FC2ブログ

記事一覧

WOWOWモキュメンタリー『PORTAL-X ~ドアの向こうの観察記録~』主演の柄本時生、伊藤万理華オフィシャルインタビューを公開

【ニュース】
『この世には、自分たちが選択しなかったかもしれない世界がある』 主演の柄本時生、伊藤万理華が本作の魅力と真髄を語るインタビューを公開! さらに第1回「フードインベーダー」を先行無料配信
2024年1月12日(金)午後11:30~放送・配信(第1話無料放送)

WOWOWで2024年1月12日(金)午後11:30~放送・配信(第1回無料)がスタートする、モキュメ ンタリー『PORTAL-X ~ドアの向こうの観察記録~』。主演を務める、番組新人リポーター役の柄本時生と番組カメラマン役の伊藤万理華にインタビュー。モキュメンタリーという手法を用いた本作に 、彼らは役者としてどのように向き合ったのか語った。


本作が描き出すのは、この世界とは別の歴史をたどった並行世界が広がる異次元への扉「ポータル 」。各ポータルの失敗事例をわれわれの社会に活かすことを目的に、長年に渡って放送されてきたテレビ番組「PORTAL-X」で、新人番組リポーターのカイフ(柄本時生)と、番組カメラマンのルナ( 伊藤万理華)は、食糧難や不死が実現した世界、真の多様性を獲得できなかった社会、極端な少子化 、運に頼り切る世界など、歴史の転換点で選択を誤り、取り返しのつかない状況に陥っている世界を 目の当たりにしていく。



この独創的な物語について柄本は「台本を読んで、なんだか不思議な話だなと思ったというのが率 直な感想でしたが、ただ確実にいつか起きることだろうなとも思いました。そういうところが面白かったですね」と述懐。伊藤も「台本ってセリフのやりとりなどが書かれているものだと思うんですが 、このドラマは、それぞれのポータルの世界観がどのようなものなのかがしっかりと説明されているものでした。台本を読ませていただいて、どういう形で映像化されるのかな、と読み進めながらワク ワクしてきて、このような感覚は今までにないものでした」と振り返る。


普段は俳優として、“被写体”という立場で活動する二人だが、本作ではリポーターとカメラマンという“取材する側”として、ポータル内の人たちの言葉や思いを拾いあげていく。「セリフの量が多かったので、覚えるのが大変でしたね」と柄本が振り返ると、伊藤も「わたしはたまたまですが、カメラマン役、ディレクター役、つくり手の役をいただくことが重なったタイミングだったので、自分としてはまったく不自然ではなかったです。撮影中はカメラをずっと構えていて、自分が撮った映像も少しだけ使っていただきました」という。

本作で監督・脚本を務めるのは、2021年にWOWOWで放送・配信された「ザ・モキュメンタリーズ ~カメラがとらえた架空世界~」(2024年1月5日(金)午後3:00~再放送 [WOWOWプライム]/ WOWOWオンデマンドで全話配信中)で放送文化基金の奨励賞を受賞するなど、大きな評価を受けた伊藤峻太監督。荒唐無稽さとリアリティーが表裏一体となった物語の世界の中で、伊藤監督の独自の 世界観を絶妙に描き出している。「監督の想像力は本当に豊かだなと思います。ものすごくいろんな ことを勉強されてきた方なんだろうなと。監督の中にハッキリとしたビジョンや映像があったので、とてもやりやすかったですね」と柄本が語り、伊藤は「監督とは初めてご一緒させていただきました が、長い年月をかけて、頭にあったものを映像化したとお聞きして、わたしもこの世の中にはいろん な並行世界があるんじゃないかと思っている人間なので、お話を聞いたときにすごく共感しました。 壮大で、夢があるなと」。

二人は本作が初共演。「万理華ちゃんが出るシーンでは、ほぼ一緒だったんで。一緒にお芝居ができて楽 しかったですね。万理華ちゃんは感覚的な方なんで、その時その時の感覚に敏感で。それをすごく楽しもう という感覚があって。それと万理華ちゃんは役に没入する時のレベルがものすごく高いんです。それも楽し かったですね」と語ると、伊藤も「初めてご一緒させていただいて、現場ではずっとフラットに自然体で過 ごせました。時生さんが緊張しない雰囲気を作ってくださったのだと思うんですが、普通に隣にいて、なん の違和感もなかったです」と、非常に良い雰囲気で撮影は行われたようだ。

物語の詳細は観てのお楽しみではあるが、劇中では並行世界に生きる“俳優の柄本時生と伊藤万理華 ”が登場するシーンがある。二人は自分自身をどう演じたのだろうか。まずは柄本が「カイフは管理社会の人間なので、感情の起伏はあまりないように演じたんですが、劇中の柄本時生は“自分を演じた” という感覚がすごく強くて。僕は以前に『バイプレイヤーズ』というドラマで自分を演じたことはあ るんですが、あの時の自分とはまた違った感覚ですね。今回はしっかり自分をやっちゃえと思いなが ら演じました」と述懐。

一方の伊藤は「今までいただいた役の中でも、自分に近いなという役が増えてきていたように感じていましたが、伊藤万理華という名前を作品に取り入れてくださったということはめちゃくちゃ光栄だなと思いました」と振り返った。


そして最後に視聴者に向けて。まずは柄本が「飛んでる作品になったなと思います。想像力と、現代のシ ニカルさがすごく絡み合っていて。これは伊藤監督が 、現実世界で絶対にあり得ることを具現化したドラマだと思ったんです。ぜひ皆さんにも、世の中のことについて考えていただく一歩にしてもらえたらなと思っ ています」と呼びかけた。伊藤は「これはある種のドキュメンタリー番組だと思って見てもらえたらと思います。この世には、自分たちが選択しなかった世界があるのかもしれない、ということを考えるだけでワクワクします。宇宙は膨大で、自分たちの知らない世界 のことを想像するだけで面白いなって。この作品が、そうした自分の世界を広げていくきっかけになったらいいなと思います」とメッセージを送った。


第1回「フードインベーダー」がWOWOW公式YouTube(https://youtu.be/cbbaszP7dTI)にて先行無料配信スタート。放送・配信を直前に控えた本作を、いち早くご覧いただける。さらに、第1回放 送・配信の1/12(金)午後11:30より、WOWOWオンデマンドで『PORTAL-X ~ドアの向こうの観察記録~』全8回を一挙配信する。続きが気になる方はぜひWOWOWオンデマンドでお楽しみいただきた い。WOWOWドラマ公式X(@drama_wowow)では、本作をより理解することができる設定資料を随時、配信していく。
また、関連作品として1月5日(金)午後3:00~「ザ・モキュメンタリーズ」(全8話)を一挙放送。同一スタッフが制作した「PORTAL-X」の前身で受賞歴もある本作もぜひお楽しみに。

各話あらすじ

第1回「フードインベーダー」 
ポータル05の中は、深刻な食糧難に苦しむ世界。そんな中、問題解決の糸口となる新食材「ハイパーベジタブル」が誕生。その新食材はあらゆる栄養素を含み、安価で育てやすく、どんな料理にも合うという画期的な食材で、世界中に輸出されたが......。侵略植物を巡り、様々な対策をとる人々をリポーターのカイフ(柄本時生)とシューターのルナ(伊藤万理華)が徹底取材。安価な食材を選び続けた消費者の罪と罰に迫る。

第2回「不死鳥の歌」
科学技術の発展が目覚ましく、人の脳をコンピューター上にアップロードする技術が完成したポータル 19の世界。若くして亡くなった伝説の漫画家を脳から復活させるプロジェクトが発足。タブレットの中で復活した彼に寄せられた期待は未完の大作「不死鳥の歌」最終回の完成。しかし、なかなかペンを握 らない彼から語られたのは、知られざる苦悩だった。新しい時代に困惑する彼が描いた最終回は、果たしてどんな終わりを迎えるのか。

第3回「フロム・アンダーグラウンド」 
ポータル14で5年前に発生した、地下鉄工事中の事故。その事故をきっかけに人類と地底人が遭遇。高い知能と知性を持った彼らとの交流が世界中で急速に進み始める。地底には、豊富な資源やテクノロジ ー発展の鍵が詰まった夢のような世界が広がっていた。しかし、彼らの“ある特殊な文化”が知られると人間たちの世論は動揺。地底人との関係がギクシャクし、地上を去る地底人が続出。そんな中、センセーショナルな事件が起きる。


監督・脚本・VFX:伊藤峻太 撮影・音楽:椎名遼 
出演:柄本時生、伊藤万理華
彦摩呂、小林幸子、早見沙織、佐藤弘道、鈴木もぐら(空気階段)、中山忍 ほか 
1/12(金)午後11:30~放送・配信
[WOWOWプライム](第1話無料放送)[WOWOWオンデマンド]
1/12(金)午後11:30より、WOWOWオンデマンドで全8回一挙配信

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ