FC2ブログ

記事一覧

映画『一月の声に歓びを刻め』奥田瑛二 佐藤浩市 田中麗奈 水川あさみ 藤原季節 南沙良から絶賛コメントが到着

【ニュース】
本作は、三島監督自身が 47 年間向き合い続けた「ある事件」をモチーフに自主映画からスタートしたオリジナル企画。八丈島の雄大な海と大地、大阪・堂島のエネルギッシュな街と人々、北海道・洞爺湖の幻想的な雪の世界を背景に、3 つの罪と方舟をテーマに、人間たち の“生”を圧倒的な映像美で描いていく。

船でやってきた者を前田敦子、船を待つ者を哀川翔、そして船で向かう者をカルーセル麻紀が演じ、さらに、坂東龍汰や片岡礼子、宇野祥平、原田龍二、とよた真帆らが脇を固める。

実施したマスコミ試写が全回満席になるなど、映画評論家をはじめ、多方面から絶賛され、大きな話題となっている本作。絶賛の声は止まず、奥田瑛二 佐藤浩市 田中麗奈 水川あさみ 藤原季節 南沙良ら俳優陣からもコメントが到着した。



自身も映画監督である奥田瑛二は、「死んだ娘のことを独白するシーン、これができるのは他に誰もいない」と、幼い次女を亡くした父親を演じたカルーセル麻紀の壮絶な演技に感嘆。佐藤浩市は、「三つの根底に流れるのは、忘れたい記憶や消してしまいたい記録を超える事が出来た自分にいつか出逢えると願う気持ち」と、本作のテーマのひとつである“前向きに乗り越える”ことに言及。奥田瑛二も「元気をくれる映画」とコメントを締め括っており、本作を見終わった後に独特な感動が押し寄せることを窺わせる。




田中麗奈は、「人物それぞれの生きてきた時間は、決して悲しみだけではなく、温かいものも一緒に連れてきてくれた」と感じ、さらに「不思議と温かさと心地よさを感じた」と、一見シンプルに見えるシーンにも三島監督が張り巡らせている仕掛けに共感。水川あさみは、「当人しか理解し得ない、美も、罪も、憎悪も、ぜんぶ魅せられた。そして背中をおしてくれた」と、奥田瑛二や佐藤浩市と同じく、“前向きに乗り越える”テーマに魅了され、「生きている実感」まで伝えてくれた。



藤原季節は、本作を「奇跡の映画」と称し、「涙が止まらない。負けずに、生きていかなきゃ。この映画から受け取ったメッセージを、僕は忘れない」と熱いコメント。
南沙良は、「自分のままで生きることがどれだけ難しいか。誰かに明かさなくても、たとえ理解されなくても、それを抱える も抱えないも、他人に強いられるものではない」と、多様な生き方を応援するメッセージに昇華。


まだまだ各界の著名人から賞賛の声が止まない。現在到着しているすべてのコメントはここで読むことができる。

映画『一月の声に歓びを刻め』は、2月9日(金)テアトル新宿ほか全国公開
配給:東京テアトル 
© bouquet garni films


関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ