FC2ブログ

記事一覧

『ノスタアルジア 4K修復版』4Kで蘇った「1+1=1」本編シーン解禁 文化人からコメントも到着


【ニュース】
高精細レストアで蘇った 水、光、そして「1+1=1」本編シーン解禁!作品を愛してやまない文化人からのコメントも到着


現代映画に多大なる影響を与え続ける不世出の映画作家アンドレイ・タルコフスキー監督の『ノスタルジア 4K 修復版』を、1 月 26 日(金)より Bunkamura ル・シネマ 渋谷宮下ほか全国の劇場にて順次公開する。


54 年という短命な生涯ながら、全 8 作品の劇映画を世に送り出し、クリストファー・ノーランやアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥといった現代の映画監督たちにも多大な影響を与えている、旧ソ連が生んだ巨匠アンドレイ・タルコフスキー。長編デビュー作『僕の村は戦場だった』(62)で、ヴェネチア国際映画祭サン・マルコ金獅子賞を受賞するも、2 作目『アンドレイ・ルブリョフ』で歴史解釈をめぐってソ連当局から激しい批判を受け上映禁止を言い渡されてしまう。その一方で同作は 1969 年のカンヌ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞を受賞、そ
の後も『惑星ソラリス』(72)、『鏡』(75)、『ストーカー』(79)と、唯一無二の映像世界で批評家や観客たちを魅了した。だがソ連国内の厳しい検閲は依然として強く、ソ連を出国。はじめてソビエト連邦国外のイタリアで製作されたタルコフスキー監督作が長編6作目となる『ノスタルジア』である。


モスクワからイタリアにやってきた詩人アンドレイ・ゴルチャコフと通訳の女性エウジェニア。ふたりは、ロシアの音楽家パヴェル・サスノフスキーの足跡を辿る旅をしていたが、旅の終盤アンドレイは病に冒されていた。そんな中、二人は、世界の終末が訪れたと信じ家族で 7 年間も家に閉じこもり、人々に狂信者と噂されるドメニコという男に出会うのだった―。


解禁されたのは、【https://youtu.be/tqWxAeUVqKo】アンドレイがドメニコの家から去ろうとするシーン。屋内にも関わらず絶え間なく水が滴り落ちるドメニコの家で、アンドレイはドメニコに、なぜ世界の救済を自分に託すのか、と問い、壁に「1+1=1」という数式が描かれている象徴的な場面だ。タルコフスキーの代名詞といえる、滴り落ちる「水」、窓から差し込む「光」が、高精細のレストアでより鮮明に映し出される。




また本作を愛してやまない文化人からコメントが到着。ロシア文学者の沼野恭子氏は「ロシアによるウクライナ侵攻開始以降<ノスタルジア
>が切実なテーマになっている今、新たなリアリティを得てふたたび私たちの前に立ち現れた本作品。息を呑むほどに美しいこの交響詩を<
奇跡>と呼ばずして何であろう!」と本作が製作から 40 年経った今でもアクチュアルな作品であることを語り、文学紹介者の頭木弘樹氏は「私たちはだれでも、どこか現実に適応できないところがある。だから、たとえ自分の国の自分の町の自分の家にいても、本来の居場所ではないところにいるようなノスタルジアを感じる。そのことを自覚させられ、同時に世界とのつながりを取り戻したいと思わせてくれる映画だ。」と寄せた。ほか映像作家・小森はるか氏、映画批評家・須藤健太郎氏、写真家・齋藤陽道氏が寄稿している。




私たちはだれでも、どこか現実に適応できないところがある。だから、たとえ自分の国の自分の町の自分の家にいても、本来の居場所ではないところにいるようなノスタルジアを感じる。
そのことを自覚させられ、同時に世界とのつながりを取り戻したいと思わせてくれる映画だ。
頭木弘樹(文学紹介者)

神話のような悠久の映像の流れに身も心もおいて観ていると、あらゆる亡き人との最後の出会いの時間をも想い出していた。
ふと、あちら側から、こちら側を見つめるまなざしを感じた。奇妙な懐かしさを覚えた。このまなざしの感触、私は知っていた。ずっと、知っていた。
齋藤陽道(写真家)

1949年、アウシュヴィッツ以後に詩を書くのは野蛮である、とアドルノはいった。
1964年、餓死する子供を前にすれば『嘔吐』など無力である、とサルトルはいった。
災害、飢饉、感染症、侵略、戦争、民族浄化。
正視しがたい「悲惨のイメージ」が日々SNSを通して伝えられるなか、映画に何ができるか。
映画にはどんな意義が残されているか。映画は何をなすべきか。
2024年1月、タルコフスキーの『ノスタルジア』は問いを突きつける。
須藤健太郎(映画批評家)

私たちには光としては記憶されないであろう風景に、アンドレイは辿り着けない故郷の光線を見ている。
霧に覆われた風景が『ノスタルジア』の記憶を甦らせるとき、彼の帰郷への想いを忘れていないことに繋がっているのかもしれない。
小森はるか(映像作家)

ロシアによるウクライナ侵攻開始以降<ノスタルジア>が切実なテーマになっている今、
新たなリアリティを得てふたたび私たちの前に立ち現れた本作品。
息を呑むほどに美しいこの交響詩を<奇跡>と呼ばずして何であろう!
沼野恭子(ロシア文学者)




監督・脚本:アンドレイ・タルコフスキー
脚本:トニ一ノ・グエッラ
撮影監督:ジュゼッペ・ランチ
出演:オレーグ・ヤンコフスキー、エルランド・ヨセフソン、ドミツィアナ・ジョルダーノ
1983/イタリア=ソ連合作/ビスタ/カラー/126分/G 原題:NOSTALGHIA 日本語字幕:橋本克己
©1983 RAI-Radiotelevisione Italiana.LICENSED BY RAI COM S.p.A.-Roma-Italy, All Right Reserved.
配給:ザジフィルムズ
公式HP:http://www.zaziefilms.com/nostalghia4k/
1月26日(金)よりBunkamuraル・シネマ 渋谷宮下ほか全国順次公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ