FC2ブログ

記事一覧

映画『ザ・エクスチェンジ』人質に取られた息子と、息子を助けるため奮闘する父親の家族愛を描く3月公開

【ニュース】
この度、2014年に起こったロシアのウクライナ侵攻を舞台に作られた戦争アクション『ザ・エクスチェンジ』(原題:Obmin)を 3月29日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次公開が決定。併せて日本版ビジュアル、主演・脚本家兼プロダクションデザイナーのコメント動画、予告編を解禁された。



2014 年のウクライナを舞台に、2014 年 11 月 8 日、2017 年 12 月 27 日、2019 年 9 月 7 日、2019 年 12 月 29 日に行われてきたロシア・ウクライナ間の捕虜交換など、様々な実話から着想を得て製作されました。 映画の撮影は 2021 年末のキエフで行われており、2022 年にはロシア軍によって多くの撮影場所が破壊された。


捕虜交換とは、双方で捕虜となっていた兵士らを互いに解放し母国へ帰還させることで、今もなおロシア・ ウクライナ間で繰り返し行われている。捕虜は、赤十字国際委員会によると「その運命が敵側に委ねられていること、また、戦時に抱いた敵意や憎しみが向けられる対象であることから、常に虐待のリスクが伴う」とされており、 それだけに、 捕虜をどのように守っていくかどうかは長年の問題となっているのです。捕虜の保護を定めているジュネーヴ第三条約では、「捕虜は常に人道的に待遇しなければならない」とされ、 世界中で共有されたルールとなっていますが、それでもなお、捕虜虐待の問題は後を絶たないのが現状だ。本作は、 そのような状況で苦悩を経験しながらも、 捕虜交換にて帰国し家族と再会を果たした人々など、その他様々な実話を織り交ぜ、人質に取られた息子と、息子を助けるべく奮闘する父親の家族愛を描いた作品となっている。



右:ヴィチェスラフ・ドヴジェンコ
左:エゴール・コズロフ

主演:ヴィチェスラフ・ドヴジェンコ コメント全文




こんにちは!私は舞台俳優及び映画俳優のヴィチェスラフ・ドヴジェンコです。
私はごく普通のウクライナ男性です。私はごく普通のウクライナ人です。
朝起きてコーヒーを飲み、子供と話し、仕事に行き、祝日を祝い、新鮮で自由な空気を吸いたいと思う、普通のウクライナ人なのです。
しかし残念なことに、私たちは今日、空襲警報の音で目を覚ましました。
私たちはロケット攻撃の脅威の下で休日を祝っていて、 戦争とは何か、戦争がいかに恐ろしいものであるかについて、今や多くのウクライナ人は幻想など抱いていません。
私のように、非常に多くのウクライナ人が、今、銃を手にして我が国の国土を守っています。
もしそのような名誉が私に与えられるのであれば、私は喜んで国土を守るため戦います。
2022 年の 2 月 24 日まで、一定数のウクライナ人は幻想を抱いていました。
しかし、戦争は私たちに等しく影響を及ぼしました。そして私たちはその事実に気づきたくありませんでした。
私はそれに気づかずに平和な生活を送りたかった。
『ザ・エクスチェンジ』は、愛について、父と息子の関係について描いた作品です。
そして戦場に身を置いた人間による再解釈、捉え直しについての映画です。それがどれほど恐ろしく危険なことか。
私は文明世界が、私たちが戦っている、この恐ろしい敵に打ち勝つと信じています。
太陽が昇り、平和な日が訪れ、子供たちと未来に平和が訪れると信じています。
ありがとう!ウクライナに栄光あれ!そして文明世界に栄光あれ!

脚本家兼プロダクションデザイナー:ヴラド・ドゥドコ コメント全文




こんにちは、ヴラド・ドゥドコです。
私は映画『ザ・エクスチェンジ』のプロダクション・デザイナー兼脚本家です。
残念ながら、私たちの映画を直接ご紹介しに行くことはできません。
なぜなら、他のウクライナの映画製作者と同様、私は今、武器を手に国を守っているからです。
この映画について言いたいことは、登場人物のほとんどは、実在の人物、実在の物語をもとに書かれています。
ですから、この映画があなたを惹きつけるものになっていると確信しています。そしてあなたの心に響くでしょう。
是非観に来てください!ありがとう!


【STORY】
2014 年、ウクライナ。真夜中、キエフの外科医であるオレクサンドルに、息子コスチャの携帯電話から着信が。電話の発信者によると、コスチャは志願兵として軍隊に入隊し、「ゴースト」と名乗る元警官に捕らえられたという。息子を解放するためには、3日後に戦いの最前線に行き、身代金を支払わなければならない。 息子を助けたい一心で、オレ
クサンドルは、精鋭部隊とともに戦場へ向かうことを決意。しかし、そんな彼の前に冷酷なロシアの大佐が立ちはだかり、何もかも予定通りにいかない。
一本の電話によってオレクサンドルたちの人生は一変し、それぞれが生死を賭けた選択を迫られることになる―。


監督:ボロディミル・ハルチェンコ・クリコフスキー
脚本:コスチャンティン・リナルトビッチ ヴラド・ドゥドコ
出演:ヴィチェスラフ・ドヴジェンコ エゴール・コズロフ ドミトロ・リナルトビッチヴラディスラフ・マムチュー
2022 年/ウクライナ/カラー/シネスコ/5.1ch/90 分/原題:Obmin/日本語字幕:若杉晶子/字幕監修:カラプタ・アナスタシア/配給:ライツキューブ
© LLC “COMPANY “2016”, 2022
3月29日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ