵・溝口役に伊勢谷友介、岩森の恋人・唯役に山下リオ、謎の男役にジン・デヨンといった個性派キャストが結集。従来のタイムループ映画と一線も二線も画す突然変異にして唯一無二の異色作が誕生した。

解禁された特報【https://youtu.be/4_L5kVCEpIQ】は「6 月 6 日、月曜日。晴れ。今日の花はアイリス。花言葉は、希望」という時計の声と不穏な音楽にのせて、岩森と唯の幸せな日常が一変する様から始まる。恋人を殺された岩森が強い復讐心で犯人・溝口を何度も殺し、繰り返されるループに発狂する様を映し出し、異質な世界観が伝わってくる映像に仕上がっている。


ポスターでは「このループに☑ 同意します □同意しません」というコピーが配置されたデザインで、工場のなかで返り血を浴びた何人もの岩森が立ち尽くす印象的なビジュアル。さらにメイン写真は何度もループする世界で目を覚ました主人公の姿をとらえた1枚となっている。


【ストーリー】
「おはようございます。6月6日、月曜日。晴れ。今日の花はアイリス。花言葉は” 希望”です」——岩森淳が朝6時に目覚めると、時計からいつもの声が聞こえてくる。岩森は身支度をして家を出て、最愛の恋人・砂原唯を殺めた溝口登を殺害し、疲労困憊で眠りにつく。翌朝目覚めると周囲の様子は昨日のままで、溝口もなぜか生きている。そしてまた今日も、岩森は復讐を繰り返していく。


脚本・監督:荒木伸二
出演:若葉竜也、伊勢谷友介、山下リオ、ジン・デヨン
配給:キノフィルムズ 製作:木下グループ 映倫:PG12 上映時間:99分
公式サイト:https://penalty-loop.jp 公式Twitter(@PenaltyLoopfilm):https://twitter.com/PenaltyLoopfilm © 2023『ペナルティループ』FILM PARTNERS
2024 年 3 年 22 日(金)公開
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ