FC2ブログ

記事一覧

『リトル・リチャード:アイ・アム・エヴリシング』元マーキュリー・レコードのスタッフだったリサ・コルテス監督オフィシャルインタビュー解禁

【ニュース】
1997 年1月 27 日、米ロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムで開かれた第 24 回アメリカン・ミュージック・アウォードにて、ひとりのレジェンド・ミュージシャンに功労賞が贈られた。音楽業界の仲間たちからの万雷の拍手に迎えられ、ステージに上がり涙ぐむ当時 64 歳の彼にとって、まさにそれは長年の努力と苦労が報われた瞬間なのであった!その名はリトル・リチャード。本名リチャード・ウェイン・ペニマン。1950 年代半ばに彗星のように音楽シーンに現れ、後進のロック・ミュージシャンに多大な影響を与えたこの革新的な黒人ミュージシャンは、いったいどのような生い立ちを経て、その名を世界に刻んでいったのか。ビートルズもストーンズも。ボウイもフレディもプリンスも。JB もジミヘンも、そしてプレスリーまでもが彼に憧れ、敬愛し、真似た!
現代ロックの誕生を導き、あらゆる困難と闘った偉人、その知られざる史実と素顔とは?
1955 年、デビュー・シングル「トゥッティ・フルッティ」の大ヒットで世に出ると、リトル・リチャードはヒット曲を連発して反権力志向の若者の心をつかみ、まさにイナズマのような活躍をみせるも突如引退を宣言。そこから5年の「教会への回帰」を経て、復帰後はイギリス・ツアーを通じて無名時代のビートルズやローリング・ストーンズに決定的な刺激と影響を与えていく。立ったままでピアノを弾き、左手でブギウギを、右手では打楽器的打鍵を披露。激しいリズムを背景に、叫ぶように歌ったかと思えば、ピアノの上に立ち、衣服を脱ぎ捨ててステージを縦横無尽に駆けめぐる。今ではすっかり当たり前になっているパフォーマンスの数々が約 70 年前にひとりの黒人シンガー・ソングライターによって創造されたのだ。さらに近年では LGBTQ+(クイア)の先駆者としても再評価されている。

本作の監督を務めたのは、イェール大学卒業後に音楽業界に進み、デフ・ジャムの創設者であるラッセル・シモンズやリック・ルービンと一緒に働き、その後、マーキュリー・レコードのスタッフとなり、ヴァネッサ・ウィリアムズやブライアン・マックナイトなどのスターと仕事をしたリサ・コルテス。音楽業界を去ってから映画に興味を持ち、ニューヨーク映画アカデミーに入学。プロデューサーで親友のリー・ダニエルズと『ウッズマン』(04)『シャドウボクサー』(05)『テネシー』(08)『プレシャス』(09)などの映画を共同製作し、中でも『プレシャス』はアカデミー賞®6 部門にノミネートされ、助演女優賞と脚色賞の 2 部門を受賞し、全世界で 80 もの国際的な賞とノミネートを獲得するなど、大きな成功と栄誉を彼女にもたらした。


この度、リサ・コルテス監督のオフィシャルインタビューが到着した。



「彼そのものを現代に再構築すること」

音楽業界をよく知る監督はまず「リトル・リチャードがいなかったら、エルヴィスは存在していたでしょうか? ビートルズは?ローリング・ストーンズはどうでしょうか?ロックンロールはアメリカの代名詞であり、私たちの最も永続的な輸出品であり、音楽の生命線ですが、一方で、私たちにとっての文化的激戦区でもあります。」とロックンロールの歴史においてリトル・リチャードがもたらした計り知れない影響に言及。そしてひとりの黒人アーティストが歩んだ決して平坦じゃない道のりが「現在、リトル・リチャードの闘いの物語はこれまで以上に重要性を増してきています。」と熱く語り、その理由として「人種やLGBTQ+に基づいた本が続々と出版され、政治家が同性婚などの問題に対し公然と疑問を呈すこの時代に、1930年代のジョージア州メイコンに遡り、リチャード・ウェイン・ペニマンの人生の軌跡をたどることには大きな意義があります。黒人アーティストとして成功し、国際的な名声を得た後も、リチャードは革命家として人種や音楽、そしてジェンダーの壁を声高らかに壊し続けました。現代のアーティストたちは彼のおかげで今日、人種やセクシュアリティの問題を乗り越えることができています。」と、今なお現代社会が抱える大きな問題に、今よりも人種差別が激しかった時代に戦い続け変革をもたらしたリトル・リチャードの功績を手放しで称賛する。
「ミック・ジャガーが映画の中で述べているように、最初にそれをやったのはリトル・リチャードでした。 まずマスカラを塗り、次にシャツを脱いで、エネルギッシュに駆け回ること。 ジェンダーの規範を打ち破ること。」と続け、そんな革新的アーティストの知られざる史実と素顔を詰め込んだ本作について「まさにリトル・リチャード自身のように刺激的で、示唆に富んだ作品です。それは彼そのものを現代に再構築することなのです。」と胸を張った。



製作・監督:リサ・コルテス(『プレシャス』製作総指揮)
出演:リトル・リチャード、ミック・ジャガー、トム・ジョーンズ、ナイル・ロジャーズ、ノーナ・ヘンドリックス、ビリー・ポーター、ジョン・ウォーターズ
2023 年/アメリカ/101 分/カラー/ビスタ/5.1ch/DCP/原題:LITTLE RICHARD:I AM EVERYTHING
字幕:堀上香/字幕監修:ピーター・バラカン オリジナル・サウントトラック CD:ユニバーサル クラシックス&ジャズ
提供・配給:キングレコード 
宣伝:ポイント・セット 
©2023 Cable News Network, Inc. A Warner Bros. Discovery Company All Rights Reserved
3 月 1 日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ