FC2ブログ

記事一覧

映画『ジェントルマン』ジェンティル過ぎる主人公を演じたチュ・ジフンが犬にペロペロされながらも、女性を口説く本編映像が到着

【ニュース】
チュ・ジフン、ワンちゃんに顔をペロペロされながらも、セクシー&キュートで、女性を口説き落とした本編映像が到着! 好きな日本の映画は『メゾン・ド・ヒミコ』、『そして父になる』、俳優は蒼井優

主人公であるチ・ヒョンス(チュ・ジフン)は、依頼主のワンちゃんを探すというミッション遂行して、難なく見つけ出すことが出来た。しかし今度は、依頼人の女性が誘拐によって行方不明にあってしまい、ワンちゃんと共に飼い主を探す事となった。調査を進めると、行方知らずの依頼人が、危険な事件に巻き込まれている事を突き止めたヒョンスは、事件の手がかりとなる人物を調査するために奮闘する。

今回到着した本編映像では、その一部始終を映していく。


舞台はペットショップ。ワンちゃんに顔をペロペロ舐められているヒョンスが現れて、一人の女性に声をかけた。「うちの子は、前の飼い主に虐待されて...。保護犬のボランティア活動にご興味は?」と、泣きの演技を見せながら連絡先を女 性に渡す。かなり怪しいナンパにも関わらず、精悍な顔立ち、動物好きに悪い人はいないという“ジェントルマン”な要素で、上手く女性に気を引かせたヒョンスは、女性が働く職場・ソウル中央地方検察庁へと足を運ぶ。誘拐事件に関わっているとされる悪徳検事の秘書だった女性は、ヒョンスを見て運命を感じている様だが、ヒョンスは敵の情報を聞き出して、華麗に調査を進めていった。

“依頼された事件は 100%解決する”という売り文句の通り、依頼人のワンちゃんを駆使して、女性の耳元で甘い吐息を吹きかけるなど、必要なためならあらゆる武器を駆使するヒョンスの人物像を示すシーンともなっている。




ここで主演を務めたチュ・ジフンに、好きな日本の映画、俳優の存在を伺ってみた。「好きな日本映画は、『メゾン・ド・ヒミコ』、『そして父になる』で、俳優は蒼井優さんの演技が好きです。一生懸命撮影した『ジェントルマン』を、ぜひ楽しんで観ていただけると嬉しいです。そして 2024 年は皆様の元にたくさんの幸せが訪れますように。ありがとうございます」とコメント。韓国でも人気の高い作品と俳優名を明かしながら、出演作のアピールを果たし、日本のファン に向けてメッセージも寄せてくれた。



監督:キム・ギョンウォン 
出演:チュ・ジフン(『暗数殺人』/『神と共に』シリーズ/『キングダム』)、パク・ソンウン(『新しき世界』)、 チェ・ソンウン(『スタートアップ!』)、カン・ホンソク、イ・ダル、パク・ヘウン
(c) 2022 CONTENTS WIVIE & TROOXSTER ALL RIGHTS RESERVED./2022 年/韓国/123 分/シネマスコープ/DCP5.1ch 原題:젠틀맨/英題:GENTLEMAN/字幕翻訳:朴澤蓉子/配給:クロックワークス/レイティング:G 
2月9日(金)公開
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ