FC2ブログ

記事一覧

『サウンド・オブ・サイレンス』監督ユニット「T3」のオフィシャルインタビュー到着

【ニュース】
新進気鋭の監督ユニットが放つ、息もできないほどの恐怖。
監督のアレッサンドロ・アントナチ、ダニエル・ラスカー、ステファノ・マンダラは、『パラノーマル・アクティビティ』等を輩出したアメリカ最大のホラー映画祭であるスクリームフェスト・ホラー映画祭において、2018年に共同製作した『デス・アプリ 死へのカウントダウン』が選出される。その後、彼らは「T3」という映画製作ブランドを創設。イタリアを拠点として、数々の短編ホラー映画を生み出す。本作は、2020年に同映画祭に選出され好評を得た短編を元に、「T3」初の英語長編映画として完成させた作品である。『クワイエット・プレイス』のシチュエーション、『ライト/オフ』の恐怖、『ドント・ブリーズ』の追撃戦を彷彿とさせるホラーの傑作が誕生した。






T3として知られる脚本・監督トリオであるステファノ・マンダラ、アレッサンドロ・アントナチ、ダニエル・ラスカルの3人の監督が本作の製作過程について語った。


3 人体制がどのように機能しているのかについて尋ねられると、アレッサンドロは「私たちは 8 年近く一緒に仕事をしていますが、とてもうまくいっています。3 人の頭脳とそれぞれの人生経験を融合させ、そのすべてを 1 つのものとして機能させてるんです。私は撮影、カメラワーク、編集を担当し、ステファノは照明と舞台制作を管理し、料理もするなどの役割分担が上手く出来ているんだと思います。お互いにそのスキルを信頼しているので、それぞれが自分の分野に集中することができ、間違いなく役に立っていますよ」と語る。


「実は、長編を作る前に短編を作ったんです。それが「スクリームフェスト」に選ばれ、長編にすることにしたのです。


最初は、ラジオがテーマではなく、音のオン・オフがテーマだったんですが、ある日、ステファノが古いラジオを買ってスタジオに持ってきました。私たちはそれを見て、ビンテージのラジオを題材に、過去から何かが戻ってくるという古典的なゴーストストーリーを作ったらどうだろうと思い立ったんです。そしてラジオのバックストーリーを作ることで、女性虐待や女性の地位向上といったテーマを扱うことができました。だから、『インシディアス』のような怖さのある、商業的で楽しいものを作ることができたと同時に、そのドラマチックな過去によって、より意味深いものにすることも出来
たんです」と本作が作られた経緯について語る。


さらに「この映画で描かれるトラウマや、ラジオにまつわるトラウマには理由があります。何の動機もなく、ただ明確な悪者について書こうと決めたわけではないんです。人々はフェミニズムをどのように受け止めているかというと、フェミニズムが男性の闘いにも焦点を当てていることを見落としていることが多い。彼らはそれを省こうとしたのではなく、良いメッセージを残し、それを徹底したのです」と付け加える。
影響を受けた作品について聞かれると、「この映画は『クワイエット・プレイス』の幽霊バージョンであり、『ライト/オフ』の音響バージョンなんです。これらの映画は私たちの頭の中にありました。本作で幽霊と音のオン・オフというコンセプトがあったとき、私たちはそれが商業的であり、観客にとって十分に興味深いものだと考えました。特に、あの2つの有名な映画はとても効果的でしたから」という。




出演:ペネロペ・サンギオルジ、ロッコ・マラッツィタ、ルチア・カポラーソ、ダニエル・デ・マルティーノ
監督・脚本・撮影・編集・製作:アレッサンドロ・アントナチ、ダニエル・ラスカー、ステファノ・マンダラ 製作:ラファエル・リナルディ、リカルド・スカルヴァ
2023 年/イタリア映画/英語・イタリア語/93 分/シネスコ/5.1ch/字幕:堀池明/映倫 G
原題:Sound of Silence/提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム
http://sound-of-silence.jp 
© 2022 T3 Directors SRL
1月26日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ