FC2ブログ

記事一覧

半田健人「新たな「ファイズ」の出発点 愛してくれると嬉しい」Vシネクスト『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』完成披露舞台あいさつ

【イベント】
V シネクスト『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』完成披露舞台挨拶を1月14 日に都内劇場にて実施。イベントには、仮面ライダーネクストファイズ/乾 巧役の半田健人、園田真理役の芳賀優里亜、仮面ライダーカイザ/草加雅人役の村上幸平、スネークオルフェノク/海堂直也役の唐橋充、北崎役の藤田玲、そして田﨑竜太監督が登壇した。

「仮面ライダー555(ファイズ)」は2003年1月から2004 年1月までテレビ朝日系列で放送されていた平成仮面ライダーシリーズ第 4作。主人公の青年・乾 巧(半田健人)が特殊な変身ツール「ファイズギア」を持つ少女・園田真理(芳賀優里亜)に遭遇し、異形の怪人「オルフェノク」に襲われたことをきっかけに、仮面ライダーファイズとして戦う物語です。従来のシリーズとは異なり、怪人側の苦悩を描くなど、単純な善悪二元論ではない群像劇が描かれ話題となりました。そして今作は、TVシリーズ最終話から 20 年後を描く正統な続編となり、オリジナルキャストが集結。乾巧役の半田健人、ヒロイン・園田真理役の芳賀優里亜、草加雅人役の村上幸平、海堂直也役の唐橋充、北崎役の藤田玲が出演する。


上映後となった舞台あいさつは満席の観客の大きな拍手に迎えいられて登壇し、一人ずつ役名などご挨拶をすると観客から「おかえり」の声も上がり、 「帰ってきました!ありがとう!」と主人公・乾巧/仮面ライダーファイズ役の半田健人が笑顔で応え、観客とも完成できた作品の喜びを分かち合った。

MC より 20年ぶりに「仮面ライダー555」ができた気持ちを質問されると半田は「20年前の自分にこういう日があることを教えられるなら教えたい。20年間ずっと応援してくれていた結果がこの作品です。皆さんが作ったものです。」と観客に感謝を伝え、草加雅人/仮面ライダーカイザ役の村上幸平は「映画楽しかったですか?」と客席に聞くと大きな拍手や声援が飛び、うれしそうな表情を浮かべ「ありがとうございます!皆さんに見ていただくことがずっと楽しみでした。夢のような気持ちです。20 年前の嫌われていた草加に 20 年後にはこんなに愛されるよと伝えたいですね」というと、草加のお決まりのセリフ「俺のことを好きにならない人間は」と村上が会場に向かって叫ぶと「邪魔なんだよ!」コールアンドレスポンスが起こった。

園田真理役の芳賀優里亜は「本当にこのチームで新作ができるなんて、当時1ミリも思ってなかったけど 20 年間応援していただき、みなさんに見せてもらった夢の続きだと思っています」と喜びと感謝をコメント。海堂直也役の唐橋充は「この 20 年間、爪のささくれや唇の乾燥が…」などボケを続けるも「(観客の前に立つのは)中野サンプラザで号泣して以来の今日なんで泣かなきゃいけないのかな?って…」というとキャストかも「大丈夫です」と突っ込みが入り、会場を笑わせた。

北崎役の藤田玲は「役者を辞めていたり他界していたりする中、みんなの想いを込めたこのメンバーで今、ここに立っていることに意味を感じています。皆さんのおかげで夢のような時間を過ごせています」と思いを述べた。20 年前のTVシリーズでもパイロット監督を務めた田﨑竜太監督は「この企画は俳優部から始まったんですが、みなさん熱があって、スタッフでも若い方が子どもだった頃「ファイズ」を見ていて、「ファイズ」だから参加させていただきますという人もいて、愛を持った熱に支えられているなと感じています」と話した。

さらに半田は「最初、キャストから 20 周年何かやりたいって話してはいるけれど映画になるとは思っていなかったので責任を背負っています。ただ、待ってくれているファンの方々がいかに楽しんでもらって、懐かしい、楽しい!って思っていただけたらいいなと、これだけです」と告げ、芳賀は「真理に(本作で)すごく大きな変化があったので、すぐ受け止められなかったです。迷いながらやっていて現場で出来上がっていきました」と作り上げていったことを話し、村上も「20周ということは当たり前のじゃないすごいことだって、離れてしまった人や他界している人、僕も一時期(芸能界を)離れていて改めて集まってできたので、この奇跡をかみしめて出演できたことがうれしいです」と語り、藤田も「(同じ事務所の村上さんと)僕ら(TVシリーズで)死んでいるんですよ。(事務所から)あなたも出るよって言われて、どうやって!?って思ったんですが、台本を読んであーそういうことか、なるほどって思い楽しくオファーを受けました」と本作への出演が決まった時を振り返り、田﨑監督は「 「ファイズ」できるんだってうれしかった。このメンバーで他の人が監督やっていたら嫉妬していたと思う。みんなの手の内がわかっていたのと、若い時と違って手探りを経てお互いジジイと大人になってコミュニケーションをとりながら仕事ができました」と 20年前と今は違った関係が築けたことをコメントした。

さらに、今回新規キャストらとの関係を聞かれると村上が「新しいキャストが若々しいから画面に映った時にふけ具合が目立つな」と笑わせながら話「20年前は僕らもピチピチだったけど、若い青年がもがき苦しみながら戦うのが「ファイズ」のテーマでもあるので僕らの世代との対比もできたと思います」と話し、半田は別の仮面ライダー作品に出演したこともあり「前回の反省を生かして、老害を辞めました。後輩ライダーにロケバスの中で2時間半老害したので、若い子には若い子の時間があるだろうから、聞かれた答えるスタンスでいました」と告白。

村上からは本作でスマートレディを演じる進藤あまねとの撮影秘話があり「1日だけ一緒の撮影日があって、クランクインの日にプルプル(震えていたので)話しかけてあげました。本人も特撮大好きらしく進藤さんのファンの中にも「ファイズ」好きな人が多いらしく」というと半田から進藤の SNSのフォロワーがこの中で1 番で多いのではという話になり「頼りにしてるよ進藤さん!」と呼びかけ会場を沸かせた。

さらに村上は進藤に「草加スマイルを目の前で浴びたよって SNSに書いてねって言ったら「はい!」って言ってたよ」と続けると半田からすかさず「無事、老害ですね」と突っ込みが入った。


最後に半田から、「本当に僕たちもこういう作品が完成するとは、目標にはしていたんですが実現できるかは自分たちの力ではどうしようもなったんです。ところがみんなが応援してくださったから作品を作ることができました。この作品はただの同窓会作品ではなく、ここを新たな「ファイズ」の出発点としてこれから先、5年、10 年、20年と「ファイズ」を愛してくれるようなそういうきっかけにしてくれると嬉しいです。」語り舞台あいさつは終了した。
(オフィシャルレポート)



【パッケージ情報】
通常版・特別版 2024 年 5 月 29 日(水)Blu-ray&DVD 発売
CSM カイザフォン XX 版・完全版 2024 年 9 月 13 日(金)Blu-ray&DVD 発売

【キャスト】
半田健人 芳賀優里亜 村上幸平 唐橋充 藤田玲
福田ルミカ 浅川大治 柳川るい 土師野隆之介 松澤可苑 進藤あまね / 高岩成二
【スタッフ】
原作:石ノ森章太郎 脚本:井上敏樹 監督:田﨑竜太
音楽:松尾早人 アクション監督:和田三四郎
主題歌「Identiφ’s」ISSA
配給:東映ビデオ 
©2024 石森プロ・バンダイ・東映ビデオ・東映 ©石森プロ・東映
公式ツイッター https://twitter.com/555_20th
2024 年 2 月 2 日(金)より期間限定上映

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ