FC2ブログ

記事一覧

スペインの鬼才カルロス・ベルムト監督 映画『マンティコア 怪物』不穏すぎるビジュアル、予告が解禁

【ニュース】
タブーを超えた衝撃の境地。この結末は愛か、悲劇かーー。
スペインの鬼才カルロス・ベルムト監督 映画『マンティコア 怪物』不穏すぎるビジュアル、予告が解禁

空想のモンスターを生み出すゲームデザイナーのフリアン。同僚の誕生日パーティーで美術史を学ぶディアナに出会う。内気で繊細な性格のフリアンだが、次第に聡明でどこかミステリアスなディアナに魅かれていく。しかし、フリアンは隣人の少年を火事から救った出来事をきっかけに原因不明のパニック発作に悩んでいた。やがて彼が抱えるある秘密が、思いもよらぬマンティコア[怪物]を作り出してしまう…。

ゲームデザイナーの青年が生み出したマンティコア[怪物]とは何なのか? ともすれば目を背けたくなるテーマを炙り出し、物語はやがて誰も想像し得ない衝撃の境地にたどり着く――。

監督は、架空の日本アニメ「魔法少女ユキコ」に憧れる白血病の少女をめぐる悲劇を描いた劇場デビュー作『マジカル・ガール』(14)がサン・セバスチャン国際映画祭グランプリ&監督賞をダブル受賞する快挙を成し遂げ、巨匠ペドロ・アルモドバルに「この映画を猛烈に愛する」と言わしめたカルロス・べルムト。その独創的なストーリーと先読みできない巧みな構成に批評家や映画ファンも唸り、日本でもカルト的な人気を博した。「日本文化は僕の血肉」と語り日本の漫画、アニメ、映画をこよなく愛するスペインの鬼才が描く、人間の心の闇のタブーに踏み込んだ衝撃のアンチモラル・ロマンス。

第 47 回トロント国際映画祭コンテンポラリー・ワールド・シネマ部門
第 55 回シッチェス・カタロニア国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門
第 35 回東京国際映画祭コンペティション部門
スペインの鬼才!カルロス・ベルムト監督(『マジカル・ガール』)最新作

不穏すぎるビジュアルと30秒予告が解禁された。

解禁されたビジュアルは、主人公フリアンの不安げな横顔のなかに不気味な無表情の顔が重なり、「欲望は目覚める」というコピーが添えられている。そして、フリアンが想いを寄せる女性ディアナの横顔の写真も置かれたデザインだ。

併せて解禁された 30秒予告【https://youtu.be/-t8jCZdzMkI】は、冒頭で何者かの似顔絵のスケッチが燃えていく様子と交互に「衝撃のアンチモラル・ロマンス誕生」の言葉が映し出される。そしてある少年を遠目から見つめるフリアン。そして、「誰も傷つけてない。リアルじゃない」と声を絞り出すフリアンに「私はリアルよ」と厳しい表情で告げるディアナ。彼の心に奥底に潜むマンティコア[怪物]とはいったい何なのだろうか?さらにアパートの火事、3D モデリングされていく人らしきもの、誰かを介抱する様子のディアナの後ろ姿など不穏なシーンが畳み掛けるが、予告のラストは「それでも一緒にいたい」と抱き合うふたりの姿で締めくくられる。果たして「タブーを超えた衝撃の境地」とは何なのか?一筋縄ではいかない男女の禁断の愛を予感させるが、ふたりを待ち受ける結末は愛か、悲劇かーー。


監督・脚本:カルロス・ベルムト 
出演:ナチョ・サンチェス、ゾーイ・ステイン、アルバロ・サンス・ロドリゲス、アイツィべル・ガルメンディア
2022 年/スペイン・エストニア/カラー/DCP/5.1ch/ビスタ/116 分/原題: Mantícora/ PG12 
配給:ビターズ・エンド
©︎Aquí y Allí Films, Bteam Prods, Magnética Cine, 34T Cinema y Punto Nemo AIE
4 月 19 日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ