FC2ブログ

記事一覧

『The Zone of Interest』が『関心領域』の邦題で5月24日公開 アウシュヴィッツ収容所の隣で幸せに暮らす家族を描く

【ニュース】
A24 製作、ジョナサン・グレイザー監督の最新作、第 76 回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞、第 81 回ゴールデングローブ賞で作品賞(ドラマ部門)ほか 3 部門にノミネート、各地の映画祭で数々の賞を受賞し第 96 回アカデミー賞®でのノミネート・受賞の期待も高まる『The Zone of Interest』
(原題)が、『関心領域』の邦題で 5 月 24 日(金)より新宿ピカデリー他にて全国公開することが決定した。

本作はイギリスの作家マーティン・エイミスの同名小説を原案に、『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』(13)のジョナサン・グレイザー監督が 10 年もの歳月をかけて映画化したもの。製作は、昨年度のアカデミー賞®で作品賞ほか最多 7 部門を受賞した 『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』や、本年度のゴールデングローブ賞でも本作他 4 作品がノミネートされ近年の賞レースを席巻している映画スタジオ・A24。

「The Zone of Interest(関心領域)」とは、第二次世界大戦中、 ナチス親衛隊がポーランド・オシフィエンチム郊外にあるアウシュヴィッツ強制収容所群を取り囲む 40 平方キロメートルの地域を表現するために使った言葉。映画では、アウシュヴィッツ強制収容所と壁一枚隔てた屋敷に住む収容所の所長とその家族の暮らしが描かれる。


第 76 回カンヌ国際映画祭でプレミア上映されると、「他にはない衝撃的なホロコーストドラマ」「観客はこの冷酷な傑作から目を背けることはできない」「この映画を観た経験は一生忘れないだろう」と絶賛されグランプリを受賞。その後も第 58 回全米映画批評家協会賞で監督賞・主演女優賞、第 49 回ロサンゼルス映画批評家協会賞で作品賞・監督賞・主演賞・音楽賞、第 27 回トロント映画批評家協会賞で作品賞・監督賞、第 44回ボストン映画批評家協会賞で監督賞・脚色賞・非英語作品賞、第 36 回シカゴ映画批評家協会賞で外国語映画賞、など各地の映画賞を受賞し、第 81 回ゴールデングローブ賞では最優秀作品賞ドラマ部門、最優秀非英語映画賞、最優秀作曲賞にノミネート。 「Time」、 「IndieWire」 、「Rolling Stone」、 「The Guardian」など有力媒体が選ぶ 2023 年ベスト映画にも選出されるなど、世界中から熱い注目を集め、来るアカデミー賞®ノミネート・受賞も期待されている。


監督・脚本:ジョナサン・グレイザー
原作:マーティン・エイミス
撮影監督:ウカシュ・ジャル 
音楽:ミカ・レヴィ
出演:クリスティアン・フリーデル、ザンドラ・ヒュラー
配給:ハピネットファントム・スタジオ
原題:The Zone of Interest|2023 年|アメリカ・イギリス・ポーランド映画
© Two Wolves Films Limited, Extreme Emotions BIS Limited, Soft Money LLC and Channel Four Television Corporation 2023. All Rights Reserved.
5 月 24 日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ