FC2ブログ

記事一覧

映画『サイレントラブ』内田英治監督×久石譲 制作秘話、メイキングカット、かてぃんオフショット解禁

【ニュース】
「いつか映画監督になったら音楽を作っていただきたい」記者時代の口約束から25年――
ついに実現した奇跡のタッグ!オリジナル楽曲「Silent」制作秘話と監督メイキングカットが解禁

「役者さんの表情や、内面の気持ちの変化だけでストーリーが進んでゆく。優しさや怒りや悲しさが、音楽によって静かに奏でられてゆく」作品を作りたいと願った内田監督が、極限までセリフを削ぎ落とした映画作りに挑んだ本作で重要な出演者となる“音楽”を依頼したのが、指揮者としても活躍し、先ごろプロオーケストラ・日本センチュリー交響楽団の音楽監督に就任することが報じられた久石譲。オリジナル楽曲として制作された美しくも切なさを感じさせる旋律の「Silent」は、物語に絶大なアクセントを与えている。

今回の久石の起用が自らの熱烈なオファーがきっかけであったと明かす内田監督は、映画の制作を始める前には雑誌の記者として働いていたこともある異色の経歴を持ち、当時実際に久石へインタビューも実施していたのだという。「僕が久石さんの音楽に出会ったのは、北野武監督の作品です。特に『あの夏、いちばん静かな海。』の音楽にすごくしびれて、それ以来ずっと聴き続けています。記者をやっていた頃に憧れからインタビューをさせていただいたのですが、その時に『いつか映画監督になったら音楽を作っていただきたい』とお話しして、25 年が経ちました。今回、ダメもとで久石さんにお願いしませんかとプロデューサーサイドに持ち掛けました。結果、快く引き受けていただいて、本当に感慨深いです」と、奇跡のタッグの実現に喜びを語っている。



久石は本作を彩る音楽を担当するにあたり、実際に内田と何度も打ち合わせを重ねたそうで、「作り手の話を聞きたいという方なので、実際にお会いしてたくさんお話をさせてい
ただきました。キャラクターの性格から物語の背景、なぜ僕がこの作品を作ろうと思ったのかまで、いろんな話をしました。そして、このシーンのここからここまで、どういう音楽がほしいかと結構詳細に決めました。曲が上がってからも、『勢いが出て2パターン作ってみたのだけれど、どっちがいいと思う?』と聞かれるなど、非常にフラットな方でした。映画音楽に対するパワーが、世界の巨匠というより 20 代のフレッシュな新人作曲家のようなイメージでした」。とその制作過程や久石の楽曲制作の様子を振り返る内田。さらに「収録は生演奏だったのですが、収録中もシーンを流しながら、出演者の感情に寄り添っていくということに重きを置いてらっしゃいました。お仕事をご一緒して、本当に素晴らしい作曲家だと改めて感銘を受けました」と収録時のエピソードも明かした上で、完成した楽曲を初めて聞いた際には「感動しました。ひとつは久石さんの音楽が、自分の撮ったシーンにかかっているというミーハーな感動です。ずーっと本当に好きで、普段も聴き続けてきた音楽家ですので」と興奮を隠しきれない自身の心のうちを吐露。さらに「もうひとつは、久石さんの音楽を羅列した時の総合的な完成度です。映画1 本にはめ込んでみると、ひとつの世界が出来上がっているという感動です。映画が総合芸術であるという所以を、思い返した瞬間でしたね。久石さんの音楽は、効果音などいわゆる映画的な手法との融合性も高いですね。ミニマル・ミュージックがベースで、フルオーケストラで映画を盛り上げるという音楽とは真逆の世界の方なので、本来は効果音や撮影技法などに、あまり寄り添うタイプの音楽ではないと思わせつつも、久石さんが作るとなぜかぴったり合ってしまう。まさに、久石さんにしかできない世界観だと思います」と、久石の作り上げた音楽を絶賛。




さらに、この“久石にしか作れない世界観”により磨きをかけたのが「かてぃん」の名で知られるピアニスト、角野隼斗である。角野は登録者数が 130 万人を超える自身の YouTube のチャンネルで久石の楽曲を演奏した様子をアップしたり、久石の娘である歌手の麻衣とコンサートで共演するなど久石本人とも親交を深めている新進気鋭のピアニストで、今回、久石からの直々のオファーにより、オリジナル楽曲「Silent」のレコーディングに活動の拠点であるニューヨークから当初の予定を早めて帰国して参加。もう一つの奇跡のタッグが実現することとなった。久石からのオファーを受けた際には「久石さんは自分が幼いころから大好きな作曲家でしたので、オファーをいただいて純粋にとても驚きましたし、とても嬉しかったです」と当時の喜びを語った。当日は久石立ち会いのもとレコーディングに挑んだそうで、「久石さんの作品の世界観を崩さないことに徹しようとしていたのですが、角野くんらしさを出してもらって良いよと言ってくださり、特に中盤の軽やかな部分は自由に演奏しました」と、憧れの久石の一言によって自由に楽曲を作り上げる事ができたと言う。そして実際に完成した楽曲がその世界を彩る本作品を見た感想を、「美夏がこのテーマ曲を演奏をするシーンでは、シンプルな旋律の中に秘めた確固たる彼女の決意のようなものを感じました。自分がピアニストとして生きていくことを決めた時の心境とも重なり、胸が熱くなりました。関わることができて光栄です」と絶賛コメントを残した。



©Ryuya Amao

角野隼斗 プロフィール
2018 年、東京大学大学院在学中にピティナピアノコンペティション特級グランプリ受賞。2021 年、ショパン国際ピアノコンクールセミファイナリスト。これまでにポーランド国立放送交響楽団、ボストン・ポップス・オーケストラ、ハンブルク交響楽団、日本有数のオーケストラと共演。“かてぃん“名義で活動する YouTube チャンネルは登録者数が 130 万人を突破。拠点をニューヨークに移し、世界各地に活動の幅を広げている。2024 年、自身最大規模の全国 23 公演のツアーを開催
予定。


山田涼介 浜辺美波
野村周平/吉村界人 SWAY 中島歩 円井わん
辰巳琢郎 /古田新太
原案・脚本・監督 内田英治 共同脚本 まなべゆきこ 音楽 久石譲
主題歌:「ナハトムジーク」Mrs. GREEN APPLE(ユニバーサル ミュージック / EMI Records)
製作 依田巽 大多亮 中村浩子 エグゼクティブプロデューサー 小竹里美 臼井裕詞
プロデューサー 松下 剛 横山和宏 玉井宏昌 楠智晴 ラインプロデューサー 尾関玄
撮影 木村信也 照明 石黒靖浩 美術 太田仁 装飾 澤下和好 録音 栗原和弘
衣裳 川本誠子 ヘアメイク 板垣実和 小道具 SAORI スクリプター 石川愛子 編集 小美野昌史
音響効果 堀内みゆき 助監督 井手博基 監督補 佐藤 吏 制作担当 酒井識人 音楽指導コーディネーター 佐藤 順
アクションコーディネーター 小原 剛 特殊視覚効果 泉谷 修 特殊造形 百武 朋 並河学 キャスティングディレクター 伊藤尚哉
配給 ギャガ 制作プロダクション アークエンタテインメント
© 2024「サイレントラブ」製作委員会
1月26日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ