FC2ブログ

記事一覧

『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』写真家・増田彩来がフィルムで撮影したメイキング写真解禁

【ニュース】
写真家・増田彩来がフィルムで撮影した “エモすぎる”メイキング写真が一挙解禁。最終回の配信を迎え、ナギやタイム、そしてアクタやスペースといったそれぞれのキャラクターたちの最後の決断に心揺さぶれられる視聴者が多くいる中解禁されたメイキング写真はどれもどこか懐かしさすら感じられる淡い光に包まれた印象的な写真ばかり(2023年12月に開催された「東京コミコン2023」の『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』展示ブースなど、一部展示も行われていたものも含む)。撮影したのは、18歳で既に写真家として活動し、映像作家としての活動も始め、アーティストのミュージックビデオの監督・撮影を務めるなど、活動の幅を広げている新進気鋭の写真家・増田彩来。Instagram のフォロワー数も15 万人を超えるほどの人気写真家の彼女が切り取った風景には、屈託のない笑顔を見せるキャスト陣の姿など、その表情を押さえたまさにエモさを極めたカットが満載。




W主演を務めた中島セナと奥平大兼らが撮影の合間に楽しく談笑している、まるで”青春映画の1シーン“を切り取ったような爽やかな写真もあり、「3人で一緒にいる時間が長かったので、3人で話すことが多くて、和気あいあいと現場でたわいもない話を毎日していた」(中島)、「3人とも年齢が一緒ではないですけど、自然に話せるようになっていきました。僕の冒険でもあり、みんなの冒険でもあって、みんなそのワクワク感っていうのを持っていたので、一緒にお芝居をしていてすごい楽しかったです。」(奥平)とそれぞれが振り返る撮影現場の雰囲気が、笑い声が聞こえそうなほどに伝わってくる。




その他にも森田剛が渋い表情を見せたかと思えば、共に世界を“崩壊”から救おうと組んだスペース軍団とともに屈託のない笑顔を見せる、なんともほほえましいカットも。また、まだナギが幼いころのハナとタイチとの親子3人のカットなど、その1枚だけで物語を語りたくなるような写真ばかりで、長きに及ぶ撮影のなかで培われたキャスト同士の絆やチームワークの良さを垣間見ることができる。


最終回同様、どこか切なさとはかなさを感じさせ、本作のエモさをより引き立ててくれるメイキング写真を見て、未見の人はイッキ見を、視聴済みの人は二度目三度目と見たくなる、心打たれるファンタジー・アドベンチャー作品『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』の世界を堪能してほしい。


脚本:藤本匡太、大江崇允、川原杏奈
原案: solo、日月舎
キャラクター原案・コンセプトアート:出水ぽすか
プロデューサー:山本晃久、伊藤整、涌田秀幸
制作プロダクション:C&I エンタテインメント 
アニメーション制作:Production I.G
キャスト:中島セナ、奥平大兼、エマニエル由人、SUMIRE
津田健次郎、武内駿輔、嶋村侑、三宅健太、福山潤、土屋神葉、潘めぐみ、宮寺智子、大塚芳忠
田中麗奈、三浦誠己、成海璃子/新田真剣佑(友情出演)、森田剛
© 2024 Disney
配信中

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ