FC2ブログ

記事一覧

映画『コール・ジェーン ー女性たちの秘密の電話ー』3月22日公開 予告編解禁

【ニュース】
『コール・ジェーン』は、女性の選択の権利としての人工妊娠中絶を描いた実話を基にした映画だ。本作に登場する「ジェーン」は実在した団体で、人工妊娠中絶が違法だった 1960 年 代後半から 70 年代初頭にかけて、推定 12,000 人を救ったと言われている。しかし、1973 年アメリカ連邦最高裁が合法判決を下した「ロー対ウェイド事件」から 50 年、今、米国では、再び違法とする動きが活発化し、論争が激化している。女性たちが自ら権利を勝ち取った 実話を映画化した本作は、映画祭で注目を集め大きな話題となった、今、観るべき社会派エ ンタテインメント作品である。

(※)1973 年アメリカ連邦最高裁が女性の人工妊娠中絶の権利を合法とした歴史的判決本作のテーマを、シリアスな問題でありながらエンターテインメントに昇華させたのは、ハリウッド を代表するキャスト・制作陣。監督をつとめるのは、『キャロル』(15)で第 88 回アカデミー賞 脚色賞にノミネートされたフィリス・ナジー。プロデューサーは、『ダラス・バイヤーズクラブ』 (15)や本年度賞レースで大注目を集める『バービー』(23)など、多くの世界的ヒット作品を 生み出し続けているロビー・ブレナー。
多くの話題作を手掛ける制作陣とともに本作をつくりあげたのは、こちらもハリウッドで多くの活躍をする俳優陣だ。裕福な主婦から、権利を求め自ら立ち上がる主人公のジョイを演じるの は、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(02)や『ピッチ・パーフェクト』シリーズに出演、さらに『チャー リーズ・エンジェル』(19)では製作・監督・脚本もつとめマルチな才能を発揮するエリザベス・バンクス。「ジェーン」を率いるリーダー・バージ ニアを演じるのは、『アニー・ホール』(77)『エイリアン』シリーズ、『ゴースト・バスターズ』シリーズなど、数多くのハリウッド大作に出演する名 優シガニ―・ウィーバー。名実ともに世界トップの製作・キャスト陣が集結し、女性たちを強く、そして美しく描いた新たな傑作が誕生した。

本作の日本公開が決定!邦題が『コール・ジェーン ー女性たちの秘密の電話ー』に決まり、あわせて予告映像とポスタービジュアルが解禁となった。

ベルリン国際映画祭のコンペティション部門にて正式出品、昨年のサンダンス映画祭でも上映されると、現代が抱える問題への対峙とエ ンタメ作品としての魅力を両立させた良作として、多くの絶賛の声を集めている『コール・ジェーン ー女性たちの秘密の電話ー』。既に 世界各国で上映されていた本作が、遂に待望の日本公開決定!3 月 22 日(金)より全国映画館で公開されることとなる。そして公開の決定と共に、本作の予告映像とポスタービジュアルが解禁された。

予告映像【https://youtu.be/o8YGjalYUYE】は、主人公・ジョイ(エリザベス・バンクス)が緊張した面持ちで「助けて」と、あるところに電話をするシーンから始まる。舞台は 1960 年代アメリカ。軽快な音楽とカラフルでキュートなファッション、ボリュームのあるヘアスタイルにレトロな車。裕福な家庭の主婦である ジョイは、夫・ウィル(クリス・メッシーナ)との間に二人目の子を妊娠し、高校生の娘と幸せに暮らしていた。そんな幸せに溢れた家族の 風景から一変、ジョイは突然倒れてしまう。なんと妊娠をきっかけに自身の持病が悪化している事が発覚するのだ。母体の影響を考える と中絶しかすべがない事を知り失意の底に落とされる一家。ジョイは生きる為、苦渋の決断をするが、中絶が法律的に許されていない時代のアメリカで、自分には選択肢がない事を知る。彼女は次第に追い詰められていくが、街で見かけた「妊娠?助けが必要?CALL JANE(ジェーンに電話を)」という怪しい張り紙を頼りに辿り着いたのは、違法だが安全な中絶手術を提供するアンダーグラウンドな活動団体「ジェーン」だった。「誰がジェーン?」というジョイの問いにリーダーのバージニア(シガニ―・ウィーバー)は「わたしたちが“ジェーン”よ」と答える。緊張と恐怖で押し潰されそうな中、無事に手術を終え命を救われたジョイ。 「わたしたちの人生のために選択の自由が、あるべきじゃない?」という言葉と共に、選択できない女性たちを救うため、「ジェーン」の一員 となっていくジョイ。そんな秘密の活動に不信感を抱く夫、バージニアからの「密告した?」という言葉に込められた意味とは?自らの危険をかえりみず、選択できない女性たちのために立ち上がった「ジェーン」たちを描いた、実話をもとにしたパワフルな映画だ。

ポスタービジュアルは、淡いブルーの背景カラーに映える、パステルピンクの電話、1960 年代のアメリカを彷彿とさ せる、レトロでポップなデザインに対し、電話の前に不安げな表情で座る主人公・ジョイ。「わたしの身体か、胎児のいのちか、自由に選択できないわたしたち」というインパクトのある言葉は、性別、生まれた環境などの違いによって、なぜ人としての権利に違いが生じるのかとい う問いを私たちに投げかけてくる。

中絶の手助けによって推定 12,000 人の女性を救い、“自身の身体について守る権利=女性の選択の自由“を得るため、活動した団体「ジェーン」の実話をベースにした本作。素晴らしいエンターテインメントに仕上がった彼女たちの熱く力強い闘いを、ぜひ劇場で体感いただきたい。


【STORY】
妊娠? 助けが必要? ジェーンに電話を!
1968 年、アメリカのシカゴ。裕福な家の主婦として生きるジョイは何不自由ない暮らしを送っていたが、2 人目の子供の妊娠によって心臓の病気が悪 化してしまう。唯一の治療は、妊娠をやめることだと担当医に言われ中絶を申し出るが、中絶が法律的に許されていない時代、地元の病院の責任者 である男性全員から「中絶は反対だ」と、あっさり拒否されてしまう。そんな中、街で偶然「妊娠?助けが必要?ジェーンに電話を」という張り紙を見つけ、違法だが安全な中絶手術を提供するアンダーグラウンドな団体 「ジェーン」にたどり着く。その後、ジョイは「ジェーン」の一員となり、自分と同じ立場で中絶が必要な女性たちを救うために立ち上がる!


監督・脚本:フィリス・ナジー プロデューサー:ロビー・ブレナー 
出演:エリザベス・バンクス、シガニー・ウィーバー
2022 年/ アメリカ /原題:Call Jane / PG12 配給:プレシディオ ©2022 Vintage Park, Inc. All rights reserved. 
3月22日(金)公開


関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ