FC2ブログ

記事一覧

『カラーパープル』井上芳雄「心躍り、心痛み、心震える体験」特別メッセージ映像到着 各界著名人から感動の声が続々

【ニュース】
映画『カラーパープル』日本公開に向けて、TV スポットのナレーションを担当したミュージカル俳優、井上芳雄からのスペシャルメッセージ入り特別動画が解禁となった。
映像【https://youtu.be/rKf9kQWrmiQ】には、「心踊り、心痛み、心震える体験です。」と本作にコメントを寄せている井上芳雄が登場。「映画『カラーパープル』物凄いミュージカル映画でした!心から感動しました」と熱い感想から、「僕はブロードウェイのミュージカルの舞台も観ているんですけれども、バージョンアップした素晴らしいミュージカルでした。胸の痛くなるシーンもありますけれども、知らないといけない物語だと思います。そして、何よりも登場人物たちの歌と踊り。ただ素晴らしいドラマというだけではなく、踊りと歌で素晴らしいミュージカル映画になっているところに一番心を惹かれました」と、約 30 年に及ぶ物語と、各シーンを華やかに、力強く表現したミュージカルシーンのクオリティ、圧巻の歌唱に魅了されたと高く評価している。



主人公のセリー、自立した強い女性ソフィア、歌手としての実力で人生を切り拓くシュグなど、登場人物たちの姿と彼女たちの歌にも心を奪われた様子。「自分の境遇を受け入れ、周りの人を許して先に進んでいくのはとても難しいことだと思うんですけど、それが描かれているこの物語は、本当に今見るべきミュージカル映画だと思います。踊りも素晴らしかったですし、「I’m Here」やタイトル曲の「The Color Purple」の楽曲のアレンジもまた素晴らしい。今、胸に響くものになっていて、とにかく見どころたくさんです。ぜひ劇場でご覧ください。『カラーパープル』最高でした!」
と、原作発表から約 40 年、スピルバーク監督の映画からブロードウェイでの舞台化を経て誕生したミュー
ジカル映画の新たな傑作に熱いコメントを寄せている。


さらに、ミュージカル、音楽界を筆頭に、一足早く鑑賞した各界著名人からのコメントも到着!「人生は、赦し、愛し合うためにあるんだと、魂の歌声が教えてくれる。」(新妻聖子/ミュージカル女優・歌手)、「「命あるうちに抗おう」という言葉にグッときた!ミュージカルだからこそ、多くの人に、そして今の人の心に響くだろう。」(関口メンディー)、「冒頭から終末まで完璧!もちろん、人間の絆に泣くの...」(夏木マリ)、「本当に救われた。ただただ心震わされた 2 時間半。」(城田優/エンターティナー)など、主人公セリーと、彼女の運命を変える女性たちとの出会いや絆、逆境に立ち向かい未来を切り開いていく力強い姿に感動の声が続々とあがっている。今の時代にこそ響くシスターフッドの物語と、心を震わす圧巻の歌声を、ぜひスクリーンで体感していただきたい。


著名人コメント※敬称略・順不同

すごいミュージカル映画です。
そこには生活を営む踊りがあり、人生を切り拓く歌があり、私たちが知るべき「赦し」の物語がありました。
そして、数多の困難の末「私は美しい」と歌い上げる彼女の姿に、この映画がミュージカルになった意味を知りました。
心踊り、心痛み、心震える体験です。
井上芳雄(ミュージカル俳優)

ミュージカル映画は
圧倒的な歌、
チャーミングなダンス、
新しい解釈が必要ね。
カラーパープルは
冒頭から終末まで完璧!
もちろん、
人間の絆に泣くの...
夏木マリ

「命あるうちに抗おう」という言葉にグッときた!
この映画は外の世界を見ること、抵抗することの大切さに気づかせてくれる。
ミュージカルだからこそ、多くの人に、そして今の人の心に響くだろう。
歌と踊りは圧巻! それだけでも、もう一度観たい!
関口メンディー(EXILE/GENERATIONS)

人は時に、闘う強さを呼び起こすために歌う。
耳を傾けるべきその叫び声。
目撃すべき哀しみと喜び。
全てが必然的にミュージカルへと昇華されていた。
人生は、赦し、愛し合うためにあるんだと、魂の歌声が教えてくれる。
新妻聖子(ミュージカル女優・歌手)

冒頭から歌とダンスで心を鷲掴みにされちゃって大変!神曲ばかりでたまらん!
ギャンギャンに喜怒哀楽の感情が爆発して 3 度泣きました!
主人公がとてつもない暗闇の中で希望を捨てずに生きる姿、個性豊かで素敵な女性たちと出会い、自分の価値に目覚めたときは震えます!
最高のラストまでお見逃しなく!
3 時のヒロイン ゆめっち(お笑い芸人)

どんなに辛くても、どんなに悲しくても、それを乗り越えようとする彼女達の強さと大きな愛に心が揺さぶられました。
素晴らしい歌とパフォーマンス、思わず拍手してしまいそうでした。
ラストは涙が止まらなかったです。
3 時のヒロイン かなで(お笑い芸人)

本当に救われた。
ただただ心震わされた 2 時間半。
ラストシーンの曲「The Color Purple」と共に、重たかった心の痞えが、涙と共に浄化された。
この映画に出会えて良かった。
城田優(エンターティナー)

たくさんの困難を乗り越えるからこそ
その先にある幸せが自分のものになる。
これは遠い国の昔の話ではなくて
いまも日本で通じるものです。
音楽と何歩も踏み出す彼女たちから
生きる力をもらい、満たされる。
さぁ、今度はあなたの番です。
LiLiCo(映画コメンテーター)

悲しみも、怒りも、喜びも、すべての思いを伝える力強い歌声は圧巻!
ブロードウェイミュージカル版のキャストを含む実力派俳優たちが、ダイレクトに心に訴えかけてくるポジティブで力強いメッセージが無類
の輝きを放つ。
今 祥枝(ライター)

白人社会との対立でなく、黒人社会における女性への差別、抑圧、虐待を白日の元に晒したアリス・ウォーカーの原作は衝撃的で胸が痛んだ。それから 40 年、周囲の女たちの支えを得て、自らの人生を勝ち取った主人公セリーの物語は、力強く、全女性への讃歌としてスクリーンに蘇った。高らかに「声を上げる」珠玉のミュージカルは、過去の物語ではなく、今を生きる私たちのストーリーでもある。
立田敦子(映画ジャーナリスト)

降り注ぐような声に圧倒される。
気鋭の R&B シンガーを含む豪華キャストたちのパワフルな歌と演技がアリス・ウォーカーの尊厳に満ちた原作を立体的に再現し、新たな命を
吹き込む。
オリジナルの映画版とブロードウェイ舞台版の美点を損なうことなく、より現代的な感覚で見せる快作。
林 剛(音楽ジャーナリスト)

ファンテイジアとタラジとダニエルと H.E.R.とハリーとシアラと仲間たちの素晴らしい歌に彩られた力強いシスターフッドの数十年史!
日本でも我が身に置き換えて鑑賞する人が続出しますように。ここは無邪気にも夫を「主人」「ダンナ」と呼ぶ国であり、今も「ミスターとはマスター」だから。
丸屋九兵衛(万物評論家)

あのマスターピースがまさかこんなに大胆に蘇るとは。
小説で描かれたセリーのタフネスと成長が鮮やかにスクリーンへと映し出される。
ネティにソフィア、シュグ、メリー・アグネス…登場するすべての女性が愛しい。
ミュージカル版でも愛されてきたリズムとリリックとともに、触れたことのない感動の波が押し寄せる。
渡辺志保(音楽ライター)

1982 年ピュリッツァー賞受賞小説『カラー・パープル』のスピルバーグ製作による 2 度目の映画化!
主人公セリーが歌う♪I'm Here に観客は、アメリカ黒人女性の「強さ」を実感するだろう。
原作者アリス・ウォーカーの想いが世界中の人たちに届きますように!
岩本裕子(浦和大学教授)



『カラーパープル』は 2月9日(金)より全国公開
配給:ワーナー・ブラザース映画 
© 2023 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ