FC2ブログ

記事一覧

映画『マッチング』土屋太鳳が泣き叫ぶ!!! 佐久間大介演じる永山吐夢に怯えるなど 輪花の場面写真が解禁

【ニュース】
土屋太鳳が泣き叫ぶ!!!
内田英治監督も太鼓判を押す土屋太鳳の新たな一面に注目!
ストーカーに追われ、事件に巻き込まれる 土屋太鳳演じる主人公・輪花の場面写真が公開

本作より土屋太鳳が演じる本作の主人公・輪花を写した新たな場面写真が解禁となった。輪花はウェディングプランナーとして働き仕事は充実しながらも、恋愛音痴で同僚に勧められたマッチングアプリを嫌々始めることとなる。解禁した場面写真では、仕事終わりに父(杉本哲太)と居酒屋で酒を酌み交わす姿や、アプリでマッチングした永山吐夢(佐久間大介)が、家まで押しかけてきた時の怯えたような姿が捉えられている。吐夢から執拗に追いかけられ悩んでいた輪花は、偶然仕事を通じて出会ったマッチングアプリのプログラマーとして働く影山剛(金子ノブアキ)に相談をするようになるが、影山の前では吐夢の前とは一変し、安堵したような表情を浮かべる様子も垣間見ることができる。


そして最後には、警察に抱えられながら泣き叫んでいるような姿も写し出されており、輪花の身に一体なにがあったのか気になる一枚となっている。

今回、土屋が演じているのは偶然アプリでマッチングしたことからストーカーに追われることとなり、さらに殺人事件に巻き込まれていくという役。本作で脚本・監督を務めた内田英治は土屋の役どころについて「土屋太鳳さんはこれまで清楚なイメージの役が多かったと思いますが、今回は主体性や自信のない人物が徐々に強くなっていく、その変化を演じてもらいました。アクションもあり、剥き出しの表現もあり。洋画のサスペンスにはつきものの絶叫も頑張ってもらって、新たな面が見えたのではないでしょうか」と、数々の作品で様々な役を演じてきた土屋の新たな面が本作で見ることができると話している。

現代社会にも広く普及したマッチングアプリによる“出会い”から始まる恐怖、ジェットコースターのようなノンストップの展開。今の時代だからこそ引き込まれる設定とストーリー、そして本作で見ることができる土屋太鳳の新たな姿にご期待ください。


出演:土屋太鳳
佐久間大介 金子ノブアキ
真飛聖 後藤剛範 片山萌美 片岡礼子
杉本哲太 斉藤由貴
監督・脚本:内田英治
原作:内田英治『マッチング』(角川ホラー文庫刊)
音楽:小林洋平 共同脚本:宍戸英紀
主題歌:Aimer「800」(SACRA MUSIC / Sony Music Labels Inc.)
製作:『マッチング』製作委員会 制作・配給:KADOKAWA
©︎2024『マッチング』製作委員会
2月23日(金・祝)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ