FC2ブログ

記事一覧

主演・ピエール瀧×監督・小林且弥 映画『水平線』本予告解禁 白石和彌監督からコメントも到着


【ニュース】
ピエール瀧 主演映画『水平線』の本予告が完成。公開は、3 月 1 日(金)よりテアトル新宿、UPLINK 吉祥寺、関西では、3 月 8 日(金)よりシネ・リーブル梅田、UPLINK 京都、3 月 9 日(土)より元町映画館、名古屋は 3 月 23 日(土)シネマスコーレにて決定。ほか全国順次公開する。



解禁された本予告は、震災で妻を失い個人で散骨業を営む井口真吾の元に持ち込まれた、通り魔殺人事件の犯人の遺骨をめぐり、真吾に執拗に迫るジャーナリスト、一緒に暮らす一人娘、奈生との心の亀裂、と波紋が広がっていく様を映し出す。「死んだら終わり、ただの骨だ」、と他者の骨を弔いながら自己と向き合う父親。「ほんのひとかけらだけでも母の骨が欲しい」、と願う娘。大切な人の突然の不在にとまどい、埋めようのない寂寥感を抱える親子の複雑な心境が静かに胸に迫る予告編となっている。


映画『水平線』誕生のきっかけを作った白石和彌監督からコメントが到着
小林且弥監督の主演映画『ロストパラダイス・イン・トーキョー』やピエール瀧と親交を深めるきっかけとなった共演作『凶悪』ほか、『孤狼の血』、『死刑にいたる病』で知られる白石和彌監督のコメントが到着した。

白石和彌監督 コメント
十数年前に出会った小林且弥の目を思い出す。意思が強く、それでいてどこか憂いのある目をしていた。
人を見つめる優しい眼差しは、今も何一つ変わっていない。
失敗を許さない世の中で、再生の物語に魂を揺さぶられる。
この物語は小林且弥の物語であり、ピエール瀧の物語であり、見る人の物語だ。
小林監督、大きな瀧さんの背中を撮ってくれてありがとう。



映画『水平線』完成披露上映会 実施

東京のメイン公開劇場のテアトル新宿にて、3 月 1 日の公開に先立ち、主演のピエール瀧、監督の小林且弥ほか
主要キャストによる完成披露上映会を実施
日時:2 月 19 日(月) 18:00 の回 (上映後、舞台挨拶)
【登壇者(予定)】
ピエール瀧、栗林藍希、足立智充、内田慈、小林且弥監督
※敬称略 ※登壇者は予告なく変更・追加となる場合がございます。
会場:テアトル新宿
2月14日(水)19:00~オンライン販売開始 残席がある場合、翌日劇場オープン時より窓口販売開始




監督:小林且弥
出演:ピエール瀧/栗林藍希 足立智充 内田慈 押田岳 円井わん 高橋良輔 清水優 遊屋慎太郎
大方斐紗子 大堀こういち/渡辺哲
脚本:齋藤孝|音楽:海田庄吾|エグゼクティブプロデューサー:坂岡功士 |プロデューサー:太田あや 齋藤寛朗(KAZUMO) |撮影:渡邉寿岳 |録音:加唐学 小山海太|整音:反町憲人|音響効果:松浦大樹 │ 美術:ホ・ジニ|ヘアメイク:森川丈二|衣装:藤原わこ|助監督:伊藤良一|キャスティング:大川憧子|制作担当:小玉直人|企画・製作:STUDIO NAYURA|制作協力:G-STAR.PRO SHAIKER |撮影協力:福島テレビ 観音丸(草野直雅) 共栄丸(高橋正広) サンエイ海苔
磐梯マリーン 相双緑化土木 槇野産業|音楽制作協力:東映音楽出版|ポスプロ:日活スタジオセンター|配給・宣伝:マジックアワー
2023 年/119min/カラー/シネマスコープ/5,1ch 
©2023 STUDIO NAYURA
3 月 1 日㊎よりテアトル新宿、UPLINK 吉祥寺ほか全国順次公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ