FC2ブログ

記事一覧

リム・カーワイ監督 映画『すべて、至るところにある』三宅唱監督ほか絶賛コメントが到着 イベント情報も

【ニュース】
『すべて、至るところにある』は、リム・カーワイ監督の『どこでもない、ここしかない』(2018)、『いつか、どこかで』(2019)に続くバルカン半島3部作の完結編。マカオ出身のエヴァは、旅先のバルカン半島で映画監督のジェイと出会う。その後、世界がパンデミックと戦争に支配される中、ジェイはエヴァへメッセージを残して姿を消してしまう。エヴァはジェイを探しに再びバルカン半島を訪れ、かつてエヴァが出演した映画が『いつか、どこかで』というタイトルで完成していたことを知る。セルビア、北マケドニア、ボスニア・ヘルツェゴビナでジェイを探す中で、エヴァはジェイの過去と秘密を知ることになり…。

リム・カーワイ監督のバルカン半島三部作の『どこでもない、ここしかない』『いつか、どこかで』の 2 作が劇中ではジェイの監督作品として登場し、バルカン半島の美しい景色と旧ユーゴスラビアの巨大建造物(スポメニック)を背景に、現実と虚構を行き来しながら物語は進んでいく。パンデミック、戦争という全世界が体験した未曾有の現実の中で、人間の孤独と希望を映し出したバルカン半島3部作の集大成ともいうべき作品が完成した。

ユーゴスラビア内戦に言及し、現代的な問題意識を描いた『わたしがいなかった街で』などの著作がある、作家の柴崎友香さん、ジャーナリストの金平茂紀さん、映画『星くずの片隅で』や台湾ドラマ版『梨泰院クラス』などの話題作への出演が続く香港の俳優アンジェラ・ユンさん、世界のトップモデルとして活躍し、ハリウッドを中心に活躍する俳優の岡本多緒さん、映画監督の三宅唱さん、映画批評家の樋口泰人さん、相田冬二さんから、絶賛コメントが到着した。


柴崎友香(作家)
行ったことのない場所も今は行くことのできない場所も、ずっとそこにあるし、そこで生きている人の生活があって、だから私たちはいつか、もしかしたら今、そこへ行くことができる、その場所をこの映画は映している。

金平茂紀(ジャーナリスト)
この映画の本当の主人公は、スポメニックと呼ばれる旧ユーゴスラビア時代の巨大戦勝モニュメント群、あるいはそれを取り囲むまわりの「風景」にあるだろう。
リム・カーワイはこの映画で戦争、そしてパンデミックによって瀕死の状態に陥った記憶を描きだしているだ。
この映画の自由奔放さは映画の希望である。

アンジェラ・ユン(俳優)
主人公ふたりのミステリアスな関係に心惹かれた。そして虚無感に満ちた広大で美しい風景に引き込まれた。

岡本多緒 (俳優)
訪れたことのないバルカン半島、なのに映画を見進めて行くにつれて、不思議と懐かしくなる。

三宅唱(映画監督)
映画に抗い、それでも映画にすべてを賭けること。世界を疑い、それでも世界を信じること。主人公ジェイの「一緒に映画を作ろう」という合図で、出会った全員を巻き込んでいくサスペンスの幕が上がる。まるでドン・キホーテの無謀さを思わせもするこの旅の、予想のつかないシーンの連鎖、ショットの連鎖にわたしたち観客も巻き込まれていくうち、劇場にいながらにして、ここではないどこかに至る。そしてなんだか「ありがとう」という気持ちになるのが、リム・カーワイの魔法にかけられたようで爽快。
ともかく、ジェイを演じる尚玄の類稀な紳士感によって絶妙に可笑しく絶妙に切ないコメディのようにもみえるのが最高で、それだけで、もう一度この旅をまだまだずっと追いかけたくなる。

樋口泰人(boid 主宰/映画批評家)
映画とはそれぞれが「スポメニック」であるとも言える。映画作りとは至るところに「スポメニック」を建造する試みである。
スポメニックは至るところにある。
そしてわれわれは映画がある限りそこから聞こえてくる姿なき人々の小さな声を聞き続け、それらに導かれながら自身の人生を歩むことになるだろう。
われわれは何と戦うのか何から解放されるのか、映画からは常にそんな問いかけが聞こえてくるだろう。

相田冬二(映画批評家)
別れのための構築。再会のための破壊。そして、モニュメントすべては、至るところにある。


主演俳優たちの来日舞台挨拶決定!多彩なゲストによる劇場トークイベントも連日開催
イメージフォーラムでの公開を記念し、香港から主演のアデラ・ソーさんが来日し、リム・カーワイ監督と初日トークイベントに登壇することが決定した。公開中には、主演の尚玄さん、映画監督の舩橋淳さん、川和田恵真さん、足立紳さん、作家の田中泰延さん、ジャーナリストの金平茂紀さん、人物デザイナーの柘植伊佐夫さん、バルカン半島を中心とした旧共産圏に点在する奇抜な廃墟と朽ちゆくスポメニックを撮影した写真集「旧共産遺産」等で知られる写真家・星野藍さん等、多彩なゲストによるトークイベントも決定した。


公開記念トークイベントスケジュール @イメージフォーラム
※すべて上映後のトークイベント

1 月 27 日(土)13:30 回 リム・カーワイ監督×アデラ・ソー(本作出演)
1 月 28 日(日)13:30 回 リム・カーワイ監督×田中泰延(作家)
1 月 29 日(月)13:30 回 リム・カーワイ監督×アデラ・ソー(本作出演)
18:30 回 リム・カーワイ監督×舩橋淳(映画監督)
1 月 30 日(火)13:30 回 リム・カーワイ監督
1 月 31 日(水)13:30 回 リム・カーワイ監督

2 月 1 日(木)18:30 回 リム・カーワイ監督×川和田恵真(映画監督)
2 月 2 日(金)13:30 回 リム・カーワイ監督
2 月 3 日(土)13:30 回 リム・カーワイ監督×星野藍(写真家)
18:30 回 リム・カーワイ監督×柘植伊佐夫(人物デザイナー)
2 月 4 日(日)13:30 回 リム・カーワイ監督×金平茂紀(ジャーナリスト)
2 月 5 日(月)13:30 回 リム・カーワイ監督
2 月 6 日(火)13:30 回 リム・カーワイ監督×足立紳(映画監督・脚本家)
2 月 7 日(水)13:30 回 リム・カーワイ監督
2 月 8 日(木)13:30 回 リム・カーワイ監督
2 月 17 日(土) 尚玄(本作出演)
※2月 17 日の上映時間は劇場 HP にてご確認ください。 ※ゲスト、イベント内容は予告なく変更となる場合がございます。ご了承ください。


アデラ・ソー(蘇嘉慧) 尚玄 イン・ジアン(蔣瑩)
監督・プロデューサー・脚本・編集:リム・カーワイ
撮影:ヴラダン・イリチュコヴィッチ 録音・サウンドデザイン:ボリス・スーラン 音楽:石川潤
宣伝デザイン:阿部宏史 
配給:Cinema Drifters 
宣伝:大福
2023|日本|カラー|DCP|5.1ch|88 分
©cinemadrifters
2024 年1 月27 日(土)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ