FC2ブログ

記事一覧

『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』津田健次郎&武内駿輔が『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』の魅力を語るインタビューが到着

【ニュース】
『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』より、ドラゴンと悪役 キーキャラクターを演じるのはドラマにバラエティ、それぞれマルチな活躍を見せる声優の津田健次郎&武内駿輔が「ワンダーハッチ」の魅力を語るスペシャルインタビューが公開された。

ウーパナンタの世界でタイムたちの前に立ちはだかる“ジャイロ”を演じた声優・津田健次郎、そして、主人公・タイムの相棒であるドラゴン“ガフィン”を演じた声優・武内駿輔の2人が語る魅力とは?

ウーパナンタの世界でタイムたちの前に立ちはだかる最恐にして最悪の存在・ジャイロを演じているのが、声優としてアニメ「呪術廻戦」や「チェンソーマン」、映画「スター・ウォーズ」シリーズではカイロ・レン役など洋画吹き替えもこなし、さらにナレーションまで担当している津田健次郎。ドラマや映画で俳優としても活動し、まさに自身で〈実写〉と〈アニメ〉2つの世界で活躍の幅を広げている。先日放送された TBS「情熱大陸」の放送後も「声が死ぬほど良い やっぱ最高の役者さんですね!ますます好きになりました!」「ええ声過ぎて最初内容入ってこやんかった、、、、、(本末転倒)」とファンの反響も大きかった今、最新作の配信となる


津田は「キャラクター的にも“ジャイロ”という役は、素顔を隠す不気味さとミステリアスをあわせもつキャラクーで、主人公たちの敵として出てきますが、圧倒的な強さがビジュアルからも出ていて、表情が読めない感じとかも非常に不気味で、悪として、敵としてのかっこよさが溢れたキャラクターになっています。」と数々のキャラクターを演じる津田自身もジャイロのキャラクター性に引き込まれたことを明かす。

一方、武内駿輔はアニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」を筆頭に、「アオアシ」、「天国大魔境」、さらに『アナと雪の女王』シリーズのオラフ役など、多種多様ねキャラクターとアニメ作品を担当しているが、そんな彼は“声優界のモノマネ王“とも称され、福山雅治、クロちゃん、ナダル(コロコロチキチキペッパーズ)といった芸能人のハイクオリティなモノマネを披露し、バラエティ番組へも多数出演している注目声優。そんな様々な声色を自在に操れる武内は、本作では人間ではなく、なんと主人公・タイムとともに異世界〈ウーパナンタ〉からやってくる相棒のドラゴン・ガフィンを演じている。


今回武内は、「声優の面白いところは、言葉を発しないでキャラクターの心情を表現できることです。本作ではドラゴン役の方が、声優ならではの面白さと言うものが詰まっている気がしてオーディションを受けました。合格をいただいた時は、非常に嬉しい気持ちでいっぱいになりましたし、自分の今持っているものをうまく出し切って、いいドラゴンを演じ切りたいと思いました。」と語り、数々のモノマネレパートリーをもつ武内にとっても新たな挑戦となるキャラクターである“ドラゴン”の表現に期待が高まる。さらに演じたキャラクターの印象を聞かれると「ガフィンは非常に可愛らしく、ちょっと抜けているところがあるタイプです。ドラゴンは単純にかっこいいとか凶暴性がありそうとか、王者っぽい風格が強調されがちですが、ガフィンはナギやタイムたちともうまく共存していて、ワンちゃんのようなイメージを受けました。なのでキャラクターを演じる上でも、僕が飼っているワンちゃんの挙動や感情表現、欲求の伝え方を参考にしました。実際、収録を進めてみて、すごく大切だったのが、キャラクターっぽくなりすぎず、リアルな動物感や生物感のある側面も大切にしてほしいと言われたことで、喜怒哀楽も息だけで表現しなくてはならず、めちゃくちゃ難しいなと気づかされたポイントでした。」とガフィンの特徴とその表現の難しさを語った。

台本を読んだときの感想に関して、武内は「最近は現実の世界観から全く違う異世界に飛びきっちゃう作品も多いと思うんですけど、本作は我々の現実的な世界観と異世界を行ったり来たりする見せ方が非常にうまいんです。主人公ら青年たちのやり取りについても、実際に異世界の人間と相対したら、こういうやり取りになるなと思えるし、言葉が全然通じないところから、近しい年代の人間同士がどういう風に距離を縮めていくか、人と人との距離感の縮め方みたいなものが、非常に時間もかけて丁寧に描かれていて感情移入できる内容だなと思いました。」と語り、対して津田は「作品の世界観も興味深く、王道ファンタジーとしてのドキドキ感やワクワク感も溢れていました。スピード感あふれるスリリングな展開と2つの世界を行き来していく感じも本当に斬新で、王道の冒険ファンタジーではあるのですが、それでも新しい世界がここに立ち上がっていると感じました。」と作品への期待度があがったことを語ってくれた。

「主人公の相棒のドラゴン」そして「最恐にして最悪の敵」という、それぞれキーキャラクターを本作で演じるお2人に、本作の魅力を聞くと、「生まれも育ちも違う子たちが、言葉が通じないところから始まって、相手の文化を知ろうとする気持ちや相手の声を聞くというドラマを若者たちで描いている。文字面だけでわからない直観性や自分自身の感性を相手と照らし合わせて、相手の文化や人間性を理解していくところが、非常に魅力的かなと思います。そういった意味ではディズニー作品らしい想像力や言葉だけにとらわれない表現がたくさんあると思います。そして、世界観の作りこみが本当に素晴らしいので視覚的な意味でもみなさなんの想像を掻き立てさせる作品となっていると思います。」と武内。津田は、「ディズニーが創り出す、しかも日本発のファンタジーということが一番押しの部分かなと思います。今までにない世界のオリジナルの言語だったりセリフだったりとオリジナリティー溢れるものは、やはりディズニーが得意とする所だと思います。収録はウーパナンタ語のイントネーションだったり、発音だったりなかなか苦労はしましたが、一緒に作り上げた皆さんからの発音指導もいただきながら、しっかりと作り上げられているオリジナル言語のセリフをすごく大事にしているなとこだわりを感じました。なるべく丁寧にやっていこうと思いました。そんな作品に参加することができ、日本にしか創れない実写だったりアニメーションだったりが、この作品では多分に生み出されていると思いますので、僕自身すごく注目しております。」とディズニーだからこそ創り出せた世界観の広さに自身の色を見せた。


『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』はディズニープラス「スター」で12月20日(水)より独占配信中
© 2023 Disney

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ