FC2ブログ

記事一覧

映画『12日の殺人』真犯人はこの中にいるのか?それとも......?!誰もが怪しげな男たちと、事件を追う刑事たちの場面写真解禁

【ニュース】
被害者と関係のあった男たち全員に向けられる疑惑。 真犯人はこの中にいるのか?それとも......?! 誰もが怪しげな男たちと、事件を追う刑事たちの場面写真を解禁

監督は、『悪なき殺人(原題:Only The Animals)』(映画祭当時は、『動物だけが知っている』)にて 2019 年東京国際映画祭にて観客賞と最優秀女優賞を受賞したドミニク・モル監督。彼の最新作となる本作は、前作を圧倒する多数の映画賞受賞を果たし、注目を集め、この度、容疑に浮かび上がってくる男たちと事件に取り憑かれる刑事たちの場面写真が解禁となった。

“未解決事件”ーそれは、真実を知りたいという人間の根源的な欲望を刺激する。地元警察で班⻑を後任されたばかりのヨアンは、ベテラン刑事で型破りなマルソーや個性豊かな刑事たちと共 に、女子大生・クララが殺害された事件を調査することとなる。クララの親友のステファニーの協力などもあり、クララと交際歴のあったバイト先のウェズリーやボルダリングジムで知り合ったジュール、彼女を「燃やしてやる」というラップを自作していた元カレのギャビ、さらに彼女の墓の前で裸で歌う謎の男などが捜査線に上がっては消えていき、どれも犯人の確信には至らない。ヨアンとマルソーは事件を追ううちに、やがて闇 へと飲み込まれていく...。そして相棒のマルソーもまた、私生活に問題を抱えていた。事件の行く末は、どこに辿り着き、そして犯人は一体誰なのか。


監督:ドミニク・モル 
脚本:ドミニク・モル/ジル・マルシャン
原案:ポーリーヌ・ゲナ作「18.3. Une année passée à la PJ」 
出演:バスティアン・ブイヨン/ブーリ・ランネール/テオ・チョルビ /ヨハン・ディオネ /ティヴー・エヴェラー/ポーリー ヌ・セリエ /ルーラ・コットン・フラピエ 
配給:STAR CHANNEL MOVIES
© 2022 - Haut et Court - Versus Production - Auvergne-Rhône-Alpes Cinéma
(2022/フランス/原題:La Nuit du 12/114 分/ビスタ/カラー/5.1/字幕翻訳:宮坂愛)
3 月 15 日(金)新宿武蔵野館、 ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
3 月 16 日(土)、オンライン上映開始
Prime Video、U-NEXT
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ