FC2ブログ

記事一覧

『ジャン=リュック・ゴダール/遺言 奇妙な戦争』サンローランプロダクションのクリエイティブディレクター アンソニー・ヴァカレロが語る

【ニュース】
2022年9月に亡くなったジャン=リュック・ゴダールが最後に手掛けた映画作品『ジャン=リュック・ゴダール/遺言 奇妙な戦争』。2023年カンヌ国際映画祭クラシック部門でワールドプレミアを迎え、世界の国際映画祭を席巻。映画界から永遠に去る直前まで手を加え続けた、ゴダール自身をして「最高傑作だ」と言わしめた必見の注目作だ。フランスのメゾン、サンローランが立ち上げた映画会社、サンローランプロダクションが、ペドロ・アルモドバル監督『ストレンジ・ウェイ・オブ・ライフ』に続いて製作した短編映画である。


「私は、長い間影響を受けてきた偉大な映画の才人たちと仕事をしたいし、彼らに場を提供したいと思っています」と、サンローランのクリエイティブディレクターであるアンソニー・ヴァカレロは語る。このメゾンによる映画製作会社が、映画にかかわるすべてにおいて活動する意欲を高く掲げてみせた。デヴィッド・クローネンバーグやパオロ・ソレンティーノの名を上げながら「彼らが映画にもたらした他に類のないゆるぎない視点が、今日の私を創ったとも言える」と述べ、映画により精神を目覚めさせられてきたと述懐するヴァカレロは、「映画界において、最も影響力のある先駆者の1人であるジャン=リュック・ゴダールをとても尊敬していました」と語る。

この短編について「彼の類を見ない創作の過程のあらましが明らかになり、同時に決して日の目を見ることのない映画について、芸術家が思い浮かべたアイデアや参照したもの、さらにイメージなどを示す草案でもあります」と明かす。サンローランを擁するケリング社は、映画界の女性たちを支援する「ウーマン・イン・モーション」という今後10年間にわたる活動に着手した。日本でも2023年東京国際映画祭にて、俳優のペ・ドゥナ、水川あさみ、プロデューサーの鷲尾賀代を迎えたトークイベントが行われ、好評を博した。


監督・脚本・出演:ジャン=リュック・ゴダール 
2023/フランス・スイス/フランス語/カラー/20分 
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
原題:FILM ANNONCE DU FILM QUI N'EXISTERA JAMAIS : "DRÔLES DE GUERRES" 
提供:コムストック・グループ/ファインフィルムズ 
配給:ファインフィルムズ/コムストック・グループ
映倫:G     
© SAINT LAURENT - VIXENS - L'ATELIER – 2022
2月23日(金・祝)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

カテゴリ