FC2ブログ

記事一覧

古川雄大×京本大我 W主演 ミュージカル『モーツァルト!』帝国劇場クロージングにラインナップ

【ニュース】
世界初演から 25 年!
モーツァルトの生涯を描く大ヒットミュージカル『モーツァルト!』が帝国劇場クロージング ラインナップに登場!!

僕こそミュージック!
“音楽の天才”モーツァルトが駆け抜けた、歓喜と苦悩の 35 年の生涯

ヴォルフガング・モーツァルト役(Wキャスト)古川雄大/京本大我
2024 年 8・9 月 帝国劇場
10 月 梅田芸術劇場メインホール
11 月 博多座 三都市連続上演決定!!

「才能が宿るのは肉体なのか?魂なのか?」という深遠なテーマをベースに、その高い音楽性と重層的な作劇で“人間モーツァルト”35 年の生涯に迫り、2002 年の日本初演以来、日本のミュージカルファンを魅了し続けてきた本作。ミヒャエル・クンツェ(脚本・歌詞)、シルヴェスター・リーヴァイ(音楽・編曲)のゴールデンコンビによる大ヒットミュージカルが、2021 年以来、約 3 年ぶりに上演される。

タイトルロールのヴォルフガング・モーツァルト役を演じるのは、2018 年シーズンから同役を務める 古川雄大。2023 年に『LUPIN ~カリオストロ伯爵夫人の秘密~』で初の帝劇単独主演を果たし、映像でも「はやぶさ消防団」「大奥 Season2」など話題のドラマに次々と出演している。そして今回が初登場となるもう 1 人のヴォルフガング・モーツァルトは京本大我。『エリザベート』『ニュージーズ』『シェルブールの雨傘』など着実に舞台でのキャリアを積み、満を持しての帝劇初主演となる。

また、本作は 2025 年に閉館を発表している帝国劇場の、クロージングラインナップ作品でもある。



ヴォルフガング役は、今年で三シーズン目を迎える古川。2018 年、2021 年と積み上げてきたこの役に、挑む心境について古川は「このヴォルフガングという役はこれからのミュージカル界を背負っていくような、若さ溢れる俳優がやるべき役だと個人的には思っています。この役の魅力を味わうとまた挑戦したいと思ってしまうかけがえのない役。皆様に集大成をお見せすることができたらと思っています。」と意気込みを語り、役者として自分の成長や進化できた点については、モーツァルトの人生を描く中で様々な表現を求められる。3度目の今回は、自分自身のキャリアを捨てて裸で挑むと語っている。

また、同じ役を務める京本大我とは、ミュージカル『エリザベート』(2015~2016 年)で皇太子ルドルフ役でも同じ役のWキャストでの共演、2019 年には古川はトート役として参加し、舞台上での共演している。京本の印象を聞くと、古川は「大我くんとはルドルフでダブルキャストを務め、いわば同志のような存在です。大我くんとダブルキャストを務めることは自分としても大きな刺激をもらえる。」とコメント。帝劇クロージングのラインナップとなった『モーツァルト!』。古川にとって、帝国劇場はミュージカルを教えてくれた場所でもあり、育ててもらった特別な劇場。様々な試練を与えてくれ、それを乗り越えた先に最高の景色を見せてくれた。最高の『モーツァルト!』、最高のヴォルフガングをお届けします。」とコメントを寄せた。

ミュージカル『モーツァルト!』で演じるヴォルフガング・モーツァルトは、2002 年日本初演以来、井上芳雄、中川晃教、山崎育三郎、そして、古川雄大、4 人しか演じたことがない、男性が演じるミュージカルプレイの大役の一つ。日本人 5 人目のヴォルフガング役に臨む意気込みを聞くと、京本は、「ヴォルフガングは僕にとって憧れそのものです。二十歳の時に『エリザベート』に出演し、ミュージカルに魅了され、もっと勉強したいという思いから DVD や劇場を通して何十回も観させて頂いた作品がこの『モーツァルト!』です。(井上)芳雄さん、(中川晃教)アッキーさん、(山崎)育三郎さん、(古川)雄大さんという僕が大尊敬する先輩方が繋いできたこの大役を担うこと、本当にプレッシャーですが、今は不安や恐怖よりも、遂にこの役を演じさせて頂けるという喜びが大きいです。」、『モーツァルト!』の感想について、「ヴォルフガング自身の苦悩や繊細さ、そして生まれ持った無邪気さなど、観る人を惹き込む人物像も魅力の一つですが、やはり楽曲の素晴らしさには観劇する度にいつも胸を打たれます。」と述べた。

古川の印象について、京本は「僕が初めて挑戦したミュージカルで W キャストとして引っ張っていって下さったのが雄大さんなので、僕にとって特別で大切な先輩です。僕にとってお兄ちゃんのような存在ですが、僕の大人になった姿も雄大さんに少しでも感じて頂けたらと思ってます。(笑)」。また「帝劇」について、『エリザベート』以外でも小さい頃からお世話になっている想い出だらけの劇場です。振り返れば初めて帝劇に立たせて頂いたのは中学一年生頃だったと思います。帝国劇場へのこれまでの感謝も込めて、ステージに立ちたいです。」と、クロージングという記念すべきタイミングで「帝劇初主演」を務めることへの感想を述べ、「僕がずっと夢だと公言してきた作品『モーツァルト!』に、ついに出演させて頂けることとなりました。一度観たら一生忘れられない作品であることは間違いないので、楽しみにしていて下さい。劇場でお待ちしております。」とアピールしファンへメッセージを送った。


【ストーリー】
ザルツブルクの宮廷楽士であるレオポルト・モーツァルトとその娘ナンネールは、錚々たる名士たちが集まる貴族の館で、今、幼い息子がピアノを弾くのを目の当たりにしている。5 歳にして作曲の才が花開いたその子ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは、"奇跡の子"と呼ばれていた。歳月は流れて、ヴォルフガング(古川雄大/京本大我 Wキャスト)は故郷ザルツブルクで音楽活動を続けている。傍にはいつも、奇跡の子と呼ばれた頃のままの “才能の化身・アマデ”が寄り添い、作曲にいそしんでいた。しかし、青年ヴォルフガングは、ザルツブルクの領主であるコロレド大司教に仕えて作曲をすることに嫌気がさしていた。「大司教に逆らうな」という父と意見が衝突。ついには自分を束縛
する大司教に、怒りを爆発させてしまう。ヴォルフガングは名声と自由な音楽活動を求めて、母親と共にザルツブルクを出るが、幼い時のように持て囃されることはなかった。逆に旅費を使い果した上に、旅先で母を亡くしてしまう。失意のうちに故郷に帰ってきたヴォルフガングは、幼少から彼の音楽の才能を見抜いていたヴァルトシュテッテン男爵夫人の援助を受けて、ウィーンで音楽活動をする決意をあらたにする。ヴォルフガングはウィーンに移り住み、知人のウェーバー一家の娘であるコンスタンツェとの愛情を急速に深めていく。しかし、コロレド大司教の謀略によって、演奏の機会をことごとく絶たれてしまう。ヴォルフガングは再び大司教と対決し、二人の関係はついに決裂する。大司教との決裂後、ヴォルフガングはウィーンの社交界で話題を呼んでいた。コンスタンツェとも結婚、仕事も精力的にこなし、ヴォルフガングにとって故郷に残してきた父と姉の存在がどんどん薄くなるのだった。レオポルトは息子の成功を誇りに思う反面、その思い上がりを感じ取る。しかしヴォルフガングは父の苦言を聞き入れようとしない。二人はついに心を通い合わせることなく、レオポルトはウィーンを後にする。

そして、オペラ『魔笛』を成功させ音楽家としての頂点を極めるヴォルフガングの前に、謎の人物が現れ『レクイエム』の作曲を依頼するのだが…。


ヴォルフガング・モーツァルト 古川雄大/京本大我(W キャスト)

脚本/歌詞:ミヒャエル・クンツェ
音楽/編曲:シルヴェスター・リーヴァイ
オリジナル・プロダクション:ウィーン劇場協会
演出/訳詞:小池修一郎(宝塚歌劇団)
後援:オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム東京
製作:東宝
2024 年 8~9 月 帝国劇場(東京)
10 月 梅田芸術劇場メインホール(大阪) 11 月 博多座(福岡)

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ