FC2ブログ

記事一覧

韓国映画『コンクリート・ユートピア』パク・ソジュン オフィシャルインタビューが到着

【ニュース】
瞳孔が小さく見えるレンズをつける意見も!?
難役を演じたパク・ソジュンが明かす、監督からの嬉しい言葉とはー
本作で防犯隊長に任命され葛藤しながらも愛する妻を守るべく奮闘するミンソンを熱演した、パク・ソジ ュンのオフィシャルインタビューが到着! 映画『ミッドナイトランナー』(17)では新人賞をはじめ多くの映画賞を受賞し、Netflix ドラマシリーズ「梨泰院ク ラス」(20)で主演を務めたことで、一躍人気を博すこととなったパク・ソジュン。さらに、マーベル・スタジオ作品『マ ーベルズ』でハリウッドデビューを果たし、一流俳優として活躍の場を世界中に広げる彼が、本作の撮影の裏側を語ってくれた。

Q.公務員だったミンソンは防犯隊長に任命されてから、少しずつ性格が歪んでいく様子でした。演じる上で意識したことは? 
ミンソンというキャラクターは平凡な人間のように見えますが、映画の後半部分で感情 が露になって変わっていくときに、やりすぎに見えてもいけないし、物足りないのもいけ ないと考えました。映画全体をみた時に、ミンソンは極端な感情表現をしてはいけないと思ったので、その境界線を見つけることに一番心がけました。そのため、監督と話し合いながら感情の適切なラインを見つけようと努力し、監督の OK サインを信じて1シ ーン1シーン作っていきました。

Q.過酷な環境を生き抜く様子が描かれていますが、公開後の今だからこそ話せる裏話を教えてください。
監督はミンソンが変化したあとの状況を大事にしていました。そのため、瞳孔が小さく見えるレンズをつけようかという意見も撮影前にあったそうです。結局、そのレンズをつ けるのが難しかったので僕の演技を信じることにしたそうですが、実際にそのシーンで僕の瞳孔が小さくなっていたとおっしゃっていました。当時は知らなかったのですが、後からその話を聞いてとても良いお褒めの言葉をいただいたようで、今でも気分がいいです。

Q.イ・ビョンホンさん演じるヨンタクが豹変し、本性を露わにする姿が印象的な本作。一緒に演じてみた感想は?
先輩と一緒に撮影をしながら、演技だけでなく現場でのエチケットを見て感じることがたくさんありました。印象的だったのは、撮影中にモニターを見ていた時に、初めて見る先輩の顔があったことです。これだけ長い間演技をしてきた方なのに、まだ新しい顔があるなんて、それなら僕もこれから俳優人生を送る中で新しいものを作り続けることができるなと思いました。横で見ているだけで、本当に良い影響をたくさん受けました。

Q.パク・ボヨンさんと夫婦役を演じてみて、特に印象に残っているエピソードを教えてください。
ボヨンさんとは最初の撮影から雰囲気が良かったです。お互いに何気ない話をしながら親しくなれる時間を十分に取って撮影をしましたし、小道具の撮影をした時も、同年代の普通のカップルが訪れるホットな場所でデートをしているかのように撮影をしたので、気兼ねなく親しくなれたと思います。お互いの仕事を応援し共有しながら、平凡な日常を送る二人の時間そのものが心地よく感じられ、初めての共演作品にも関わらず息が合ったと思います。


Q.真冬が舞台の本作ですが、撮影は真夏に行われたとのこと!撮影時に大変だったことは?
暑さに耐えるのが大きな課題でした。真冬の廃墟となった街という設定なので、暖かいダウンジャケットを着なけれ ばならなかったのですが、本当に暑い夏でした。でも、状況に合わせた演技をしなければならない仕事なので、現実を早く受け入れて、出来るだけ集中して撮影するように努力しました(笑)。

Q.一番好きなシーンを教えてください。
すべてのシーンに意味が込められていて良いのですが、日本の観客の皆さんにも少しは安心して観ていただけるシーンを挙げようと思います。映画の冒頭でミョンファと 2 人きりになった時に「黄桃」を一緒に食べるシーンがあるので すが、完成した映画を観ながら、あの時に食べた「黄桃」は今後ミンソンとミョンファが二度と感じることができない 甘さを象徴していたのではないかと思いました。今はそのシーンが思い出されますね。

Q.数多くの恋愛ドラマに出演され“ラブコメの神”と称されていますが、最近はハリウッドデビューも果たし、世界的に活躍の幅を広げられている印象です。今後挑戦してみたい役は? 新しいジャンルや演じたことのない役により惹かれるような気がします。何かをやってみたいと決めているわけでは ないですが、自分が出来る新しい挑戦には常にオープンです。

Q.日本では 1 月 5 日に公開され、2024 年最初の映画が『コンクリート・ユートピア』になる人も多いと思います。 そこで、2024 年の抱負を教えてください。
まずは僕たちの映画を日本の皆さんに愛してもらえたら嬉しいですし、2024 年はファンの皆さんと会える時間をも ちたいです。昨年は撮影とプロモーションのスケジュールで余裕がなかったのですが、今年は必ず機会を作ってファン の皆さんと時間を過ごせたらと思います。

Q.この映画を通じてどんなメッセージを届けたいですか?
それぞれのキャラクターに焦点を当てて観ると、より面白く観れると思 います。この作品には様々な人間模様が描かれていて、どのキャラクターに焦点を当てるかによって映画を見る観点や解釈が変わる映画です。 様々なテーマが盛り込まれているので、映画を観終わった後に「自分だ ったらどうしていたか?」と問いかけたり、色々な話をしたりすることが出来る映画だと思います。

自然と“瞳孔が小さくなっていた”と監督から自身の演技を絶賛された パク・ソジュン。そんな実力派俳優である彼をはじめ、イ・ビョンホン やパク・ボヨンらキャスト陣が織りなす迫力あるストーリー展開、 そして真冬のシーンを真夏に撮影したというキャスト&スタッフ陣が、 想いを込めて作り上げた本作を是非劇場で堪能してほしい。



監督:オム・テファ 
出演:イ・ビョンホン、パク・ソジュン、パク・ボヨン、キム・ソニョン、パク・ジフ、キム・ドユン 2023/韓国/130分/ビスタ/5.1ch/原題:콘크리트 유토피아/英題:ConcreteUtopia/字幕翻訳:根本理恵/配給:クロックワークス/
G
© 2023 LOTTE ENTERTAINMENT & CLIMAX STUDIO, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
大ヒット公開中

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ