FC2ブログ

記事一覧

監督 藤井道人 Netflix映画『パレード』主演 長澤まさみ 坂口健太郎 リリー・フランキー ヤクザ役で横浜流星も出演! 2月29日より世界独占配信

【ニュース】
Netflix 映画『パレード』を 2 月 29 日(木)より世界独占配信が決定した。監督 藤井道人、主演 長澤まさみをはじめ坂口健太郎 リリー・フランキー  横浜流星 森七菜 ほかキャストも解禁!キーアートも公開された。


日本映画界の俊英・藤井道人監督が、大ヒットを記録した『余命 10 年』、『最後まで行く』に続く新作として、日本映画を代表するキャスト・スタッフと共に創り上げた新たなる感動作『パレード』は、旅立ってしまった人の目線で、遺された人への想いを描く愛の物語。

瓦礫が打ち上げられた海辺で目を覚ました美奈子(長澤まさみ)。離ればなれになった一人息子・良を捜す彼女は、道中で青年・アキラ(坂口健太郎)や元ヤクザの勝利(横浜流星)、元映画プロデューサーのマイケル(リリー・フランキー)とその仲間たちと出会い、自分が亡くなったと知る。未練を残してこの世を去ったため、まだ“その先”に行けないのだと……。彼らもまた、様々な理由からこの世界にとどまっていた。現実を受け止めきれない美奈子だったが、月に一度死者たちが集い、それぞれの会いたかった人を探す“パレード”に参加したことを機に各々の心に触れていくーー。


主人公の美奈子を演じたのは、『海街 diary』『MOTHER マザー』「エルピス-希望、あるいは災い-」ほか、幾多の力作で存在感を発揮してきた長澤まさみ。死を自覚し、絶望した人間が運命を受け入れ、周囲や遺された人々を包み込む慈愛を発揮していくグラデーションを迫真の演技で魅せる。
美奈子と行動を共にする仲間たちには、作品のビジョンに共鳴した実力派が集結。『ヘルドッグス』で日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞し、『余命 10 年』で主人公を支え続ける恋人をひたむきに演じ、今後も Netflix シリーズ『さよならのつづき』など出演作が絶えない坂口健太郎が、穏やかななかにも哀愁を漂わせる文学青年アキラに扮し、『ヴィレッジ』『春に散る』での力演が激賞され、2025 年 NHK 大河ドラマ「べらぼう」が控える横浜流星がヤクザの勝利を熱演。Netflix シリーズ「新聞記者」ほか藤井監督の信頼も厚い寺島しのぶと田中哲司が、スナックのママ・かおりと元銀行員の田中を演じ、作品に奥行きをもたらしている。そして、物語の推進力となる映画プロデューサーのマイケル役を託されたのは、リリー・フランキー。ちゃらんぽらんだが人間味にあふれ、輪の中心となる愛すべきキャラクターを創り上げた。さらに物語の中盤からこの 6 人に加わるのは、『ラストレター』や「舞妓さんちのまかないさん」等でイノセントな魅力を振りまいた森七菜。生きることに絶望した女子高生・ナナの複雑な心情を繊細に表現した。

藤井道人監督による人物の心根まで踏み込んだ心情描写と卓越した演出、俳優陣の情感豊かな演技、記憶に残る映像。避けられぬ喪失を祝祭(パレード)として抱きしめる本作にあなたの大切な人を思い出すーーこの冬必見の温かな感動作が誕生した。


この度、主演:長澤まさみと、出演:坂口健太郎、リリー・フランキー 、藤井道人監督よりコメントと、キーアートが到着した。

主演の長澤まさみを中心とする豪華出演陣が集結し、背景には無人の観覧車と青く澄んだ空が広がる記念撮影のようなキーアートが合わせて公開された。


長澤まさみ

いつもあたり前にあった日常が、突然にして変わる事があり、まるで足跡を踏み直す様に、深く深く刻まれる。
物語の中では人と人が繋がり助け合い、分かち合う事で 1 人では拭えない不安や恐怖を遠ざけ進んでゆく。
あぁ私にも出来るかもしれない。
皆んなと同じ様に誰かの力になれるかも。
力強く歩みを進めて、自分の扉を開く準備をしよう。
これはいつだって、誰にでも許された自由であり希望なのだと思いました。

坂口健太郎

不思議な世界の話でした。
生と死、その間にある世界で僕たちは確かに存在し、息をして、心がある。
誰か、何かのためへの気持ちで一つの作品が生み出され、それが結果多くの心を揺さぶる、
そういう作品の価値を改めて考えさせてくれた作品でした。
そこに生きた僕たちの感情や想いに触れていただけたら嬉しいです。

リリー・フランキー

母が生きていた時よりも、今のほうが、毎日、会話をしている気がします。
朝、出掛ける前の仏壇に。街を歩いている何かの瞬間に。目の前にいた時よりも多く、話しかけていると思います。この映画に描かれた遊園地のような場所にもし、オカンがいて、元気にやっているのなら、安心した気持ちになれました。
そして、この映画の中に登場するマイケルは、ある映画プロデューサーをモデルにし、この作品は彼に対するレクイエムでもあります。
命あるものは、姿かたちが無くなったから死ぬのではなく、その人の事を誰も思い出さなくなった時、はじめて死ぬのだと思います。この『パレード』を観て、誰かが、かつてそこにいた誰かを思い出すきっかけになれば、この映画は完成するのだと思います。

脚本・監督/藤井道人

「映画こそ、自由であるべきだ」と彼は言った。無責任な言葉だなと思いながら、そんな彼の言葉を胸に、久しぶりに自分の個人的な感情を信じて『パレード』を作りました。本作は、10 年間自分が描きたくても描けなかったテーマと、私に突如訪れた「別れ」が偶発的に合わさって生まれた作品です。長澤まさみさんをはじめとする素晴らしいキャストとスタッフと作り上げたこの映画が、「喪失」を経験したすべての人たちの心に寄り添う作品になっていると信じています。そして、制作のハードルが極めて高い本作を、初稿を読んで GO を出してくれた Netflix に改めて感謝したいと思います。配信まで、楽しみにお待ちください。

この度の震災に際し、心よりお見舞い申し上げます。1 日も早い復旧をお祈りしております。


【ストーリー】
瓦礫が打ち上げられた海辺で目を覚ました美奈子(長澤まさみ)。離ればなれになった息子・良を捜す彼女は、道中で青年・アキラ(坂口健太郎)や、元ヤクザの勝利(横浜流星)、元映画プロデューサーのマイケル(リリー・フランキー)とその仲間たちと出会う。ここは“想いを残した者たちがとどまる世界”だった。現実を受け止めきれない美奈子だったが、月に一度死者たちが集い、それぞれの会いたかった人を探す“パレード”に参加したことを機に、各々の心に触れていく。それぞれの秘密と哀しみが癒されたとき、一筋の希望が生まれるーー。



出演:長澤まさみ
坂口健太郎 横浜流星 森七菜
黒島結菜 中島歩 若林拓也 / 深川麻衣 でんでん
舘ひろし(特別出演)/ 北村有起哉 木野花 奥平大兼
田中哲司 寺島しのぶ
リリー・フランキー
脚本・監督 :藤井道人
撮影 :今村圭佑
エグゼクティブプロデューサー :坂本和隆
企画:河村光庸
プロデューサー:佐藤菜穂美 道上巧⽮ ⾏実良
制作プロダクション:BABEL LABEL
製作 Netflix
2 月 29 日(木)より Netflix にて世界独占配信
Netflix 作品ページ:https://www.netflix.com/パレード
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ