FC2ブログ

記事一覧

『お終活 再春!人生ラプソディ』5月31日公開 妻の「シャンソン歌手になる!」宣言に「俺のメシ」を心配する夫!波乱の予感がする予告編解禁

【ニュース】
『お終活 再春!人生ラプソディ』波乱の予感がする予告編が到着!公開日も5月31日に決定した。


公開されたメイン写真では微笑みながら歌う千賀子の姿が。果たしてこれは夢か?現実か?


第2弾のテーマは青春ならぬ「再春」。誰の心の中にもきっとある若かりし頃の夢や憧れ。仕事や子育てが一段落した今だからこそ、これからも続いていく自分の人生を楽しく豊かに過ごすために、再びチャレンジしてみよう!生前整理をすることだけでなく、やり残したことをやる。それもまた一つの「終活」と、新たに提案している。


本作では、専業主婦の大原千賀子(高畑淳子)が一人娘・亜矢(剛力彩芽)の結婚を控え、終活セミナーで聞いた【「再春」—青春時代の夢に、もう一度、挑戦する!】の言葉に触発され、結婚前の夢だった「シャンソン歌手としてステージに立つ!」という目標に向かって大張り切り。その一方で夫・真一(橋爪功)に認知症疑惑が起こり、亜矢の婚約者・涼太(水野勝)も巻き込み、大原家はいつものように大騒動となる。


解禁された予告編【https://youtu.be/pRYvtdk-Mfk】は、家族での食事中、高畑演じる千賀子が「シャンソン歌手として舞台に立つ!」と宣言するものの、“メシ”の心配をする夫・真一(橋爪)に呆れ顔の娘・亜矢(剛力)と婚約者の涼太(水野)と前作からのおなじみキャストが揃い、和やかな中にもなにやら波乱が巻き起こりそうな予感がする幕開けだ。
「世界にひとつしかない“愛の讃歌”を歌いたい」と張り切る千賀子の真意も気になるところ。ちなみに主演の高畑は、2009年からシャンソンの祭典「パリ祭」に出演しており、劇中での歌声にも期待される。
 
また要介護1認定された真一が通い始めたデイサービスで「歳をとることは楽ですなぁ」と語る木村(大村崑)との、ちょっととぼけた体操シーン(撮影当時、橋爪は81歳。大村は91歳!)や、亜矢が勤めるシニア向け分譲マンションに入居してきたフランス帰りの画家・五島英樹(長塚京三)が、「この歳になると昔の事が懐かしく思えて」と、千賀子の歌の先生、丸山英恵(凰稀かなめ)に語るワケありシーンなども流れ、新メンバーによる新しい「お終活」も見逃せない。


「再春」を楽しみ、自分らしく過ごす彼らの姿は観る人々をきっとゴキゲンにさせるはず。
 


熟年夫婦の悲喜こもごも、親子の葛藤、介護の本音。それでも、いくつになっても、人生を諦めない『お終活』ファミリー達が、痛快な笑いと胸を熱くする感動を呼び起こす。本シリーズならではのシニア世代のお役立ち最新情報も満載な『お終活 再春!人生ラプソディ』。


出演:高畑淳子 剛力彩芽 松下由樹 水野勝 西村まさ彦 石橋蓮司
藤吉久美子 増子倭文江 LiLiCo 窪塚俊介 勝俣州和 橋本マナミ
藤原紀香(友情出演) 大村崑 凰稀かなめ 長塚京三 橋爪功
脚本・監督:香月秀之
音楽:MOKU
挿入歌:『愛の讃歌』作曲:Margueritte Angele Monnot 訳詞:カツキヒデユキ 歌:高畑淳子
製作:米澤義一 米澤誠 櫻井一葉 一柳鎨 永森裕二 山本正典 坪井晴雅 武元かおり 藤原信幸 竹田太郎 兼定力 企画・プロデュース:櫻井一葉 プロデューサー:川田亮 安久慎一 キャスティングプロデューサー:福岡康裕 アソシエイトプロデューサー:渡邊健太郎 ラインプロデューサー:辻󠄀智 撮影:松尾誠 照明:小野村拡洋 美術:西沢和幸 録音:深田晃 編集・VFX:人見健太郎 スクリプター:湯澤ゆき ヘアメイク:泉宏幸 衣裳:深野明美 松下麗子 助監督:冨田卓 製作担当:椋樹尚映 宣伝:下ノ村真由美 小野典子 デザイン:尾野正人 配給営業統括:根本真麻
特別協賛:洋服の青山 坪井工業 自由が丘陵苑 メガネのヨネザワ ドゥ.ヨネザワ企業グループ 協賛:アデランス エクシング テレビ熊本 中電クラビス いきいきライフ協会 名古屋 川﨑会計事務所 農心ジャパン えがお
企画・製作プロダクション:フレッシュハーツ
配給:イオンエンターテイメント
2023/日本/118分/5.1ch/カラー/ビスタサイズ/デジタル
©2024年「お終活 再春!」製作委員会
http://Oshu-katsu.com/2/
5月31日(金) 公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ