FC2ブログ

記事一覧

ドキュメンタリー映画『Maelstrom マエルストロム』5月10日東京・アップリンク吉祥寺で凱旋上映が決定

【ニュース】
キネマ旬報 文化映画部門 5 位選出:ドキュメンタリー映画『Maelstrom マエルストロム』東京・アップリンク吉祥寺での凱旋上映が 5 月 10 日に決定し、コメントも到着した。

映画作家/アーティスト山岡瑞子が、自らに向き合い5年半をかけて制作した『Maelstrom マエルストロム』。ピッツバーグ 大学 Japan Documentary Film Award 2022、東京ドキュメンタリー映画祭 2022、ニッポンコネクション 2023 など に選出され、その切実で繊細な表現が、多くの観客の心を揺り動かしてきた。昨年 12 月に横浜での映画上映と、アート作品のエキシビジョンが好評のうちに終了。この度発表された、キネマ旬報ベストテンでは文化映画部門で 5 位に選出され、都内初のロードショー公開も、5 月 10 日よりアップリンク吉祥寺にて決定した。

2002 年 NY の美大を卒業してすぐ交通事故で脊髄損傷により下半身付随となる大怪我を負い、突然それまでの日常を失った山岡監督。事故の当事者になった山岡は、変わってしまった日常の記録を始め、5 年半をかけて本作を完成。大混乱(マエルストロム) の中、自身を見つめ再生していく姿を綴った“魂のセルフ・ポートレート”。昨年の横浜シネ マリンでの上映に続き、本年 5 月よりアップリンク吉祥寺での上映が決定した。


キネマ旬報の選評では、映画評論家の松本侑壬子さんが「留学先の事故で突然身障者になった女性(監督)の生きる闘い20年の体験記録。大混乱(題名)の中で毅 然と生きる姿に圧倒される。」、映画ジャーナリストの谷川建司さんも「次点の 「Maelstrom マエルストロム」も含めて(1位は『ケアを紡いで』)、人生の大きな困難に 直面しながらも前向きに生きる姿に感銘を受け、そういった人たちに目を向け、多くの人たちにその想いを届けたいという作り手の姿勢にも共感。」と本作を絶賛。

また、今回のベストテン第5位選出に際し、エンディングに流れる音楽を担当したオシダアヤと山岡瑞子監督からコメントが到着。オシダは「感銘と共鳴が波のように押し寄せ、気づくと自分も大渦に巻かれているような凄い映画だなと思います!」、山岡は「未 来を探る一人の女性のモノローグが、観る人の何かの気付きに繋がれば、誠に幸いです。」と綴っている。


コメント全文

オシダアヤ(『Maelstrom マエルストロム』音楽)
「さっき歌ってた曲を私の映画に使わせて下さい!」とライブの後で声をかけていただいたのが山岡さんとの出会いでした。当時私は出産を機にバンド活動を休止し育児に専念するも、やっぱり音楽がやりたくて一人でライブを始めた頃で、びっくりしたけど嬉しかったのを覚えてます。如何なる状況下でも表現し続けようとする彼女の意志に胸が熱くなりました。「軸を自分自身と表現することに戻していかないと、ゆっくりと私が死んでゆくだろう。」と山岡さんが語るところで、毎回私は大きく頷きながら涙ぐみます。感銘と共鳴が 波のように押し寄せ、気づくと自分も大渦に巻かれているような凄い映画だなと思います!

山岡瑞子(映画作家・アーティスト)
答えのない試行錯誤と葛藤の渦に脚を取られ、溺れていた­­見失った自分と繋がり直し、どこかにあるはずの陸に這い上がることを祈りながら、執筆・編集を続けた 5 年半でした。この個人的で小さな自主映画が、国内外の映画祭での上映/受賞、劇場公開、2023 年キネマ旬報ベスト・テン文化映画部門 5 位と進めたことに、深く感謝しています。未来を探る一人の女性のモノローグ が、観る人の何かの気付きに繋がれば、誠に幸いです。


監督・撮影・編集・ナレーション:山岡 瑞子
撮影:本田 広大 平野 浩一 高橋 朋子
音楽:オシダアヤ
配給・宣伝協力:ムービー・アクト・プロジェクト
2022 年/カラー/HD/日本/79 分
公式Twitter @MizzyFilms
5 月 10 日公開 アップリンク吉祥寺(東京都武蔵野市吉祥寺本町 1 丁目 5­1 パルコ地下 2 階) Tel. 0422-66-5042 https://joji.uplink.co.jp/movie
映画公式 HP maelstromfilm.com
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ