FC2ブログ

記事一覧

Aぇ! group末澤誠也、封印したい黒歴史を告白「もう二度と話しません」『彼女と彼氏の明るい未来』完成披露イベント

【ニュース】
1 月 11 日からの初回放送に先駆けて 第 1 話先行試写&完成披露イベントを都内会場にて実施。W 主演の末澤誠也と関水渚が登壇し、それぞれが演じたキャラクターや共演者も同世代の多かったという撮影現場の様子など裏話をたっぷりと語っていただくとともに、フリップトークで新年の抱負&イラストも披露!意外な答えも飛び出した。


第 1 話の上映終了後、会場後方から末澤と関水が登場すると会場は大歓声に包まれる中、客席の通路を通り抜け、ステージに向かう二人にむけて、観客の拍手も大きく鳴り響いた。この日の衣装について、まずは末澤が「(役名が)青山なんで、今日は青です。それと一郎は、(劇中で)青の衣装を着ていたりするので、今日は青で」と説明すると、関水も耳のイヤリングを指し示しながら「今日は差し色でオレンジを使ってみました。今日のファッションで一番気に入っているのはジャケットですかね」と続けた。

自分の知らない恋人の過去にショックを受ける一郎という役柄について「一郎は卑屈なキャラクター。原作を読んでいた時は、自分とは真反対だなと思いながら読んでいましたけど、台本を読み進める中で、自分との共通点というか、通じるものがあるなと感じるようになったので、自分としては、一郎にすんなり入れたかなと思います」と語った末澤。

一方の関水は「雪歌に二面性があるのではなく、過去があるだけだと思っていて。それが暗いものであれ、明るいものであれ、そこを難しいととらえたことがなく、むしろ普通の人だなと思いました。雪歌にとっては、好きな人がいるということ自体が貴重なことなのかなと思い、そこを意識しました」と振り返った。


また 1 話の撮影で印象に残っているシーンについて、一郎が現実逃避をするためにトイレにこもり、イヤホンでマキシマム ザ ホルモンを聴きながらヘッドバンギングをするというシーンをあげた末澤。「あのシーンは本当に血管が切れそうでした。監督から『2 分間曲を流しておくので、アドリブでお願いします』と言われたので、それを 3 回やったんですけど、本当にフラフラになって、酸欠状態になりました。バンドのライブでヘドバンをする方のことは本当に尊敬します」と語ると、関水も「わたしも 1 話の末澤さんのトイレのシーンを観て。もともとわたしもマキシマム ザ ホルモンが好きだったんですけど、あそこまで激しく聴いたことはなかったので、ああいう聴き方もいいなと。今度やってみます」と笑顔を見せた。



そしてこの日は、ドラマのテーマにちなんで「人に知られたくない黒歴史は?」という質問も。それに対して「お芝居をさせていただくたびに、ふと思い出すことがあるんですけど」と切り出した末澤が、若い頃に出演した大阪での舞台シーンについて言及。それは物語の終盤で、看守役の末澤が囚人に対していい言葉を投げかけるという、とてもグッとくるシーンだったという。「その頃はお芝居の経験があまりなかったので、セリフも少なかったんですけど、しゃべっている途中で頭が真っ白になって。セリフが飛んだんです。でも本当ならどうにかして言葉を続けてつなげるべきだと思うんですけど、僕は何を思ったか、すみませんと謝ってしまって」と振り返った末澤は、「それで何を思ったのかまたセリフを最初から言い直してしまった」と告白。なんとかやり遂げるも、袖に戻ると大勢の大人たちがいた、と苦笑いの末澤。「猛反省しましたね。忘れられない、つらい過去です。もう二度と話さないと思います」と封印したい黒歴史に反省しきりだった。



そして「わたしは高校生の時の校則が厳しくて。でもスカートを短くしたり、校則を破りたいと思う時がありました」と続けた関水は、「髪の毛が長かったんですけど、毛先をピンクにしていました。でもそこはお団子にして隠していました」と高校時代を振り返ってざんげ。すると末澤が「団子にしたら収納できるのか。うちにリチャード(草間リチャード敬太)というのがいるんですけど、聞いてみます」と付け加え、会場を沸かせた。

また、劇中で一郎が生徒から「幸福の味ってどんな味?」と質問されるシーンにちなみ、「ふたりにとっての幸福の味は?」という問いかけにフリップで回答を披露。末澤は「コーヒーの味」と答え、その理由について「苦みもあって、種類もあって、深さも違って。幸福というのは、苦みとか、そういうのもあるからこそ、幸福の味じゃないかなと思いましたね」と答えた末澤。「僕は甘めのコーヒーも飲んだりもしますけど、毎朝、ブラックの苦いのを飲んでいて。たまに酸っぱいのもあったりして。ああいうのも幸福の味だなと思います」と付け加えた。

続けて「チョコレートの味」と答えた関水は、「高校生の時は、帰りに板チョコを買って。毎回食べ切っちゃっていました。疲れている時にいいんですよ。集中力も出るし、幸福の味ですね。最近も現場にチョコを持っていきますが、大体食べきっちゃいます」と振り返った。




この日は新年早々のイベントということと、雪歌が教科書に落書きするシーンもあるということから二人に「辰(たつ)」の絵と、新年の抱負をフリップに書いて回答してもらうことに。そこで会場からはまさかのクスクス笑いが。そんな観客に対して「どういう笑いか分からないですけど」と呼びかけた末澤は、「得意か不得意かではなく、絵が好きか好きじゃないかという話だったら好きですね。撮影の合間には監督の似顔絵を描いたりしていましたし。プレゼントしますよと言ったら、『いや大丈夫』と断られましたけど」と明かし、会場は大笑い。そこでさっそく二人とも辰を披露し上手さを競うも、会場からはクスクス笑いが。しかし当の末澤は「うまくなっていますよね。描き続けることって大事ですよね。絵に正解はないと思うんです」と自画自賛。しかし、関水に「それ人魚龍ですよね!?」とツッコまれ、MC も「なんかプシューっと煙出てますか?」と重ねると、会場からも同調するように笑いが。“画伯”末澤の納得いかない姿に会場も大いに沸いた。

抜群のコンビネーションをみせ、大盛り上がりのイベントもいよいよ終盤。最後のメッセージを求められた末澤は「このドラマはラブコメではありますけど、誰もが感じたことがあるような不安、嫉妬がリアルに描かれていますし、1 話を観ていただけてお分かりだと思いますが、絵のタッチもドラマというより映画っぽい。すごくきれいな映像で撮っていただいているので。雪歌と一郎がどのように進んでいくのか。最終話まで楽しみにしてください」とメッセージ。関水も「今、大切な方がいる方は、大切な人をよりいっそういとおしく感じられるドラマだと思います」と会場に呼びかけた。
(オフィシャルレポート)


出演:末澤誠也、関水渚
原作:谷口菜津子「彼女と彼氏の明るい未来」(ビームコミックス/KADOKAWA刊)
監督:橋爪駿輝、八重樫風雅
脚本:伊達さん、橋爪駿輝
制作プロダクション:ダブ
製作幹事:エイベックス・ピクチャーズ
製作:「彼女と彼氏の明るい未来」製作委員会・MBS
Ⓒ「彼女と彼氏の明るい未来」製作委員会・MBS
MBS 1月11日スタート(毎週木曜24:59~ 各話30分)ほか

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ