FC2ブログ

記事一覧

山田涼介「今の自分に必要な作品」映画『サイレントラブ』完成披露舞台あいさつ

【イベント】
公開が迫る 1 月 10 日、公開に先駆けてキャスト、監督が登壇する完成披露試写会が都内劇場にて実施され、主人公・蒼役の山田涼介と、ヒロイン・美夏役の浜辺美波、美夏の通う音大の非常勤講師・北村役の野村周平、蒼の同僚・柞田役の古田新太、監督の内田英治が舞台あいさつに登壇。初お披露目となる本作について語った。


ゲストの登場を待ちわびる観客で会場は満員御礼。本作のタイトルが印字されたオレンジバルーンを手にした観客たちから拍手喝采を浴びながら、客席通路を通ってキャストの山田涼介、浜辺美波、野村周平、古田新太、そして内田英治監督が登場。観客からは大歓声があがった。



声を出さない青年・蒼役の山田は「いよいよ皆さんに観ていただく日が来たんだなと思っております」と初披露を前に緊張気味。不慮の事故で目が不自由になった音大生・美夏役の浜辺も「撮影から 1 年半という事で遠い昔のような感覚ですが、皆さんと共 に思い出しながら色々とお話をしたいです」と晴れやかな声色だった。

山田は内田監督との初タッグを振り返り「内田監督からは“死んだ魚のような目をして生きてほしい”と言われました」とまさかの指示を明かしながら「でも、撮影初日にその言葉を自分の中にふっと落とし込めた瞬間があって、そこから沢田蒼として生きることが出来たのではないかと思っています」と手応え。すると内田監督も「撮影中は存在を消されていて、どこにいるんだ?とよく探 した。でも近くにいた」と山田の成り切りぶりを思い出し、当の山田は「ここにいるよ...となっていました」とニヤリとしていた。さらに ラブストーリー映画初主演という挑戦に対して山田は、「手話で伝えるという設定のラブストーリーはこれまであったけれど、そういうものを一切省いて体温でお互いの気持ちを感じたり、二人のやり取りの中で人差し指がポイントで、人差し指で合図をしたりと、これまであまり見たことのないラブストーリーです。脚本も魅力的で、浜辺さんとラブストーリーをやる関係値も含めて今の自分に必要な作品なのではないかという特別な思いが沸き上がりました」と心境を打ち明けていた。

3 か月のピアノ練習に加え、盲学校見学を経て本作に臨んだ浜辺は「後天的に目が見えづらくなる役だったので、どのような見 え方をするのかということや、白杖の使い方を教わったり、基礎を作り上げてから撮影に臨みました」と回想し「どのくらい距離が 近いと体温を感じるのかわからず不安でしたが、(山田や野村と)近い距離でいるとどっちがどっちかわかるくらい違うものがあって、台本の説得力に納得がいきました。目線を落としながら演じていたので、感性が研ぎ澄まされていたと思います」と実感を得ていた。

美夏の通う音大の非常勤講師でピアニストの北村役の野村は、本作の音楽を担当した久石譲の大ファン。「久石さんが音楽を やってくれるということでこの仕事を引き受けたくらい」と冗談めかしながら「そんな音楽に関われるのは今後の僕にとってもいい経験になると思った。この作品に関われただけでも幸せ」と嬉しそうな表情。美夏の通う音大の校務員で蒼の先輩・柞田一平役 の古田は、山田との共演を聞かれると「ドラマでも一緒にいたからもういいや!と思って喋らなかった。というか内田監督から『ふざけないでね』と言われたので」とサイレント状態で再共演したようだった。

オリジナルストーリーで脚本も手掛けた内田監督。「情報過多な世界なので静かな作品を作りたかった。ピアノをベースにした映画を 10 年くらい前からやりたかったので、今回チャンスに恵まれた」と述べて「(浜辺と野村は)常にピアノを練習されていたので、心が痛くなって申し訳なかった」と 2 人の熱心ぶりに感動。これに 4 か月のピアノ特訓を経て本作に挑んだ野村は「ピアノが弾けるようになった自分に対する自己満足があって、現場では“俺たち練習したんだぞ”とみんなに見せたかった」と笑うと、浜辺も「ピアノの前に行くとすぐに連弾しちゃったりして」とピアノ演奏を楽しんだ様子だった。


そんな中、内田監督の独特な演出の話題に。「目の奥 10 センチで美夏を見て」との指示を受けたという山田は「目の奥 10 セ ンチは(頭の)裏ですよ...と思いながら。自分にその言葉を落とし込むまでに時間のかかる表現をされるけれど、こういうことなのかな?と考えるのも楽しかった。今まで出会ったことのないような監督さんでした」と回想。浜辺も「監督は言葉数の少ない方で表 情もなかなか読み取れない。どういう意味で言っているのかな?と常に疑問が頭を巡っているので、その意味では凄く頭を使う 機会になりました」と独特な内田メソッドにハマっていた。

現場の雰囲気自体も“サイレント”だったそうで「静かな現場で、約 1 ヵ月の撮影期間中に浜辺さんと話した記憶がない。2 人とも意識的に役を引きずっていたわけではなく、現場の雰囲気が全体的にそうだった」と山田が思い出すと、浜辺も「待ち時間も 2 人で違う方向を向いたりして、同じ方向を向いてもお互いに別のことを考えているだろうなと。会話はほぼなかった。私たち 2 人 の時はボーッとした空気でした」と頷いていた。



新春にちなんで 2024 年の抱負を発表。山田は「僕はやりたいようにやりたいことをやって生きていく人間なので、あまり先のことを決めるのは得意ではない」と言いながら「目の前にあるのは『サイレントラブ』という映画が沢山の方に届いてくれれば...」と座長としてヒット祈願。浜辺は「今年は帰省したい。あとはホテルを取って行楽シーズンをずらして旅行したい。せっかくなので今年中には」とバカンス願望。野村は「世界と日本が平和になればいい」と願い、古田は「週刊誌に叩かれないようにしたいな!」とジョークを飛ばして盛り上げていた。

内田監督は「オリジナル映画を皆さんの力で応援していただいて、沢山の方に宣伝してほしいです」と拡散期待。主演の山田も「この映画は世界一静かなラブストーリーです。静と動がはっきりしている映画で人間の綺麗な部分と影の部分を素晴らしい形で表現している映画です。激しい部分もあって皆さんもポスターにいい意味で裏切られるのではないかと思うくらいビックリする内容になっています。『サイレントラブ』を心の底から楽しんでほしいです」と満席の会場に呼び掛けていた。


最後に、大ヒットを祈願してキャノン砲が発射。客席からは大きな歓声が上がり、イベントは大盛り上がりで終了した。
(オフィシャルレポート)


出演:山田涼介 浜辺美波
野村周平/吉村界人 SWAY 中島歩 円井わん 辰⺒琢郎/古田新太
原案・脚本・監督:内田英治 
共同脚本 まなべゆきこ 音楽 久石譲
主題歌:「ナハトムジーク」Mrs. GREEN APPLE(ユニバーサル ミュージック / EMI Records)
製作 依田巽 大多亮 中村浩子 エグゼクティブプロデューサー 小竹里美 臼井裕詞
プロデューサー 松下 剛 横山和宏 玉井宏昌 楠智晴 ラインプロデューサー 尾関玄
撮影 木村信也 照明 石黑靖浩 美術 太田仁 装飾 澤下和好 録音 栗原和弘
衣裳 川本誠子 ヘアメイク 板垣実和 小道具 SAORI スクリプター 石川愛子 編集 小美野昌史
音響効果 堀内みゆき 助監督 井手博基 監督補 佐藤 吏 制作担当 酒井識人 音楽指導コーディネーター 佐藤 順 アクションコーディネーター 小原 剛 特殊視覚効果 泉谷 修 特殊造形 百武 朋 並河学 キャスティングディレクター 伊藤 尚哉
配給:ギャガ 
制作プロダクション アークエンタテインメント
(C)2024「サイレントラブ」製作委員会
2024 年 1 月 26 日(金)公開
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

カテゴリ