FC2ブログ

記事一覧

マヒトゥ・ザ・ピーポー初監督作 『i ai(アイアイ)』3月劇場公開決定!予告を解禁 喜びのコメントも到着

【ニュース】
マヒトゥ・ザ・ピーポー初監督作品『i ai (アイアイ)』の公開日が 3 月 8 日に決定し、主演の富田健太郎、共演の森山未來、さとうほなみ、永山瑛太、小泉今日子ほかキャスト陣から喜びのコメントが到着。併せて、本予告と場面写真が解禁された。

マヒトゥ・ザ・ピーポー初監督作
応募数 3,500 人の大規模オーディションから抜擢された富田健太郎、森山未來、さとうほなみ、永山瑛太、小泉今日子ら実力派俳優陣とカルチャー界の重鎮が集結した新たな青春映画の誕生した。

舞台は、兵庫の明石。期待も未来もなく、単調な日々を過ごしていた若者・コウ(富田健太郎)の前に、地元で有名なバンドマン・ヒー兄(森山未來)が現れる。強引なヒー兄のペースに巻き込まれ、ヒー兄の弟・キラ(堀家一希)とバンドを組むことになったコウは、初めてできた仲間、バンドという居場所で人生の輝きを取り戻していった。ヤクザに目をつけられても怯まず、メジャーデビュー目前、彼女のるり姉(さとうほなみ)とも幸せそう だったヒー兄。その矢先、コウにとって憧れで圧倒的存在だったヒー兄との突然の別れが訪れる。それから数年後、バンドも放棄してサラリーマンになっていたコウの前に、ヒー兄の幻影が現れて......。
GEZAN のフロントマンであり、音楽以外でも小説執筆や映画出演、フリーフェス・全感覚祭や反戦デモの主催など、独自のレイヤーによるカルチャーを紡ぐ活動で唯一無二の世界を作り上げるマヒトゥ・ザ・ピーポーが初監督を務め、2022 年の東京国際映画祭 アジアの未来部門にも正式出品された映画『i ai(アイアイ)』。マヒト監督の実体験をもとに、主人公のバンドマン・コウと、コウが憧れるヒー兄、そして仲間たちが音楽と共に過ごした日々、出会いと別れ、彼らの切実な時間が綴られていく青春映画だ。


主人公コウ役には、“全感覚オーディション”と銘打たれたオーディションで約 3,500 人の中から抜擢された新星・ 富田健太郎。そして主人公の人生に影響を与え、カリスマ的な存在感を放つヒー兄役に、映画だけでなく舞台やダンサーとしても活躍する森山未來。ヒー兄の恋人・るり姉役を、映画やドラマ、舞台と活躍の幅を広げるさとうほなみ、ヒー兄の弟でコウとバンドを組むキラ役を、映画『世界は僕らに気づかない』で第 37 回高崎映画祭最優秀新進俳優賞を受賞した堀家一希。さらに吹越満、永山瑛太、小泉今日子ら多彩な実力派が顔を揃える。

マヒト監督の紡ぐ“詩”と、キーカラーでもある“赤”が象徴的に使われる、寺山修司を彷彿させる独特の映像美が 融合した本作。この純文学的な味わいの作品を撮影カメラマンとして支えたのは、木村伊兵衛写真賞受賞の写真家・ 佐内正史。そして、美術に佐々木尚、衣装に宮本まさ江、劇中画に新井英樹など、監督の思いに共鳴したカルチャー界の重鎮たちが集結した。また、ヒー兄がフロントマンを務める劇中バンドのライブシーンで、実際の演奏を担うのは、監督をはじめとする GEZAN のメンバーたち。ライブハウスの混沌と狂乱が臨場感たっぷりに描かれている。


解禁となったのは、コウとヒー兄、彼らをとりまく人々の切実な時間を切り取った本予告と場面写真
本予告映像【https://youtu.be/KMC2OPSG4pE】は、コウ(富田)がヒー兄(森山)からギターを教わるシーンから始まる。「これで世界が変わんねんで。一瞬でやで。アンプフルテンにしてワンストロークで風を裂くねん」と語るヒー兄。ギターが掻き鳴らされ、ヒー兄がフロントマンを務めるバンドのライブシーンに続く。観客の渦にダイブするヒー兄の姿に一瞬の静寂。途端疾走感あふれる音楽が流れ、ヒー兄との出会いで始まった「ことばにならない日々」が映し出されていく。ヒー兄に憧れてバンドを始めたコウ。アンプから出るギターの音に仲間とともに喜び、ヒー兄の背中を追いかける。

しかし、別れは突然やってきて...。割れたガラスの破片、ヒー兄が自分のこめかみに拳銃をつきつける姿や、橋から仰向けで飛び降りる不穏なショットが連続でインサートされる。ヒー兄の「俺いくわ。世界の約束ってやつを、神様だけが知らんところに隠しといたから」というセリフとともに、転調する音楽。切ないピアノの音色にのせて、ヒー兄との別れで悲しみに暮れる人々が捉えられている。そこに「出会い続けろ」のテロップ。祈りのような歌声が重なり、走馬灯のようにヒー兄や仲間たちと過ごした日々が映し出される。

最後は、「ことばになんかできないけど、ことばにしなくちゃ。ことばにしなくちゃ」とコウの振り絞るような声に、キーカラーとなる赤い花びらが舞う中で一筋の光を求めるかのように踊るヒー兄の姿。マヒト監督が自身で手がけた劇伴にのせて、出会いと別れがもたらす壮大なクライマックスを予感させる予告映像となっている。




今回の劇場公開決定の報せに、参加者 3,500 人の大規模オーディションの中から主演に抜擢された富田は、撮影を振り返り「全ての瞬間が今でも鮮度を保ったまま心に残ってます。『i ai』の夏、最高だったな。紛れもなく人生の 青春です」と述懐。マヒト監督も「わたしは映画という嘘の時間の中でたどり着い た本当がお守りのように、未来を照らすことを知っている。この正しく混乱した 118 分が歪んだ現実をサバイブする武器になることを確信している」と喜びのコメントを寄せている。一方、マヒト監督との初タッグについて森山は、「マヒトの詩的 でプリミティブな作家性に溢れた処女作に関われたことを、おもしろおかしく思っています」と語り、「映画でしか生まれることのなかった世界です。映画館で体験しなければ意味はないかと」と映画館での体験を望んでいる。マヒト監督が実力派俳優陣とカルチャーの重鎮たちと作り上げた詩的な世界観と映像美を、ぜひ映 画館のスクリーンで体験してほしい。









監督、キャストから喜びのコメントが到着!!

『i ai』の劇場公開が決まりました。
あの夏をいよいよ皆さんに観てもらえるのかと思うと感慨深いものがあります。
2年半前の明石の海の匂い、深夜に一人徘徊した公園、子供達のアンコールの声、ギターの炸裂音、叫んだ屋上、全ての瞬間が今でも鮮度を保ったまま心に残っています。
『i ai』の夏、最高だったな。
紛れもなく人生の青春です。
皆さんにこの作品を届ける事が出来ること、本当に嬉しく思っています。
これから出逢える皆さんに心からの感謝を込めて。
多くの人に『i ai』が届きますように。

――富田健太郎

 
いつかの夏の終わりに撮影した『i ai』。
細かな記憶は少しずつ薄れてきてはいるけれど、あの時間が僕に与えたインパクトは今でも明確です。目を瞑って立ち上がってくるイメージは、どこまでも突き抜けた、真っ赤な青。マヒトの詩的でプリミティブな作家性に溢れた処女作に関われたことを、おもしろおかしく思ってます。
映画でしか生まれることのなかった世界です。映画館で体験しなければ意味はないかと。

――森山未來

 
初めまして、ヒー兄の弟、キラ役で出演しております、堀家一希です。
本作では誰かとの出逢い、別れ、言葉には出来ない一瞬の美しさが、景色と共に切り取られています。
僕自身も本作を通して会えなくなった人、これから出逢う人に想いを馳せる、良い機会になりました。
是非皆様もスクリーンで経験していただきたいです。

――堀家一希

 
ヒーの存在が大きすぎる。この物語の中での彼の生き様は、側から見て、すごく突飛で不安定で格好良くて羨ましくて掛け替えがない。そんな彼と共に生きられたことを幸せに思いました。この世界に於いての、音楽とひととのある種暴力的な関わりが何故か心地いい。出会えて良かった。

――さとうほなみ

 
マヒトゥ監督と2人で試写を観ました。
やられてしまいました。
物心ついてから自分の内側と外側で起きている、言語化出来ない、得体の知れない行き来する何かが、この作品から溢れ出ているのを皮膚から吸収してしまった。
これが観たかったんだ。。
昨今の不調和な世界に照射した赤い光『i ai』は、
皆様にどんな具合で届くのか楽しみでしかたがない。

――永山瑛太

 
儚くて、激しくて、美しいこの映画に参加できて嬉しかったです。

――小泉今日子

 
やっと公開が決まりました。
これは咳を我慢し、つられて季節も息をとめたとある夏、愛しき仲間と生傷を絶やさず駆け抜けた生きることについての物語です。
なぜ人は記録するのか?人はなぜ永遠に対して挑戦するのか?その答えを映画というフォーマットでしかすくいとれない瞬間の連続が肯定している。生きてる時間の中で死を生かそうとする試み、その痕跡が詩を呼び込む。
i ai、相逢、もう一度逢う。ううん、何度でも真実に会おう。わたしは映画という嘘の時間の中でたどり着いた本当がお守りのように、未来を照らすことを知っている。この正しく混乱した118分が歪んだ現実をサバイブする武器になることを確信している。

――マヒトゥ・ザ・ピーポー(監督・脚本)




富田健太郎
さとうほなみ 堀家一希
イワナミユウキ KIEN K-BOMB コムアイ 知久寿焼 大宮イチ
吹越 満 /永山瑛太 / 小泉今日子
森山未來
監督・脚本・音楽 マヒトゥ・ザ・ピーポー
撮影 佐内正史 劇中画 新井英樹
主題歌: GEZAN with Million Wish Collective「Third Summer of Love」(十三月)
プロデューサー 平体雄二 宮田幸太郎 瀬島 翔
美術 佐々木尚 照明 高坂俊秀  録音 島津未来介
編集 栗谷川純 音響効果 柴崎憲治 VFXスーパーバイザー オダイッセイ
衣装 宮本まさ江 衣装(森山未來)伊賀大介 ヘアメイク 濱野由梨乃
助監督 寺田明人 製作担当 谷村 龍 スケーター監修 上野伸平  宣伝 平井万里子
製作プロダクション:スタジオブルー  配給:パルコ
©STUDIO BLUE(2022年/日本/118分/カラー/DCP/5.1ch)
公式サイト:https://i-ai.jp
3月8日(金)渋谷ホワイトシネクイントほか全国順次公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ