FC2ブログ

記事一覧

杉咲花主演 映画『52ヘルツのクジラたち』予告編解禁!西野七瀬が母親役に!ほか追加キャストも

【ニュース】
解禁された本ポスターは、東京から海辺の街に移り住んだ杉咲花演じる貴瑚の自宅の広い 海を望む象徴的なテラスで、貴瑚を中心に志尊淳演じる安吾と桑名桃李演じる少年が3人で静かにたたずみ群れている、海中を思わせるような幻想的な青が印象的な美しいビジュアルとなっている。本ビジュアルの写真を撮影したのは、気鋭の若手写真家・八木咲。
海と空の境で、穏やかな表情を浮かべる 3人。貴瑚と少年は1つのMP4から 流れる音を、イヤフォンを共有し聞いており、安吾は貴瑚を優しく見つめ、貴瑚 は安吾の方を見ているが、目線は交わしていないー。彼らの3人の関係性が意味することは?

そこにおかれたコピー「その声は、あなたに届く。」の<あなた>とは?貴瑚は、安吾は、少年は、何を想い、どんな声を発し、聴こうとしているのだろうか――。本屋大賞受賞 魂が涙する傑作ベストセラー小説 待望の実写化の全容への期待が高まる。

本予告【https://youtu.be/Z2ibBQcZGIIは、海中で鳴くクジラの声から始まる。「これは、クジラの声?」と尋ねる貴瑚の問いに、「この〈52 ヘルツのクジラ〉の鳴き声は、他のクジラたちには聴こえない。世界で一番孤独なクジラって言われてるんだ」と答える安吾。映し出される映像は、岬に立つ貴瑚、見つめる先には、髪の長い少年の後ろ姿。続いて、虐待を受けながらもヤングケアラーとして家族を支える貴瑚の過酷な日常と、虐待の跡を持ち「ムシ」 と呼ばれる少年の悲しみがオーバーラップしていく。痛々しい傷を抱え、ふらふらと道路へ歩き出す貴瑚を間一髪救い出したのは、安吾。「何で死のうとしたの?」と問う安吾に、「お母さんが、お父さんじゃなくて私が死ね って、お前が死ねって、だから私死のうと・・・」と、尋常でない様子で応える貴瑚を思わず抱きとめたのは、貴 瑚の高校時代からの親友牧岡美晴。安吾は優しい笑顔で「三島さん、新しい人生を生きてみようよ」と語り掛け、貴瑚は「生きたい・・!」と堰を切ったように泣き出す。

転調して流れ出す切なくも明るい主題歌に乗せ、「もう貴瑚さんを自由にしてあげてください」と貴瑚の母に、柔らかい言葉で、でもキッパリと決別を告げる安吾。貴瑚に笑顔が戻る。「人はきっと生まれ変われる。切ない痛みの先で人はもっと優しくなれる。」というナレーションの間に差し込まれるのは貴瑚を優しく抱きしめる宮沢氷魚演じる上司の新名主税の姿と、涙を零す安吾の横顔。切ない表情で貴瑚に「僕は、キナコの幸せを祈ってる」と告げる安吾。
「その声はきっと届く」希望につながる力強いメッセージを受け、「私、覚悟を決めたんだよ。聞かせてよ。あんたの声を。私が守るから」と、少年を守る決意に満ちた貴瑚の顔には、かつての弱々しい面影はない。


本作で主題歌を担当したのは、若い世代を中心に圧倒的人気を博す Saucy Dog。本作のために書き下ろした主題歌のタイトルは「この長い旅の中で」。予告編のクライマックスに流れる「心が軋む音がしたら、クジラの声さ 君に届くか、ほんの少し信じてみたい この長い旅の中で 」という歌詞だけでも胸が熱くなる。

主題歌担当:Saucy Dog 石原慎也(Vo/Gt)コメント

僕自身、心から信頼する事がどうも苦手で「どうせ裏切られるかもしれない」「本来の自分を見てくれる人はいるのか?」と思いながらややこしく生きているんですが、そんな自分を 1 人の人間として見てくれる人が実は沢山いて、ちゃんと怒ってくれたり、心配してくれたり。そんな人を「信頼したい」という思いから作りました。最後のサビの「例えば君がペテン師でも君を信じて後悔したい」というのはそこから来ている僕の感情そのものです。


追加キャストも解禁!貴瑚の家の修理を手掛け友人となった村中真帆(むらなか・まほろ)に金子大地、「ムシ」と呼ばれる少年の母 品城琴美(しなぎ・ことみ)役に西野七瀬、貴瑚の母親 三島由紀(みしま・ゆき)役に真飛聖、少年を可愛がっていた元隣人の藤江(ふじえ)役に池谷のぶえ と、実力派が脇を固める。

原作:町田そのこ「52ヘルツのクジラたち」(中央公論新社)

主演:杉咲花/監督:成島出

©2024「52ヘルツのクジラたち」製作委員会
配給:ギャガ
2024 年 3 月 1 日(金) TOHO シネマズ 日比谷他全国ロードショー

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ